自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2020 年 7 月 31 日

PS3/XBOX360/PC ロストプラネット2

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 15:15:56

 メカや巨大クリーチャーと戦う国産TPSの二作目です。
 キャンペーンモードもオンラインマルチプレイ前提の構成になりました。
 オフラインでも一応遊べます。

 ゲーム自体はかなりおもしろいものの、僕としてはやはりオンライン向けの仕様が残念です。
 敵やステージの出来はかなりいいのですが、マルチプレイ向けに作られているため難度が妙なことになっています。
 簡単ではないもののごり押しが効きまくってしまう。

 2019/11現在でもオンラインで遊べます。
 一応人がいました。(参加はしませんでした)

.
●システム

 マルチ協力プレイが前提のゲームです。
 一人でもボットとともに遊べます。
 ボットをゼロにもできます。
 僕はボット0でプレイしました。

.
 基本的なTPSのシステムに加え、□ボタンでワイヤーを撃ち出し高所に昇ることができます。
 また、さまざまな戦闘兵器に乗ることもできます。
 しかし大半がサイズ違いの人型ロボットのような……。前作のほうがいろんなのに乗れた気がしますが、こんなもんだったかな……。

.
 前作では常にエネルギーが―減っていく仕様でした。
 しかし今作ではアビリティ装備によりエネルギー減少を止められます。
 ゲーム進行に従い様々なアビリティが手に入ります。

.
●グラフィック

 大変すばらしいです。
 いろんな場面があって楽しい。
 マップの構造も起伏があって凝っている。

 メカやモンスターのデザインもいいし、映像技術もすごくて、さすがカプコンと思わせてくれる。
 しかしフレームレート低めで動きも重い。
 これからプレイするならPC版のほうがいいのかも。

.
●ストーリー

 キャラクター性を重視したものではなく、様々な陣営の名もなきキャラを操作するといった形です。
 あくまでもマルチプレイがメインであり、世界観と陣営を紹介するためのストーリーです。
 とはいえ、大事件が起こりみんなで協力して解決するという形にはなっていて、物語としての面白さもそれなりにある。
 キャラがちゃんと描かれていればもっとよくなっただろうなぁと思うのだった。

.
●感想

 かなりおもしろいです。
 同じステージを何度もプレイしたくなるおもしろさがある。
 しかしマルチプレイ前提というのが非常に残念でした。
 キャラの動きが非常に遅い&重く、これもマルチプレイの同期を考慮したためのように思われます。
 完全一人用にして倍の速度で動けたらとんでもない神ゲーになっていただろう……。

.
 巨大ボス戦の出来がよくて、怪獣と戦いたい欲求を満たせます。
 やはり人類は怪獣と戦うべきなんだと思わせてくれる。

.
 一人でプレイしても面白いので仲のいい友達とマルチで遊んだら相当面白すぎるのではないかと思われます。
 ただ動きの遅さはいかんともしがたい。

.
 もっと遊びたかったんですがプレイに時間がかかるので適当なところで切り上げました。

.

開発元 CAPCOM
発売日 2010/05/11
 
プレイ記録
総プレイ時間 23:17:01
累計キャリアポイント 183437
チャプタークリア率 97%

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress