自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2018 年 7 月 29 日

ジャック・ヴァンス「終末期の赤い地球」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 15:15:46

 ジャックヴァンスのファンタジー連作短編集です。
 1950年の作品。

 長いこと入手困難だったのですが、kindleでひっそりと売ってました。しかもわりと安い。
 これはちょっとビックリの掘り出し物なのでSF・ファンタジーファンは要チェックですよ。
 グーテンベルグ21という謎の出版社が配信しています。
 他にもレアなものからメジャーなものまで古典SFをいろいろと出している。
 久保書店やサンリオSFなど消えた出版社の本を取り扱ってるっぽいものの、早川の絶版本なども出していて権利関係がどうなっているのか謎です。
 本書のオリジナルは久保書店QTブックスから出ていたようです。

(more…)

2017 年 7 月 26 日

おすすめSF小説

Filed under: 書籍 — タグ: , — 坂葉 @ 21:02:36

 僕のおすすめSF一挙公開!
 長編篇。かなり偏っていると言わねばなるまい……。
 説明文は思い出して書いているので間違いがあるかも。

(more…)

2016 年 10 月 31 日

西澤保彦「殺意の集う夜」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 20:47:57

 嵐の山荘に閉じ込められた主人公が、ちょっとしたことから見ず知らずの六人を次々に殺してしまい右往左往する話です。
 しかも一緒に山荘を訪れた友人までなぜか死体となって現れるしまつ。

 犯人が推理するという倒叙もののような話となっています。
 街で別の事件を追う刑事の話も並行して描かれ、最後で二つの事件が合流しあっと驚く結末に辿り着きます。

 西澤保彦の作品の中では若干存在感が薄い気がするものの、読むのは今回で三回目でした。

(more…)

2016 年 10 月 29 日

西澤保彦「完全無欠の名探偵」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 23:35:47

 連作短編集という体裁の長編推理小説です。再読。
「日常の謎」系統の話なんですが、謎の裏側がけっこうドロドロしています。
 後味の悪い話が苦手な人は要注意です。

(more…)

2016 年 9 月 30 日

都筑道夫「七十五羽の烏」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 19:10:58

 倉知淳の「星降り山荘の殺人」の元ネタということで読んでみました。再読。

 超ものぐさでやる気がまったくない探偵が活躍?する推理小説です。
 章の最初に四行ほどのあらすじがついています。
 ここの記述には嘘やひっかけはなく、推理のヒントになる……という体裁です。
 終盤で「ここで手掛かりは出つくした。読者はこの章のおわりで論理的に殺人犯人を指摘できるはずだ」と、読者への挑戦状的なものが出てきます。

(more…)

2016 年 4 月 4 日

スティーヴン・バクスター「時間的無限大」

Filed under: 書籍 — タグ: , — 坂葉 @ 19:45:35

 このものすごいタイトルどうですか……。
 これだけ大きく出るんなら、内容も相応のもんだろうな!?と言いたくなりますよ。
 膨らんだ期待を満足させられるのか? ほらほら、どうなんだ、バクスターさんよー!
 まっ、こういうのはたいてい見かけ倒しのハッタリ作なんですよ。

 しかし……。

 本作はタイトルに負けない内容ですばらしかったです。

.
「ジーリークロニクル」の長編第二作目、前作が外伝的扱いだったので本編としては一作目です。
 本作と「虚空のリング」で、ジーリークロニクルの基本的な歴史は完結します。
 宇宙の誕生と死滅を扱った壮大な未来史なのに、実質的には長編二作で完結とは……。(他に短編二冊と外伝二作があります)

(more…)

2016 年 3 月 23 日

スティーヴン・バクスター「天の筏」

Filed under: 書籍 — タグ: , — 坂葉 @ 20:17:55

 重力定数十億倍の宇宙での冒険物語です。
 もうこの一文だけで読みたくなった人もいるのではないでしょうか!? 僕は一発でやられましたよ。
 しかも閉塞した社会での暗黒ジュブナイル小説といった雰囲気です。
 僕好みすぎて困る。

 関係ないけど、今回から本文中にいくつか見出しをつけてみた。

(more…)

2015 年 11 月 29 日

グレゴリィ.ベンフォード「時空と大河のほとり」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 18:53:54

 現役物理学者によるハードSF短編集です。

 物理学者のハードSFという触れ込みではあるものの、作風はかなり文学寄りで、科学的なアイデアは設定の一部として使っているだけで、メインは登場人物の感情という感じです。
 ラリィ・ニーヴンに見られるような、謎解き要素、冒険要素ではありません。
 SF的な世界や科学の関わる出来事を、詩的に表現しようとしている印象を受けます。
 そのためSFとしての爽快感に乏しく物語自体もかなり地味です。
 科学部分を抜いても話が成り立ってしまうという感じでしょうか。
 良くも悪くも、科学知識や理解を必要としない作品になっています。

 正直言うと僕には合わない作品でした。
 話自体はおもしろいんだけど、「現役物理学者のハードSF」という看板から期待するものとは全然違っていて、その落差にガッカリという感じです。
 文学小説・一般小説寄りとはいえ、昨今流行り?の「人間を書く」といってチープなメロドラマを繰り広げる作品よりは楽しめると思います。

(more…)

Powered by WordPress