自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2017 年 10 月 20 日

同人ゲームfes 9

Filed under: その他 — 坂葉 @ 20:57:23

 同人ゲームfes 9

 関西でも同人ゲームの定期イベントがあるとのことなので参加してみました。
 参加サークルは20ほどで、かなり小規模なイベントと言える。
 しかし大阪で盛り上がってくれると移動の面でありがたいので、参加してみるのだった。

.
 今回の旅のお供は、買ったばかりのNocturnal rites「Phenix」。
 こいつはすごいですよ。
 Still Aliveのような素人を騙せる感じの即効性のあるキラーチューンはないですが、聴けば聴くほど味わい深くなって「Nocturnal rites 最高傑作では?」という感じで心にしみます。
 10年間活動が停滞していたこともあって、その間の心情を歌ったと思われる曲もあり、個人でゲーム開発してる人とかは「あーわかるわかる……」みたいな感じになると思います。
 A song for youとかほんと泣ける……。

 そして長い間本棚の肥やしとなっていたジェイムスPホーガン「時間泥棒」も持っていきました。
 しかしいろいろと時間ギリギリだったので本を読む時間はほとんど無かったのだった。

(more…)

2017 年 10 月 18 日

C92日記 その2

Filed under: 日記 — 坂葉 @ 19:26:21

●打ち上げ篇

.
 前回の記事にある通り、打ち上げの時間に遅刻した僕には、席がありませんでした……。なんか予定人数よりも大幅に増えている。まぁ、歳と共に去るものが多いこの業界、新しい人が増えるのはいいことなのでよしとしよう。
 エンドレスシラフの卓の誕生日席に当たる部分(通路に当たる部分とも言う)に椅子を持ってきてなんとかスペースを作ったのでした。

(more…)

2017 年 9 月 27 日

C92日記 その1

Filed under: ゲーム製作,日記 — 坂葉 @ 22:57:34

 C92日記です。
 コミケ直後に書いたんだけど、例によって書くだけで満足してしまいアップしていなかった……。

.
 今回の旅のお供はグレッグ・ベア「凍月(いてづき)」。 約20年、本棚の肥やしになっていましたよ……。
 グレッグベアは中編の「鏖戦」はかなり素晴らしかったものの、代表作の「ブラッドミュージック」は悪くはないけどまぁこんなものかという感じで、「永劫」は眠くて途中で投げ出してしまいました。

 そこでこの凍月ですよ。長めの中編といった分量なので、つまらなくても投げ出すことはないだろう。そしてこのタイトルのかっこ良さ……。原題は「Heads」だそうです。この邦題のハッタリ感は酒井昭伸ぽいと思ったものの訳者は小野田和子でした。なんか聞いたことあるな……という認識の訳者だった。調べたら、バクスターとか訳していていました。愛読書なのになぜ覚えていなかったんだ……。

 本作のSF的な小道具としては量子コンピュータ、絶対零度、凍結した脳からの記憶読み取りなどです。物語の本筋は政治(駆け引き)劇といったところでしょうか。
 物語としてはなかなか面白いものの、ラストがファンタジーというか「かっちりした設定の未来史ものの一遍としてはどうなの?」と思う展開でした。
 不思議SFとしてはいいし、これが独立した短編なら問題ないと思うんだけど。
 もうちょっと書きたいことがあるけど、まぁコミケ日記の導入部としてはあまりにも関係なくて興味ある人は皆無っぽいので、後日、本の感想として独立した記事を作ることにしましょう。
 薄めの本ということもあって、夜行バスの消灯時間までに読み終えることができました。

(more…)

2017 年 8 月 26 日

PC Mount and Blade

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:13:24

 RPGだと思ってプレイしたのですが、成長要素のある戦略アクションゲームでした。
 大量の兵を率いて合戦します。
 ある程度強くなれば味方が勝手に戦ってくれるので、アクション的な腕前はそれほど必要ありません。

 かなりおもしろいです。

(more…)

2017 年 7 月 26 日

おすすめSF小説

Filed under: 書籍 — タグ: , — 坂葉 @ 21:02:36

 僕のおすすめSF一挙公開!
 長編篇。かなり偏っていると言わねばなるまい……。
 説明文は思い出して書いているので間違いがあるかも。

(more…)

2017 年 6 月 27 日

PC STALKER Call of Pripyat

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 19:23:32

 Stalker最終作です。
 システムが改良され、「これこそ本物のStlaker!」という感じになりました。
 最初からこうしてくれれば……。
 大変素晴らしいです。

(more…)

2017 年 5 月 29 日

トラックボール M-XT3URBK

Filed under: ハードウェア — 坂葉 @ 21:12:59

 M570tが満充電でも一週間持たなくなってしまったので、有線トラックボールを購入することにしました。

 最終的にエレコムのM-XT3URBKに決めました。
 若干悪い評判もあったのですが、二か月ほど使用してみたところ問題点はほぼありません。
 これは満足と言わねばなるまい。
 95点はつけられると思います。
「-5点はなんなんだ?」と思う方もいよう。そう、絶賛したいけど若干の減点ポイントがあるんだよ……。

(more…)

2017 年 4 月 30 日

PC STALKER CLEAR SKY

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 13:55:14

 S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYLの続編です。
 武器やスーツのアップグレード、派閥抗争の強化などにより、前作よりオープンワールドゲームっぽさが増しています。
 一方続編とはいうものの基本システムは同じでマップの大半が使いまわしのため、大型DLCという印象強いです。(単独で動作するフルプライス作品としてリリースされている)

 中盤まではかなりおもしろいのですが、後半でまたもや後戻りできない一本道になるのが惜しい。
 アップグレードもできなくなるぞ……。

 移動は相変わらず不便で、ストーカー生活を楽しみながらプレイするには相当の忍耐が必要です。

(more…)

Powered by WordPress