自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 6 月 24 日

PS2 ボクと魔王

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 20:23:41

「ストーリーが進むほど暗く陰鬱な展開になる」という評判に惹かれ購入しました。
 珍妙な世界観とキャラクターが印象的なRPGです。

 結論から言うと、多少暗い展開になるものの陰鬱というほどでもなく、少々がっかりしました。
 他のRPGに出てくる暗い展開よりもずっとソフトなのではあるまいか。
 絵的なものから受ける印象が楽しげなため、少しでも暗い展開になるとそれが目立つのかもしれない。

 あとゲーム的な部分もすごくいまいちというか、戦闘や成長システムがまったくおもしろくないのにエンカウント率がとてつもなく高いため、プレイしていて苦痛でした。
 話自体はおもしろいのでがんばってクリアしたけど、正直言うとRPGとしてはひどい出来だと思います……。



●システム

 シンボルエンカウントですが、ものすごい勢いで敵が沸くのであまり意味がありません……。

 戦闘はファイナルファンタジーで言うところのATBに近いです。戦闘中にゲージが増えていき満タンになるとコマンド入力待ちになります。このときは時間が止まります。
 急いでコマンドを選ばなくていいものの、戦闘の最中にいきなり止まるのはちょっと違和感がありました。
 他のキャラの攻撃の結果が出る直前にコマンド待ちでストップしたりするのが困る。

 コマンド選択権を一時キャンセルし、他の仲間の攻撃時に同時攻撃することもできます。


●グラフィック

 なかなかいい感じです。
 キャラクターデザインも個性的です。
 このゲームならではの世界観がしっかりと作られています。


●ストーリー

 愉快な雰囲気の中にさまざまな謎が散りばめられていていい感じです。
 仲間との掛け合いもおもしろい。
 才色兼備だけど現在は落ちぶれてしまっている女勇者「ロザリー」がかなりいいです。世話焼きお姉さんキャラですよ。たまらん。

「陰鬱な展開」に期待しすぎなければ、満足できるストーリーだと思います。

 かなり謎めいた世界なんですが、クリアしても世界の秘密とかはほとんど明かされません。
 大筋部分はちゃんと解決するものの、「そもそもなんでこうなってるの?」とか、「あれは重大な伏線じゃなかったの?」というものがみんな宙ぶらりんです。
 町の人との会話である程度想像できる部分もありますが、とにかくエンカウント率が高くて別の町に移動するのも嫌になってしまいます。


●感想

 キャラの成長の自由度が皆無で、装備品も各キャラ専用のものがいくつかあるだけです。そのため戦闘の戦略性もいまいちで、RPG的な部分が全然おもしろくありません。
 その上異常なほどのエンカウントでうんざりすることこの上ない。
 いきなり目の前にわくとか、ダンジョンで前が見えないのにエンカウントとか(プレイヤーとカメラの間に壁がはまる状況が多い)、ストレスがたまりまくります。
 しかも戦闘の前後にけっこう待ち時間があり、一撃で倒せるザコを片付けるにもそれなりの時間がかかります。ディスク読み込み以外のウェイトが長めというか……。
 ちなみに敵の出現頻度を下げたりザコを出なくする呪文などはありません。

 シナリオ進行の面では、次にすることがわかりにくかったりもします。
 目的はわかっていてもフラグを立てる方法がわからず、結局町の人全員と会話しなければならないということもあります。

 フィールドマップも狭いです。移動範囲がかなり限定されたマップが五つです。敵の量がとてつもないので移動には時間がかかるんですが。


 キャラの掛け合いとか謎めいたストーリーとか一部のBGMとかはかなり出来がいいと思います。
 しかしそれを楽しむためには苦行のようなRPG部分を乗り越えなければならない。
 それなりに楽しめたので「駄作」とか「クソゲー」とか言う気はないけど、他人にはまったくお薦めできない作品でした。

開発元 ツェナワークス
発売日 2001/03/15
 
プレイ記録
プレイ時間 22:18
レベル 全員61

1件のコメント »

  1. 伏線は気づきにくいですがほとんど回収されてますよ。
    回収されていない伏線を探す方が大変なくらいです。
    ゴーマ、ホプキンス、ポラック、ルカの祖母、エプロス、ブロック、トリステの伏線、図書館の知にふれたものの墓が何故ルカの家にあるのか、などなど、色々な所で回収されています。

    コメント by 匿名 — 2016 年 6 月 9 日 @ 00:46:05

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress