自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2018 年 1 月 27 日

ロジクール Gamepad F310

Filed under: ハードウェア — 坂葉 @ 19:47:00

 即売会での試遊用に十字キーの使い勝手がいいパッドがないかと探していて見つけました。
 価格が1500円ほどと安く、性能もなかなかです。
 しかし、「なんでこうなるの?」という欠点もあるのでした……。

 PC版のバイオハザードリベレーションズを120時間ほど遊んだあとの使用感となります。

●結論

 長文を読みたくない人のためにとりあえず結論から書いておきます。

○FPS・TPSのプレイ
・アナログスティックを倒しながら押し込む操作に難あり(完全に倒した状態だと押し込みが困難)
・LTRTが異様に硬いため、構えながら撃つタイプやLTRTを連打するゲームは若干つらい
・上記以外は特に問題ない

○2Dゲーム(十字キーメイン)のプレイ
・なかなか画期的な十字キーだが、力んでプレイすると全ボタン同時押し状態になる

○その他
・ボタンひとつで十字キーとアナログを入れ替えられて便利
・しかしそのボタンがBACK(SELECT)ボタンの位置にあり、これらのボタンを使うゲームでは押し間違いが多発する
・背面にDirectInputとXInput切り替えボタンがあって便利
・僕が買ったものは時々RT押しっぱなしになり、耐久性に若干の不安があるかもしれない。(RT連打をしばしば使い、50時間ほどで不具合発生)

○まとめ
 一般的なFPS・TPSをやる限りでは非常にコストパフォーマンスがよくおすすめ
 十字キーの出来はすばらしいが、2Dゲームプレイの際、人によってはまともに遊べないかもしれない。

.
●パッド全体のデザイン

 デュアルショックと360パッドの中間的な感じで悪くないです。
 かなりいいと言える。
 僕はデュアルショックのようにアナログスティックが並んでいるほうが好きなので、これは気に入りました。

.
●アナログスティック

 デュアルショックのものを固めにした感じで、非常によいです。
 しかし重大な欠点があるのだった……。
 スティックを完全に倒している状態だと押し込みが困難です。
 力を入れて倒してると押し込めない。
 押し込みで近接攻撃のFPS/TPSなどではかなり不便だと思います。

 操作感自体は低価格パッドとは思えないくらいいいので、押し込み問題をなんとかしてほしい。

.
●トリガー

 LB・RB(L1・R1)は問題ないのですが、トリガーは大問題です。
 とにかく固い。
 バイオハザードやデッドスペースのようなLトリガーで構えるタイプのゲームは非常に疲れます。
 トリガー連射で殴ったりする場合も大変です。

 また、トリガーの支点が高く押す部分が低いので、人差し指で押しにくいです。
 しかし薬指で押そうとするとグリップ部の構造的に強く握れず、ボタンが硬いこともあってこれまた押しにくい。

 慣れれば人差し指でもいけますが、それでも押しにくさは常に気にかかります。

 そして、これは個体差の範囲だとは思いますが、僕の買ったものは50時間ほどでRTの戻りが悪くなってしまいました。
 これだけ固いのにトリガー押しっぱなしになることがある……。

.
●十字キー

 本製品の売りである十字キーですよ。
 360型の円盤型十字キーですが、上下左右斜めにかっちり入ります。
 これはすばらしい。

 しかし……ここにも重大な問題が潜んでいるのだった……。

 構造としては、十字の各先端にバネが仕込んである感じで(推測です)、円盤自体は全てのバネの反発力で浮いています。
 だから、十字の中心に指を置いて押し込むと全方向を押すような状態になるわけですよ。
 危険な場面ほど指に力が入るため、全方向押し込みになってしまいます。
 自分のゲームの場合一歩引いてプレイするから問題なかったのですが、クリムゾンクローバーをやってみたところ危ない場面ほどうまく動けなくて困りました。
 デジゲー博の試遊台でもこのパッドを使っていて、もしかしたらうまく動けず困った人がいたかもしれない……。

 普通にプレイするぶんにはほんと素晴らしいのですが、肝心なところでうまく動けなくて、ほんと惜しいです。
 これが無ければ十字キーパッドでは文句なく一押しと言える。

.
●その他ボタン

 ABXYは特に問題ないです。
 気になるのは耐久性だけでしょうか。

 BACK・START(SELECT・START)も特に問題ないのですが……本機独自の「MODE」ボタンのせいで割と困ったことになっています。
 BACK・STARTは高めの位置、MODEはその下についています。
 そしてこのMODEボタンの位置は通常BACK(SELECT)ボタンなのだった……。
 BACKボタンを頻繁に使うゲームでは、誤操作が起きまくります。
 ちなみにこのMODEボタンというのは十字キーと左スティックの機能を入れ替える機能を持っていて、これ自体は非常に便利です。
 なんでこんな場所に設置したんだ……。

 背面にはDirectInputとXInputの切り替えスイッチがあります。
 これは便利。
 モードボタンもここにスイッチの形でつければよかったのに。

.
●総評

 全体的な作りはしっかりしていて、これが1500円というのはちょっと驚きです。
 そこらのB級パッドとは一線を画している。一流の手触りがある。
 MODEボタンの位置やトリガーのバネの固さ、スティックの押し込みなど、明らかにおかしい部分を改良すれば低価格パッドの王者となれる素質がある。

 売りの十字キーも素晴らしいんだけど、押し込みでロック状態になるのがあまりにも惜しい。
 中央に支柱つければ良さそうなんだけど、内部構造的に問題があったりするのかな……。
 いろいろあって、敢えてこうなっているような気もする。

 即売会での試遊用を目的に購入しましたが、十字キー押し込み問題を考えると正直使えない。
 違うのを買わねば……。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress