自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2021 年 8 月 31 日

PC Might and Magic VI: The Mandate of Heaven

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 15:38:46

 gogでマイトアンドマジック 1~6のセットが200円くらいだったので、1を少しやって思い出に浸ろうと思い購入しました。
 1の序盤は思い出通りの狂った難度で、ザコにすら勝てなくて「これだよこれ……」という感じでした。
 ザコに勝てるようになるまで遊んだら割と満足してしまった。
 あと日本版はだいぶアレンジ移植されて遊びやすくなっていることを知った。
 2の日本版はかなりいまいちな出来だったけど、データをもらいながら海外と同時進行で作っていたらしい。

 3以降はプレイしていないのでどんな感じなのかいろいろ調べたら、6が名作とされてるようでした。
 軽くさわりだけでもやってみるか!とプレイしたらめちゃくちゃおもしろくて最後まで遊んでしまいました。

 初代DOOMのように、3D建造物+2Dスプライトキャラで描画されます。
 基本的にはリアルタイムのARPGですが、ENTERキーを押せばターン制になります。
 リアルタイムを無理やりターン制にしている形なのですが、ちゃんと旧作のプレイ感になっているのがすごい。

 これはちょっととんでもないおもしろさで、絵とUIをなんとかしてクエストを追加すれば今(2021年)でも普通に通用しますよ……。

(more…)

2021 年 7 月 31 日

PC Quake2

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 15:35:24

 Quake二作目です。
 前作製作時にいろいろ揉めて主要人物の一人がやめているようで、その影響もあり続編とはいえストーリーは繋がっていません。
「Quakeシリーズ」としてのストーリーは本作が基準となっているそうです。

 前作では各ステージが独立しておりステージごとに世界観も違っていたりしましたが、本作ではストーリーや展開が重視され現代的なFPSに近い構成となりました。
 複数のマップが繋がってひとつのステージを構成しています。
 しかし実際のところはマップが大きくなったかわりにロードが入るようになっただけのような……。

 前作のようなびっくり屋敷探検ゲームを期待すると少々がっかりですが、ゲーム自体の出来は非常によいです。

(more…)

2021 年 6 月 29 日

麻耶雄嵩「さよなら神様」

Filed under: 書籍 — タグ: , — 坂葉 @ 14:11:43

 神様ゲームの続編です。
 重複する登場人物は神様だけなので、前作未読でも楽しめます。

 麻耶雄嵩の作品としてはわかりやすくて初心者向けな一方、小学生が大人みたいな思考をするなど過去作未読の方は面食らう部分もあり、薦めやすいような薦めにくいような作品となっています。
 過去作の「あいにくの雨で」の小学生版といった感じがあります。

 連作短編集です。
 話が進むにつれ見知った世界が崩壊していく感覚はまさに麻耶雄嵩ですよ。
 ライトなものを書いてもヘヴィな感じで最高です。

 しかしまぁ、寡作気味とはいえ定期的にこういう強烈な作品を出してくるとはほんとすごい作家ですよ……。
 新本格勢の中ではトップクラスの地力がある感じで、作品の独創性や凝り具合を考えると驚異的すぎる。
 10年くらいで燃え尽きそうな作風なのに、よくここまできたものだ。

(more…)

2021 年 5 月 31 日

サンワサプライ パンタグラフ型キーボード SKB-SL33BK

Filed under: ハードウェア — 坂葉 @ 18:36:58

 しばらくロジクール K840 を使っていたのですが、キーの高さがどうにも気になりエレコム TK-FCP080BK に戻しました。
 TK-FCP080BKは打鍵感はいいもののコンパクトならではのくそ配列が使いにくく、また同時入力の制限も多いためゲームと相性が悪い。
 そこで別のキーボード買うか―と思い探してみたら、パンタグラフ型のフルキーボードの新しいやつが出ているではありませか!
 絶滅危惧種のパンタグラフ型フルキーボードですよ……。僕はウキウキしながら買ったのでした。

 そして三か月……。

 結論から書くと
・キーは重めだがストロークは浅くて打鍵感は悪くない。
・ゲームに問題なく使える。
・配列はまともに見えてくそ。
・購入時から一部のキーの反応が悪く、少し使用したのち別のキーの反応も悪くなった。
 となりました。

 キーの反応に関しては、工業製品である以上当たり外れがあるのは仕方ないでしょう。
 となると問題は変態配列……。
 一見まともに見えるだけに、かなり残念な部分でした。

(more…)

2021 年 4 月 30 日

PS3/PS4/PC Thief

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 19:55:43

 ステルスゲームです。
 00年代前後に人気だったシリーズのリブート作品です。

 つまらなくはないのですが、ステルスゲームとしてのセンスや技術が00年代前半という感じでした。
 グラフィックを除けば現代(2014年発売)の作品とはとても思えない。
 凝ったマップの中で隠しアイテムを探すゲームとしてはけっこういいんだけど、今の時代それを楽しむ人がどれだけいるのか疑問なのだった。

 グラフィックや雰囲気はいいので、そのあたりを気に入った人なら楽しめる……かも。
 2014年のステルスゲームとしては圧倒的にレベルが低いけど(同時期にスプリンターセルBLとMGSV:GZ)、2004年の作品と思ってプレイすればけっこう良作と思えるかもしれないぞ……。

(more…)

2021 年 3 月 27 日

PS3/XBOX360/STEAM シンギュラリティ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:21:50

 グラフィックはかなり頑張っていてシステムもおもしろいです。
 しかしゲームとしての出来があまりにも残念でもったいない作品でした。

 序盤はかなり難度が高く、サバイバルホラーもののようなギリギリの展開が続きます。
 しかし中盤で特殊能力を手に入れると主人公が圧倒的有利になり、とてつもなく簡単になります。

 システム担当者とレベルデザイン担当者の意思疎通が完全に断絶してる感じで、ゲームバランス崩壊ですよ……。

.
 つまらなくはないけど今からわざわざやる意味もなさそうな作品でした……。
 先日感想をアップしたダークセクターと似た感じではあるものの、あっちのほうがバランスがまともなぶん楽しく遊べると思います。
 各スタッフはいい仕事をしているのになぜこうなるのだろう。

.
●システム

 時間を操作するFPSです……と言いたいところですが、時間を操作できる対象があまりにも少ない上に「それを時間操作と言っていいの?」
と感じるものが多くすごくモヤモヤします……。

.
 固有システムとしては

○物体を引き寄せる・飛来物をキャッチする・投げる
○仕掛けを直す・壊す(これが時間操作らしい)
○一定範囲の時間をスローにする弾を撃つ

 などがあります。
 他に衝撃波と即死攻撃がありますが、固有システムというほどではない……。

 しかも、引き寄せを使える対象物がほとんどないのですよ。
 ドラム缶等の爆発物と足場用の箱、あとはごくまれに瓶とか箱が落ちてるくらい。
 物体引き寄せ能力を持つFPS/TPSの中でも、飛び抜けて使用機会が少ないのではあるまいか。

 仕掛けを壊す・直すなんて対象がほぼ無くて、進行上の鍵の役目にしかなっていない……。
 これで「時間操作FPS!」を名乗るのはかなり無理がある気がする。

 物体の破壊&修復はレッドファクションアルマゲドンが似たシステムでした。
 レッドファクションでは、ほぼすべての人工建造物を更地になるまで破壊でき、元の形に戻すこともできます。しかも何の制限もなく破壊&修理できる。
 使わなくても先に進めるようになっていましたが、無理矢理使いたくなる面白さがありました。
 普通に武器で攻撃したほうが早いものの、建物を破壊して崩落に巻き込んでニヤリとするわけですよ。

 スローにするやつは本作の一番の売りというか使用頻度が高くおもしろい部分なんだけど、使用条件が緩くてあまりにも強いのでゲームバランスが崩壊しています。

.
 他に特殊武器として、
 弾丸を操作する狙撃銃
 弾を遠隔操作で転がすグレネードランチチャー
 があります。

 しかし使う場面は二カ所だけ。
 ほんとなんなんだよこのゲーム……。
 宣伝用のアピールポイントを増やすために変な武器を作り、活用するシーンを無理矢理ねじこんだ感じがすごい。

 これらの能力や武器がちゃんと活用できるようになっていれば5割増しで面白くなっていた気がします。
 いやほんと機能自体は面白いんだけど使う場面がない……。

.
 マップ上に点在する装置で武器や能力のアップグレードができます。
 アップグレードには特定のアイテムが必要です。
 敵を倒してポイントを稼ぐのではなく、マップ内に隠されてるアイテムを収集するタイプです。

.
 ゲーム進行はかなりの一方通行で、ちょっと進むだけで扉が閉まったりして戻れなくなります。
 アップグレードの関係でじっくり探索したいわけですが、相当気を付けてないと知らないうちに正解ルートに進んでしまいますよ……。
 行き先表示機能(PS3では十字キーの↓)を駆使して正解ルートを回避しましょう。

.
 一方通行型の一本道進行なのにチャプターセレクトがありません。
 つまり取り逃したアイテムを取りに戻れない。

.
●グラフィック

 かなり素晴らしいです。
 背景の作り込みは相当気合入っている。
 壁にへばりついているグロテスクな異世界植物?も気色悪い。

 あとミイラ化した死体もしっかり作り込んである。
 敵が死ぬときの悶え方もすごい。焼死する兵士はかなりかわいそうな感じですよ……。

.
 ただ、似たような廃墟ばかりが舞台なので単調に感じるのは否めない……。

.
●感想

 分業型製作体制が極まったという感じです。
 各部署は良い仕事をしたのに、何も考えずに成果物を合体させたせいでどうしようもない怪作になってしまった。
 そういうものだと割り切ってプレイすれば面白いといえる。
 しかしちゃんとわかってる人がきちんと統率していれば3倍くらいは面白くなっていただろう……。
 こういう残念作品を見ると、メタルギアの面白さとは製作の上層がレベルデザインの細部まできっちり監修してるからなんだろうなと感じますよ。

 分業により人海戦術でクォリティの高い素材を作り出し、それを納期内になんとかつなぎ合わせてガラクタを作る感じが、欧米のゲーム開発の一面を表してる感じで興味深い。
 欧米では巨額の宣伝費をかける関係で納期(発売日)が非常に厳しいらしく、そのせいでこういう見た目はすごいのに調整がおかしいゲームができてしまうんでしょう……。
 この時代のB級FPS/TPSはほんとこういう惜しい作品が多いですよ。

.
 売り文句から期待する楽しさは全く味わえないものの「遊べる失敗作」としては悪くないです。
 駄目な作品ではあるがクソゲーではない。
 文句ばかり書いたけどつまらないわけではないので、駄目ゲーの中ではかなり優秀と言える。

 コンシューマ版は厳しい評価が多めな一方steam版はわりと好評のようで、steamユーザーの優しさを垣間見た感じです。
 僕も文句ばかり言ってちゃだめだと反省してしまいますよ……。

 しかし本作はいろいろと惜しすぎる。
 面白くなる素質はたっぷり持ってるのにそれをまったく生かせてないと言いましょうか。
 変な作品が好きな人はプレイして損はないかもしれないような気がほんの少しだけしますよ……。

.

開発元 Raven Software
発売日 2010/06/29
 
プレイ記録 Normalクリア
照準アシストOFF

2021 年 2 月 27 日

PS3 ファイナルファンタジーXIII

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 23:26:12

 発売当時物議を醸した感じのあるRPGです。
 強烈な一本道と聞いていたので覚悟はしていたものの、想像を超える一本道で驚きました。
 序盤は文字通り一直線の一本道をひたすら進むんですよ……。
 ストーリーもすごく残念で、メインキャラにかっこいいセリフを言わせた過ぎておかしなことになってました。

 全体で見ると「やりたいことはわかるけどこれはちょっと……」という感じでした。
 キャラの言動がもう少しまともなら満足できた。

(more…)

2021 年 1 月 27 日

PS3/XBOX360/STEAM バイオハザード オペレーションラクーンシティ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 14:28:41

 マルチプレイ推奨のカバーTPSです。
 一人で遊ぶといまいちというか、凡庸にもほどがあるTPSでした。
 マルチプレイで面白くなるのかも正直疑問だ……。

 操作感は完全に普通のTPSになってます。
 敵も人間兵士が多くあまりバイオハザードっぽくない。

 イラっとくる場面がしばしばあるものの駄作と言うほどつまらなくはなく、ボリュームもかなり控えめなのでゾンビTPSを軽く遊びたいという時にはいいかも。

(more…)

Powered by WordPress