自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2020 年 6 月 29 日

PS3 インファマス2

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 15:09:53

 オープンワールド箱庭アクションの二作目です。
 出来は悪くなくて相変わらずおもしろいのですが、あまりにも前作と変わってないです。
 いやそれなりに変わってはいるんだけど、印象はほとんど同じ。
 メインミッションはつまらなくなっている……。

 良くなってる部分も多いものの、ストーリーやメインミッションは圧倒的に前作のほうが出来がいいと思うので、これから遊ぶなら一作目をおすすめします。

.
●システム

 TPS+パルクールアクションです。
 ビルによじ登って高所を移動し、敵に対して上から攻撃を仕掛けていきます。
 乗り物がない反面、走ったり跳んだりのアクションは同系統のゲームよりかなり素早くなっています。

.
 主人公は超能力で電気を操ります。
 通常のTPSの弾丸の代わりに電力を消費します。
 電力は街頭や電気機器等から吸い取れます。
 体力も吸電で回復します。
 街のいたるところで吸電出来るので電力切れに悩まされることはほぼないのですが、敵の攻撃力が高いため集中攻撃を受けると死にやすいです。
 ちまちま戦えばほぼ死ぬことはない一方、雑にプレイすると難度高く感じる。

.
 前作はメインミッションでは一本道型アクションに近い形でしたが、今作ではメインミッションも通常のマップを使用しています。
 そのためメインミッションもサブミッションもプレイ感があまり変わらなくなっている。

.
 メインミッション以外でやれることは、収集要素2つと地区解放が主です。
 あとは強盗・救急・爆弾解除のランダムミッションだけ。
 オープンワールドものとしてはやることがかなり少ないものの、「やりこみ圧力」がないのは前作からの方針だと思われます。
 若干寂しくはありますがこのあっさり感は本作の利点とも言えるでしょう。

.
 ゲームを進行させないとサブミッションや技が解放されません。
 バランス的には仕方ないとも言えますが、進行を管理されてる感じがすごい。
 まぁやることの少なさがこのゲームの良さでもあるから難しいところではある。

.
●ストーリー

 前作は意外な展開とかあって一見の価値ありという感じでしたが、本作は見どころがほぼない。

 ヒロインっぽい女性が二人おり、どちらを重視するかでストーリー(善悪)がわかれるようになっています。
 しかし日本のオタク視点で見るとどっちのヒロインも関わりたくない感じでつらい。

.
●感想

 パルクールアクションが相変わらずテンポ悪いです。
 ビルに昇って行動するゲームなのに、上るのにけっこうな時間がかかるわけですよ。
 壁を上る動作自体は欧米のアクションゲームとしてはキビキビしているものの、ビルが高いので窓枠掴んでジャンプを何度も繰り返す必要があり、結果的に時間がかかってめんどくさい。

 ジャンプをチャージ方式にして、大ジャンプで二階分くらい一気に飛べるようにしてもよかった気がする。(これは後述のスキルで改善されます)

 壁上りにしても、窓枠等に手をかける必要はないのではあるまいか。窓枠掴みアクションのせいでテンポが悪くなってる感じがある。
 壁蹴りだけでどんどん上れるようにしてもゲーム性に影響はなさそうに感じる。
 しかしスルスル上ったらスパイダーマンになってしまうので避けたのかもしれない。

 滑空もすごい勢いで高度が落ちる……。洋ゲーの二段ジャンプとか滑空ってなんで「ないよりはまし」程度の性能にしてしまうんだろうな……。
 壁面にいるときは向かいのビルに届くくらいの横方向大ジャンプがあったりすると良かった。

 垂直大ジャンプ、特殊移動に関しては、ゲーム進行に応じて改善スキルが手に入ります。
 これはかなり快適でおもしろい。
 デフォルトでこの仕様にして「二作目の売り」としたほうが良かったのではあるまいか。
 特殊移動は「これをとってから本番」みたいなおもしろ能力なんですが、取れるのは終盤なんですよ……。
 プレイヤーに有利過ぎる能力ではあるものの、それを前提にして作ってこそ独自色のあるゲームになると思います。

「派手なアクションですごいことをやらせよう」という気持ちは強いものの、従来のアスレチックアクションの枠から飛び出すことはできなかった感じがあります。
「電気を操る」という最大のコンセプトが、本作で一番多用される壁上りに活かせてないのが残念。
 特殊移動を出し惜しみする必要はあったのか?と思ってしまいますよ。
 スパイダーマンや他のアメコミヒーローと差別化するために、「普通の人間にもできそう」な動作にこだわったのかもしれないな……。

.
 メインミッションが通常マップ上で行われるのがかなり残念でした。
 オープンワールドの自由度を活かすためなのかもしれませんが、内容的にはサブミッションをやってる感じです。
「ゲーム進行に合わせた特別な展開」になりにくいのでゲーム全体が単調に感じてしまう。

 これには製作上の都合もかなりありそう……。
 新規マップやオブジェクトがいらないので、レベルデザイナーだけでミッションが作れます。
 実際、ユーザー作成ミッションを作る機能が同梱されてます。

.
 面白いゲームではあるものの、「今やる意味あるの?」と聞かれたら「まぁ前作だけやっとけばいいよ……」と答えたくなる作品でした。
 ほんと面白いことは面白いんですよ。
 僕はじゅうぶん楽しみました。
 しかし前作を上回ってるとは言いがたいのでおすすめはしにくい……。

.

開発元 Sucker Punch Productions
発売日 2011/06/07
 
プレイ記録
ゲーム進行 89%
技やパワーアップ 51
ウルフの記録 25/29
ブラストシャード 305/305

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress