自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2018 年 3 月 24 日

PC Radiation Island

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 14:29:53

radiation_01.

●概要

 無人島でサバイバルするゲームです。
 動物を狩って食料を入手し、木を切り鉱物を採掘していろいろ作って装備を整えていきます。

 元はスマートフォン用だそうですが、かなり本格的な作りです。驚いた。
 しかし……。
 システムの底力はあるのに絶望的なまでに敵・アイテム・イベントのリソースが少ないです。
 最初の5時間くらいが過ぎると猛烈な作業ゲームになります。
 ちょっと驚くほどのガッカリ感。
 攻略すべき島が4つあり、1つを攻略した時点で後は完全な作業です。あまりにも残念過ぎる……。
 製作にもう半年かければ傑作になっただろうに……。

 システムだけみれば、ほんといいんですよ。
 最初の数時間はすごくおもしろい。

 日本語化されています。
 怪しい部分もあるものの、プレイには問題ありません。

.
 steamのセール時に100円くらいという驚きの低価格です。
 価格分は楽しめるものの、中盤以降のガッカリ感も強烈で、あまりおすすめできないのでした……。

.
●システム

 基本はオープンワールド型のFPSです。
 序盤は近接武器や弓・槍を使いますが、すぐに銃が手に入ります。
 銃はかなり強いものの、リロードに時間がかかったりして敵に囲まれると少々きつくなります。

 木を切り、岩から鉱物を採掘し、動物を殺し皮や骨を手に入れていろいろ作ります。
 装備や拠点を強化していく序盤はすごく楽しい。
 しかし軍人ゾンビを倒せるようになるあたりから、拾い物で大半がまかなえるのだった……。

 木や岩は時間が経てば復活するようです。
 木を切り倒しまくっても大丈夫。

 食事の必要がありますが、島には至るところに食べ物が落ちており動物からも肉が取れるため、飢えることはありません。

.
 島には睡眠できる小屋がいくつかあり、これを発見するとファストトラベルで移動できるようになります。
 小屋の位置はマップに記されています。

.
 ゲームの目的は島に複数ある「テスラタワー」という塔を停止させることです。
 塔を停止させるためにはパスワードが必要になります。
 このパスワードが、「1番の塔の端末のそばに2番の塔のパスワードがある」という形になっていて、攻略の順番が決められてます。
 これはガッカリというか面倒なだけと言わねばなるまい……。
 塔の中も迷路になっているわけではなく、四方の扉が開け放たれた倉庫で探索の必要がありません。
 内装は全部同じに見えて微妙に違っていて、これなら完全にコピペで作って他の部分に力を入れたほうがいいのではという感じです。

.
 UIの出来がいまいちです。
 クラフトはU、バックパックはI、メモはLなどとショートカットがあるのですが、ショートカットキーを再度押せば閉じられるものとESCで閉じるものが混在しています。
 メモのページめくりもめんどくさい……。

.
 アイテム箱を好きな場所に設置できます。
 箱は重ねて箪笥のようにできますが、四段にすると判定がおかしくなり下・中央・上の三か所しか使えません。

.
●グラフィック

 スマホ用だけあってそれほど良くはないのですが、必要十分です。
 スマホで同じ画面が出せているなら割とすごいと言える。
 地形の凹凸加減も良く出来ていて、冒険してる雰囲気が味わえる。

.
●感想

 バランスがかなりいまいちでほんと惜しい。

 序盤は皮がほしくてたまらないのですが、皮を手に入れるための狼があまり出てこない。
 狼用の罠が作れるものの、まったく捕まりません……。
 狼を探して野山を駆け回っていると熊やライオンに遭遇します。
 こいつらはけっこう強いものの、不意を突かれなければ槍で倒すことができ、皮をたくさん取れる。
 そして野生動物ではこいつらが最強なのだった……。
 あと水辺にワニもいますが、動きが遅くて弱い。
 つまり攻撃してくる肉食動物は四種類しかいない。
 強さで見ると、ザコ(狼&ワニ)とちょっと強い(熊&ライオン)の二種類と言えよう……。

 他に攻撃してこない草食動物としてうさぎと羊がいます。
 動物はこれだけ……。

 熊を安定して倒せるようになるとすごい勢いで装備が整っていきます。
 皮装備が全部揃う前に強化装備を作れてしまう。
 そしてゾンビを倒せば銃器と服が手に入る。
 そうなるとあとは銃弾を作るだけになる。
 しかしまぁこの段階では銃の連射能力が弱いので、戦闘にはそれなりに苦戦することがある。

 刀ゾンビと這いずりゾンビがとんでもなく動きが速く、囲まれると瞬殺される場合もあります。
 離れて一体ずつ倒す必要があり、このあたりはおもしろいと言える。

 二つ目の島に行くとほどなくマシンガンが手に入り、これを取ると一気に作業度が増すのだった。
 硫黄と鉛を採掘して弾を作りながら塔を停止させるだけですよ。
 さらに言えば、硫黄と鉛のを集める必要もなかったりする。

 二つ目と三つ目の島の拠点にはクリスタル変換機というものがあり、これを使うと様々な素材を作れます。
 クリスタルはその辺に落ちていたりゾンビを倒すと見つかったりします。
 つまり、二つ目の島までたどり着けば、クラフト要素もほとんど関係ない殺戮FPSになってしまうわけですよ。

 僕は3つの島全部に拠点を作り無駄に素材や装備を集めまくりました。
 しかしクリアだけが目的なら、拠点は最初の島だけであとは一気に攻略していくこともできそうです。

.
 マップ内には小屋や軍の基地などもあり、意外に凝った作りになってたりもします。
 しかし、イベントもめずらしいアイテムもないため、探索する必要がまったくありません。(最初の島のスタート付近とテスラタワーのみ、ストーリーに関わる文書が落ちてます)
 これはあまりにももったいない……。

.
 自由に家を建てることができます。
 しかし家を建てる意味がまるで無い。

.
 島は4つあり、うち一つは探索する場所のほとんどない島で、他の三つは同じ構造をしています。
 手抜きすぎるだろ……。

.
 終盤になると巨大な敵が出てちょっとびっくりします。
 しかしボスというわけでもなくアイテムをたくさん落とすわけでもなく、ただでかいだけなのだった……。
 接近されると瞬殺されるので油断はできないものの、ほんとでかいだけで残念。
 最終エリアに10匹くらいまとめて出してクライマックス感を出しても良かったのではないか。

.
 製作側の狙いとしては、「最初の島はクラフト&サバイバル、二つ目の島は皆殺しシューター、三つ目の島はボリューム水増し」みたいな感じなのかもしれません。
 進行度によって遊びの質を変えるという方向性はわからないでもない。
 それでももうちょいなんとかなったのではないか……。
 最初の島では銃器を出さず皮装備と槍・弓矢で進み、次の島で強化装備の製作と拳銃+拾った弾、最後の島でマシンガン&弾薬の大量生産みたいな感じでいけたと思います。

.
 とまあこのように、潜在能力はかなりあるのに投入されたリソースの少なさとバランスの悪さでものすごく残念なゲームになっています。
 変にボリュームを水増しせずに、最初の島を攻略した時点で終わりにしたほうが印象が良かっただろう……。
 完全にPC専用として続編を作ってほしいです。

.
 とにかく惜しい作品でした。

.

開発元 Atypical Games
発売日 2015/01/29(android/iOS)
2006/11/30(PC)
 
プレイ記録
冒険(Normal) 25時間

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress