自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2019 年 5 月 30 日

PS3/XBOX360/PC ブラザーインアームズ ヘルズハイウェイ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 17:27:17

 敵に威嚇射撃して黙らせておいてから味方部隊を攻め込ませる部隊操作FPSです。
 旧作はリアル志向で厳しめのシステムでしたが、本作では現代的にアレンジされかなり遊びやすくなっています。
 独自のプレイ感はしっかりと残っており、FPSの中でも特徴的なシリーズとなっています。
 これはおもしろい。
 ちまちま敵を削って攻めていくのが好きな人は気に入ると思います。

 しかしオプション設定が保存されないというバグがある。
 画面・音・操作すべての設定が保存されない。
 画面が暗くSEの音も小さいため、快適に遊ぶにはオプションの設定が必須と言える。
 何度もやり直して攻略するタイプのゲームなので、Y軸反転でプレイする人などはかなりきついですよ……。
 コンティニュー時に設定が初期化されるほか、カットシーンが入っても初期化される。

 PC版から存在する日本語環境による不具合らしいです。
 なぜオンラインに完全対応した世代のハードでこんな初歩的なバグが放置されるんだ……。

 そしてカットシーンのスキップもできない。

(more…)

2019 年 4 月 30 日

PS3 アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 15:01:24

 秘境冒険TPSの二作目です。
 グラフィックがかなり強化されハラハラドキドキ演出もすごいことになっています。

 ゲーム的には良くも悪くもほぼ前作のままとなっています。

.
 当時PS3持ってなかった僕もこの二作目からすごい人気になったのは覚えていて、新世代のゲーム感がありました。
 しかし発売からもう10年になるのか。
 僕の中では新しい作品なんだけど世間的には懐かしいゲームなんだな……。

(more…)

2019 年 3 月 31 日

DS アナザーコード 2つの記憶

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:35:02

「触れる推理小説」が謳い文句のアドベンチャーゲームです。
 正直言うとパズル・ストーリーともに期待以下で、かなりのガッカリ作品と言わねばなるまい……。
 推理とかサスペンスとかを期待するとほんと「なにこれ?」となるので注意ですよ。
 基本的にのんびりムードで、少女の一日冒険記とかそんな感じ。
 おそらく小中学生向けに作られているので、最初からそういうつもりで遊べばだいぶ印象良くなると思われる。

 ちょっとガッカリ度がすごくて否定的なこと書きまくってしまったので、本作が好きな人は以下の文を読まないようお願いしますよ……。
 子供向けの作品におっさんがケチをつけてると思うとみっともないけど、作品の売り文句からは対象年齢は割と高そうに見えるので、これくらい言ってもいいだろう……。

(more…)

2019 年 2 月 28 日

PS3 アンチャーテッド エルドラドの秘宝

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 15:04:43

 PS3を代表するであろう冒険TPSの一作目です。
 インディジョーンズのような秘境冒険もので、80~90年代のハリウッド映画っぽい雰囲気が全編に漂っています。

 ゲームとしては正直普通極まりない出来で「今からでもプレイしておくべき作品!」とまでは言えないのですが、難度もボリュームもほどほどなので題材に興味があればプレイする価値はあると思います。
 秘境冒険ものの娯楽作品が好きならプレイしておくべき作品と言える。

 PS4で3作セット版があるらしいのでそっちやったほうがいいかも。一作分の値段だそうでコストパフォーマンスがとてつもなくすごい。
 PS3版は30フレームだけどPS4版は60フレームだそうですよ。

(more…)

2019 年 1 月 29 日

アーサー・C・クラーク「遥かなる地球の歌」

Filed under: 書籍 — 坂葉 @ 18:10:44

 ネットで感想を見ると大絶賛という感じなのでかなり期待して読みました。
 ……しかし……これはかなり好みがわかれる作品ではないか。
 いい作品ではあるものの、娯楽SFを期待するときつい。
 すごいカタルシスとか驚きの結末とかそういうのはない……。
 広大な宇宙を題材にした詩のような感じと申しましょうか。
 行間を読み抒情に浸るタイプの作品だと思います。
 ほんとラストはすごくいいんだけど娯楽的爽快感は皆無なので、かなり人を選びそうですよ……。

(more…)

2018 年 12 月 28 日

ロジクール K840 メカニカルキーボード

Filed under: ハードウェア — 坂葉 @ 23:01:54

 パンタグラフ式から乗り換え約二か月使用した感想です。
 結論から言うと、これはいい買い物をした……という感じです。
 キーボードとしてはあまりにも普通なんですが、そこがいい。
 キーボードには特にこだわりがない人におすすめしたい。
 普段1000円のメンブレン式フルキーボード使ってる人はぜひこれを試してほしい。

(more…)

2018 年 11 月 27 日

PC QUAKE

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 01:30:24

.
 結論から言うと、人類史に残すべき圧倒的大傑作なのでこんな文章読んでる暇があったらさっさと買って遊びましょう。

.
 Doomの後継というべきFPSです。
 ゲーム内オブジェクトが完全に3D表示になりました。
 現代FPSの基本はここで確立したと言っても過言ではない……。

 ゲーム内容はまさに神ゲーと言えよう。

 3D化の影響でDoomと比べると敵の数は少なめになってます。
 そのかわり一匹一匹の個性が強くなり、強敵をどう攻略していくかという形になっています。

.
 とにかく大傑作なのでガタガタ言わずにプレイしましょう。
 ただし、購入したままの状態だといろいろと問題があるため、他のQuakeエンジンの使用を推奨します。
 僕はfitzquakeを使用しました。

(more…)

2018 年 10 月 28 日

S-Tool [ Tolerance 0 ]

Filed under: 音楽 — 坂葉 @ 17:37:56

 元センテンストのヴィレの新バンドです。
 Poison Blackは活動休止らしい。

 もうずいぶん前の話ですが、Beast in Black等と来日するというので「せっかくだからアルバム聴いておくか~」と購入しました。
 しかしなぜBeast in Blackなんだ……。なぜかというと、Suomi Feast 2018というフィンランドのバンドを集めた企画なのでジャンルが違うバンドばかりなのだった。

 僕は Poison Black は Lust Stained Despair だけ持っていて、音楽性はこれに近い感じだと思います。
 バンドを新しくする意味ないように思ったんだけど、Poison Black はブルーズロック路線に進んだので仕切り直しみたいな感じらしい。
 解説にも「Poisonblackとは音楽性が異なる」とある。

(more…)

Powered by WordPress