自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2019 年 6 月 28 日

PS3/XBOX360/PC シャドウオブザダムド

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 12:06:32

 今回は文句ばかり言ってますよ……。
 本作が好きな人やスタッフのファンは見ないでほしい。
 ほんと自分でも頭の固い偏狭なゲームオタクだと思うけど、本作は過去10年で最もイライラした作品なんですよ……。
 完全に僕には合わなかった。
 世間のレビューではおおむね中の上程度の評価らしいので、以下は合わなかった者のざれごと流してくれればありがたい。
 ということで前置き終了……。

.
 これは僕がPS3で遊んだ中ではでいちばんイライラした作品ですよ。
 ゲームの出来はそこまで悪くないものの、様々な面でいらつかせてくれる。
 嫌がらせを目的に作られたのではないかと思ってしまう。
 あとセンスない人がサブカル感あふれるノリを詰め込んで「センスいいだろ?」と押し付けてくる不快さがある。
 各種の下品さが不快なのではなく、出来の悪さ、レベルの低さが純粋に不快な感じ。
 ゲームとしてはところどころ良い部分もあるけど、全くお勧めできません……。

.
●システム

 構えて撃つタイプのTPSです。
 R1での通常の攻撃の他に、R2で敵の動きを止める特殊弾を撃てます。

 L1でダッシュ、下+回避で180度ターンなどの妙な操作があります。
 バイオハザード感を出そうとしているのかもしれない。

.
 光と闇がテーマらしく、闇と称する毒の霧のようなエリアがあります。
 これに触れた敵は闇を纏うため、一度R2のショットを当てないとダメージを与えられません。
 また闇の中では主人公はダメージを受け続けます。

.
 ショップで弾薬や回復を買えます。
 レベルアップ用のポイントも買えます。
 しかしリソースが有限であるため、弾薬や回復を買う意味がまったくないのだった。
 気付くまで無駄遣いしてしまう罠でもある。

.
 カットシーンをスキップできません。
 操作不能のデモ(張り紙読むだけというのもある)は基本的にスキップできない。
 終了まで一分半かかる張り紙なんかもありますよ……。

 つまらないミニゲームや仕掛けが何度もしつこく出てきます。
 これはつまらん!と思った要素は三回出てくると思っていい。
 強制ダメージで急かされるシーンも多く、それで死ぬとつまらないカットシーンを眺めるところから再開ですよ……。

.
●グラフィック

 これはかなりいいです。
 力が入ってる。素晴らしい。

 敵のデザインも悪くはない。
 が種類が少ない。

 お色気描写が売りっぽい雰囲気を出していますが、下着姿の女が出るだけ。
 こんなの誰が喜ぶんだ……。
 少年ジャンプのほうが10倍くらいえろい。

.
●ストーリー

 悪魔ハンターものです。
 軽口を叩くドクロとともに冒険します。
 全般に漂う寒くて痛々しいノリがつらい。
 お色気も下ネタも小中学生レベルで、何を思ってこんなものを作ったのか全く理解できない。

 ヒロインを助けるのが目的であるものの、ヒロインのキャラが全くつかめず道中で語られる様子からは嫌な女でしかない。
 主人公はDMCのダンテがやさぐれた感じの性格っぽいものの、ヒロインに対する行動は間抜けそのものでこれまたキャラがつかめない。

.
●感想

 グラフィックや音楽はかなり出来が良くて、主人公周りのシステムも悪くはありません。
 ボス戦もおおむねいいと思います。
 一本道過ぎる進行と所々に見える変な仕様に目をつぶればゲーム部分はなかなかいいと言える。

 しかし延々と繰り返されるつまらない仕掛けやミニゲームが心底鬱陶しく、死ぬとスキップできないカットシーンからやりなおしというのが最高に腹が立ちました。
 強制ダメージで急かすとか、即死鬼ごっことか、一度二度ならいいけど連発されるとほんと鬱陶しいですよ……。

 脇道があるのに正解ルートに進むと引き返せないのもいらいらする。脇道と正解ルートの区別がつかない。
 何を考えてこんな仕様にしたんだろうな……。
 二周目でじっくり探索してくださいということなのか。
 そこまでしてくそつまらなくて長いカットシーンを見せたいのか。

.
 あと2DSTGシーンが最高にひどい出来で、これはもう断言するけど素人以下の出来ですよ。
 2DSTGを完全にバカにしている。
 マニアが唸るものにしろというのではなく、誰がやっても「つまんねぇ……」と言うであろう出来なのが問題なんですよ……。
 レトロゲーム(シンプルな2Dゲーム)がもてはやされる風潮が嫌で、わざとつまらなく作って「2Dゲームなんて所詮こんなもんですよー」と言ってる感じだ。
 腹立たしい……。

.
 グラフィックとかプログラムとかの裏方スタッフは大変いい仕事をしたとは思います。
 しかしなんというか、ゲームを作るのが絶望的なまでにへたくそな人が指揮をして、提案された良いアイデアを片っ端から却下しつつゴミみたいなアイデアを「これがクールなんだよ!」とねじ込んだ感じですよ。
 そしてめちゃくちゃになったものを、裏方が頑張ってなんとか遊べる形にまでもっていった感じ。
 名の知れたプロの作品だとは全く思えません。

 部分部分は悪くないのに、なんでこんなことになってるのかほんと不思議でたまらない。
 開発の上のほうにTPS好きが一人でもいたらこうはならなかったに違いない。

.

開発元 Grasshopper Manufacture
発売日 2011/06/21
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress