自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2017 年 2 月 26 日

PS3 レジスタンス2

Filed under: ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 21:00:17


/p>

 メモファイルの中から、アップするを忘れていた記事が発掘された……。

 - - - - -

 キルゾーンと並んでPS3を代表する……ようなしないようなFPSシリーズの二作目です。
 普通のFPSに若干変わった武器が付いているという感じです。
 前作は最高難度のエクストリームがすごくおもしろかったので本作も期待していましたが、HARDをクリアしないとアンロックされないため本作はNormalだけで終了しました……。
 最近は一本のゲームを何周もプレイする気力がなくなってしまった。

.
●システム

 前作では、ホールド式のしゃがみ、切り替え式のズームが使いにくかったですが、本作では改善されています。
 操作性はなかなか良好ではないでしょうか。

 かなり強めのオートエイムがかかます。切ることはできません。僕はオートエイム嫌いなので選択させてほしかった……。

 体力は自動回復式です。体力自体少なめで、けっこう死にまくります。即死攻撃を仕掛けてくる敵もいます。

 字幕が異様に小さいです。

.
●グラフィック

 前作よりも格段によくなりました。
 しかし、まだ植物等の表現がいまいちで、ジャングル描写が惜しい感じです。

 コントラストの強いギラギラした画面です。アンリアルエンジンを意識した感じの。
 暗い場面はかなり見にくい。
 そして携帯ライトの照射範囲が狭い。ホラーゲームなら雰囲気が出ていいですが、アクション重視のFPSで視界が狭いのはきつい。

 キメラの建築物はあいかわらずかっこよく、グラフィックの向上もあってすばらしいです。
 巨大クリーチャーなども出ます。

.
●感想

 すごく「レジスタンスだなー」という感じです。
 まさに続編。

 普通すぎて物足りないところもあるものの、これはこれで評価すべきところなのではあるまいか。

 数体の敵と戦闘→仲間の後をついていきながらリアルタイムデモ、という今時のFPSに多い進行を踏襲していて、テンポが悪くて鬱陶しかったです。
 ぶつ切り感がすごい。
 しかし世間一般ではこういうのを「テンポよく進む」と言うような気もする。
 戦闘エリアも前作に比べて狭いところが多く、敵の量も少なく、まさに一本道FPSという感じでした。

「○○のために○○に行け!」「○○のせいで進めないから○○でスイッチを入れろ!」みたいな展開ばかりなのでストーリー的にも面白くありません。

.
 丁寧に作られていていいゲームだとは思うものの、正直言うと前作のほうがおもしろかったです。
 狭いフィールドで少数の敵を倒す展開ばかりなのが残念でした。
 ただ、高難度モードになれば工夫して闘う必要がでてきておもしろくなるのかもしれない。
 前作も最高難度がいちばんおもしろかった。

 王道ではあるものの、00年代初期~半ばのFPSが好きな人には合わないかもなぁという作品でした。

.

開発元 インソムニアックゲームズ
発売日 2008/11/04
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress