自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2020 年 12 月 30 日

PC Dead Effect

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 21:26:29

 聞いたことあるタイトルを組み合わせた感じのSFゾンビFPSです。
 タイトルから漂うC級パチモン臭が尋常ではない。

 ゲームは単調なものの結構面白いです。
 もともとはスマートフォン用らしい。

 日本語化MODがあります。

.
●システム

 普通過ぎるTPSです。
 ゲーム中に集めたポイントで武器を強化できるあたりがこのゲームの個性かもしれない。
 本編とは別にwave型のモードもあり、こっちでポイントを稼いで本編を楽に進めたりできます。

 元がスマートフォン用のアプリのため、UIが変だったりします。
 武器選択が、武器をクリックしたまま横にドラッグ(スワイプ操作)だったりする。

.
●グラフィック

 2013年のインディゲームとしてはなかなかの画面ではないでしょうか。
 元はスマートフォン用だそうですよ。
 しかし序盤ステージで同じような場面が続くので単調に感じる。

.
●感想

 これといった売りはないもののそれなりにおもしろいです。
 まぁ全体的に地味極まりないんだけど。
 序盤で単調な展開が延々と続くため、ここで飽きてしまう人も多いかも……。

 後半になるとずるい敵が出てきたり背景の雰囲気が変わったりしてちょっと楽しくなります。

.
 手榴弾ゾンビの即死攻撃がつらいです。
 他の人の感想を見ても、本作の不満の多くがここにありました。
 ただ、即死攻撃自体は僕はいいと思うんですよ。
 このゲームの場合、手榴弾ゾンビのぱっと見の印象が他の敵と同じなので、敵が集団で襲ってきた見逃してしまいます。
 最優先で倒すべき敵なので、あからさまにわかりやすい容姿にしてほしかった。
 一目でわかる見た目なら不満も減ったと思いますよ。

.
 回復ステーションがあるものの体力自動回復なので意味がありません。
 と思ったんですが、自動回復は割と初期に購入できるアイテムの効果だったようです。
 本来は難度低減用の救済アイテムらしい。
 自動回復なしでプレイするとだいぶ印象が変わりそうです。

.
 おもしろいんですがあまりにも地味かつ普通なので、他の大作を差し置いてこれをプレイする意味があるのか?という感じでした。
 ほかにやるゲームがなければHARDモードとか収集要素コンプリートとか目指したいところでした。
「まぁマイナー作だからこれくらいでいいか」となるのがインディゲームの難しいところなんだろうな……。
 何かもう一つ「もっとプレイしたい!」と思わせる要素を入れる必要がある。
 例えばクリーチャーデザインが突出していれば「オレだけが知ってる隠れた良作」感が出てやりこむ人が若干増えるのではあるまいか。

.
 気軽にプレイできてそこそこおもしろいので、大作をやるには気力が……という人におすすめです。
 セールの時に100円くらいで買えます。
 100円分の価値は十分すぎるほどにある。

.

開発元 inDev Brain
発売日 2013/09/12 (ios)
2014/12/17 (PC)
 
プレイ記録 Normalクリア
プレイ時間 13:30
タブレット 100/122
オーブ 81

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress