自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2017 年 5 月 29 日

トラックボール M-XT3URBK

Filed under: ハードウェア — 坂葉 @ 21:12:59

 M570tが満充電でも一週間持たなくなってしまったので、有線トラックボールを購入することにしました。

 最終的にエレコムのM-XT3URBKに決めました。
 若干悪い評判もあったのですが、二か月ほど使用してみたところ問題点はほぼありません。
 これは満足と言わねばなるまい。
 95点はつけられると思います。
「-5点はなんなんだ?」と思う方もいよう。そう、絶賛したいけど若干の減点ポイントがあるんだよ……。

.

 静かなトラックボールブームがやってきているようで、選択肢がけっこうたくさんありますよ……。すばらしい。
 僕がマウスから乗り換えた時は、親指トラックボールはロジクールのM570一択という感じでした。
 今はM570tを筆頭にサンワとエレコムが何機種か出しており、他のメーカーのものも2つほどあります。
 大玉トラックボールもいれればかなりの賑わいですよ……。

 僕はまず有線というのが絶対条件で、あとはチルトホイールを使ってみたかったのでエレコムのM-XT3URBKにしました。

.

 以前はカーソルが飛ぶとか動きがおかしいという報告をよく見かけました。
 M570のボールに交換すると改善されるなんて情報もありました。
 しかし現在のモデルではまったく問題ありません。

 そのかわりにホイールの不具合が増えてるようです。
 うちでは今のところ問題ありません。
 ホイール動作自体はM570よりも好みです。(M570はホイール回転のクリック感がふにゃふにゃですが、こちらはカクッカクッとしています)

.
 ホイールクリックの感触はいまいちです。遊びの部分にギギ……という微妙な抵抗があって、押し込んだ時の爽快感がありません。
 細かい部分だけどけっこう気になる。
 これは個体差なんだろうか。

.
 チルトホイール機能は……これが目当てでもあったんですが、あれ……使う機会がないぞ……。
 テキストエディタで使いそうだと思ったものの、スクロール量が少ないのでいまいち役に立たなかった。さくらエディタだと横スクロール量の設定項目もないぞ……。さくらエディタはc++のソースコード書くのに使ってるんだけど、横一画面からはみ出ること自体がほとんどないのだった。
 テキスト音楽さくらのエディタだとチルト機能自体がきかない。

 チルトホイールを使った操作にはソフトのほうの対応や設定も必要なので、使わない環境で慣れている人は使わないままになりそうです。

.
 ボタンはホイールクリック入れて六個です。
 薬指の位置にもボタンがあり、これは使えそうだぞ……と思ったものの、特に使い道は思いつかずオフにしてあるのだった。
 ゲームの時には使えそう。

 あとはホイールの手前にカウント数切り替えスイッチがあります。
 これも使っていません。
 便利そうで使いどころがわからない……。

.
 ゲームも軽く試してみましたが、ボタン設定は面倒くさいのでいじっていません。
 ゲーム自体は問題なくプレイできます。が、結局はトラックボールなので本格的なFPS対戦には向かないでしょう……。
 とはいえ本気のFPS戦士でなければ、マウスとたいして変わらない感覚で遊べると思います。
 シングルで遊ぶぶんには全く問題ない。

.
 と、絶賛していいくらいの出来です。しかしひとつだけ問題があります。
 80度近い絶壁からボールが横に張り出しているため、親指やボールのコンディションによって左移動の時にガクっと浮いてしまうことがあります。(指に張り付き横に引き出される感じ)
 これはかなり重大な設計ミスではあるまいか……。
 購入時に頻繁に起こり、現在(5/28)は全く問題ありません。
 湿度が低くボールが乾燥しているときに起こりやすいような気がする。

 購入直後にこの不具合が発生すると、短気な人は「なんだこりゃありえんだろ! 返金返金! やっぱロジじゃないと駄目だな!」となるかもしれません……。
 少し長い目で見てみてはどうか。

.
 あとは耐久性です。
 M570は一年半でチャタリング発生(だましだまし二年半使用)、無償交換で手に入れたm570tは半年で電源の不具合(二週間に一度の充電が必要になり、そのまま二年半仕様)という感じでした。
 最近の有線デバイスはコードの付け根の耐久性がやばいものが多いからな……。

.
 サンワとかエレコムのマウスは有名機種の劣化コピーという印象があるものの、本機は価格もそれなりなのでちょっと期待したいところです。
 今のところ使用感はほんと快適なので、このまま故障なしでがんばってほしいですよ……。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress