自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2014 年 6 月 29 日

Rage [ The Soundchaser Archives ] (輸入盤)

Filed under: 音楽 — タグ: , — 坂葉 @ 19:59:08

 Rageの30周年記念作品です。
 ボツ曲を再構成したもの、過去アルバム収録作のデモ版、別プロジェクトのデモ版、地域限定のボーナストラックなどで構成されています。
 LMOのライブを収録したDVDもついています。

(more…)

2012 年 5 月 26 日

RAGE JAPAN TOUR 2012 大阪公演

Filed under: 日記,音楽 — タグ: , — 坂葉 @ 18:10:59

 RAGEの大阪公演に行ってきました。
 前回はガンマレイとのカップリング、しかも前座扱いだったので不満がありましたが、今回は単独なのでたっぷり見ることができました。
 しかしチケットは高めで、7000円+ドリンク代500円……。今後はこれが標準になるのだろうか。
 まあ、チケット代がバンド活動資金になると思えば気も休まるというもの。

 会場は移転したクラブクアトロでした。フロアが三段になっており見やすいです。(三段目は関係者用の席になっていました)
 僕は二段目の真ん中で見ました。ライブハウスは皆こういう形にしてほしい。

(more…)

2008 年 7 月 6 日

RAGEのライブに行った!!

Filed under: 音楽 — タグ: , — 坂葉 @ 23:49:27


 RAGEのライブに行きました。大満足だったと言わねばなるまい。
 ピーヴィは心なしか痩せたような気がします。気がするだけかもしれない。相変わらず腹は出てましたが、顔とか四肢が若干ほっそりしてたような。
 新しいドラマーのアンドレ氏は、前任のマイクみたいに目立ってはいませんでしたが、終始ニコニコして楽しそうでした。
(more…)

Powered by WordPress