自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2017 年 1 月 4 日

C91日記 その2

Filed under: ゲーム製作,同人ゲーム,日記 — タグ: , — 坂葉 @ 21:16:00

C91日記 その1 即売会篇
C91日記 その3 二次会篇

.
●打ち上げ篇

 よそのサークルの内情とか他人の発言を間違って記載することを避けるため、例によって自分の発言中心で書いています。
 こういうレポートはいろんな人の発言を取り上げてこそ面白くなるのですが、まぁそういうのは僕は苦手なので他の人に期待してください……。
「へー、打ち上げではこういう会話してるのかー。おもしろそうなので僕も何か完成させて参加するぞー!」とか思っていただければ幸いです。

(more…)

2017 年 1 月 3 日

C91日記 その1

Filed under: その他,同人ゲーム,日記 — 坂葉 @ 20:07:34

 夜行バスで東京に向かいます。
 いつもより若干設備が良くて快適なバスだったものの、そばにゴホゴホ咳してる人がいてうつるんじゃないかと心配でした。
 毛布を鼻まで被ってガードしましたよ……。
 今後はマスクを用意しておかねばと思いました。

(more…)

2016 年 12 月 27 日

PC S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:12:07

 チェルノブイリを舞台にしたFPSです。
 オープンワールドを売りにしてる印象があったのですが、実際のところはほぼ一本道展開でした。
 寄り道や探索もできるものの、ほとんど意味がない。マップ自体、後戻り可能な幅広一本道という形です。(終盤では後戻りもできなくなる)

 前評判から期待したものとは全然違っていました。でもゲームとしては面白いです。
 戦闘のできがかなりいい。難易度はかなり高い。

 コンセプトは全然違いますが、プレイ感はバイオハザードとかデッドスペースを思わせます。
 所持品の取捨選択に頭を悩ませるリソースやりくりゲームが好きな人におすすめ。

(more…)

2016 年 11 月 15 日

デジゲー博2016日記

Filed under: その他,日記 — タグ: , — 坂葉 @ 19:53:52

 いつものように夜行バスで東京に向かいます。
 寝つきは早かったものの一時くらいに目が覚め、その後はほとんど眠れませんでした。睡眠時間は一時間くらいだろうか。
 これは徹夜に近い状態での参加だぞ……。

 5時ちょっと過ぎに東京駅に到着です。
 なか卯でうどんを食いながら綾辻行人の「黒猫館の殺人」を読みつつ時間をつぶします。早朝の東京と言ったら、東京駅裏のなか卯ですよ。

(more…)

2016 年 10 月 31 日

西澤保彦「殺意の集う夜」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 20:47:57

 嵐の山荘に閉じ込められた主人公が、ちょっとしたことから見ず知らずの六人を次々に殺してしまい右往左往する話です。
 しかも一緒に山荘を訪れた友人までなぜか死体となって現れるしまつ。

 犯人が推理するという倒叙もののような話となっています。
 街で別の事件を追う刑事の話も並行して描かれ、最後で二つの事件が合流しあっと驚く結末に辿り着きます。

 西澤保彦の作品の中では若干存在感が薄い気がするものの、読むのは今回で三回目でした。

(more…)

2016 年 10 月 29 日

西澤保彦「完全無欠の名探偵」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 23:35:47

 連作短編集という体裁の長編推理小説です。再読。
「日常の謎」系統の話なんですが、謎の裏側がけっこうドロドロしています。
 後味の悪い話が苦手な人は要注意です。

(more…)

2016 年 9 月 30 日

都筑道夫「七十五羽の烏」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 19:10:58

 倉知淳の「星降り山荘の殺人」の元ネタということで読んでみました。再読。

 超ものぐさでやる気がまったくない探偵が活躍?する推理小説です。
 章の最初に四行ほどのあらすじがついています。
 ここの記述には嘘やひっかけはなく、推理のヒントになる……という体裁です。
 終盤で「ここで手掛かりは出つくした。読者はこの章のおわりで論理的に殺人犯人を指摘できるはずだ」と、読者への挑戦状的なものが出てきます。

(more…)

2016 年 9 月 26 日

3Dゲームの製作 16/05/30

Filed under: ゲーム製作,夜光蛾 — タグ: — 坂葉 @ 18:27:19

 ずいぶん前の動画だけど、夜光蛾6の製作のせいで解説のアップが後回しになっていました。
 四か月前の話だよ……。詳しい解説を書こうにも、ほとんど忘れてしまっている……。

・髪の毛がそれっぽく動くようになりました。
 しかしねじれてしまう。

・ヒットストップをつけました。

・そばの敵を自動ロックオンするようになりました。

(more…)

Powered by WordPress