自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 7 月 5 日

読書感想文

Filed under: — 坂葉 @ 22:14:30

●SF
おすすめSF長編一挙公開

.
A.E.ヴァン.ヴォクト「宇宙船ビーグル号」
A.E.ヴァン.ヴォクト「スラン」
A.E.ヴァン.ヴォクト「宇宙嵐のかなた」
A.E.ヴァン.ヴォクト「宇宙製造者」

スティーヴン・バクスター「タイムシップ」
スティーヴン・バクスター「時間的無限大」
スティーヴン・バクスター「天の筏」

ジャック.ヴァンス「大いなる惑星」
ジャック.ヴァンス「竜を駆る種族」

グレゴリィ.ベンフォード「時空と大河のほとり」

ピーター・ワッツ「ブラインドサイト」
スティーヴン・バクスター「タイムシップ」
H.G.ウェルズ「タイムマシン」
チャールズ・L・ハーネス「パラドックス・メン」
ロバート・チャールズ・ウィルスン「時間封鎖」「無限記憶」「連環宇宙」
バリントン・J・ベイリー「カエアンの聖衣」
ブライアン・W・オールディス「地球の長い午後」
チャールズ・シェフィールド「マッカンドルー航宙記」
カート・ヴォネガット・ジュニア「スローターハウス5」
チャールズ.L.ハーネス「ウルフヘッド」
アイザック・アシモフ「ファウンデーション」
アーサーCクラーク「2001年宇宙の旅」
フレドリック・ブラウン「73光年の妖怪」

●推理・サスペンス

西澤保彦「殺意の集う夜」
西澤保彦「完全無欠の名探偵」
都筑道夫「七十五羽の烏」
G.K.チェスタトン「木曜の男」
真梨幸子「殺人鬼フジコの衝動」
乾くるみ「スリープ」
乾くるみ「リピート」
三津田信三「凶鳥の如き忌むもの」
三津田信三「厭魅の如き憑くもの」
北山猛邦「猫柳十一弦の失敗」
北山猛邦「猫柳十一弦の後悔」
北山猛邦「踊るジョーカー」
北山猛邦「少年検閲官」
今邑彩「ルームメイト」
今邑彩「七人の中にいる」
今邑彩「時鐘館の殺人」
我孫子武丸「殺戮に至る病」
草上仁「数学的帰納の殺人」
石持浅海「心臓と左手」
首藤瓜於「脳男」
若竹七海「船上にて」
ビル・S・バリンジャー「消された時間」
アガサ・クリスティ「予告殺人」
ジェフリー・ディーヴァー「ボーン・コレクター(上下)」

●ノンフィクション
サイモン・シン「フェルマーの最終定理」

●その他
ScanSnap ix500での書籍の電子化

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress