自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2020 年 9 月 29 日

PS3/XBOX360 ダークセクター

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 23:47:19

 銃とブーメランを使うTPSです。
 システムは面白いんですが売りであるブーメランの活躍の場が少ない。
 ただのTPSになってます。

 つまらなくはなけどいまさらやる意味はないな……という感じの作品でした。

.
●システム

 体力自動回復型のカバーTPSです。

「グレイヴ」というブーメラン型の武器を標準で素備しています。
 手元に戻ってくるので弾切れの心配をせずに使いまくれるぞ……。
 さらに、グレイヴを配電盤や炎など当てると対象の属性が付加されます。
 それを攻撃にいかしたりパズルを解くのに使ったりします。
 グレイヴを遠隔操作する能力などもあります。
 これは面白そうだ……。

 敵を倒すと武器を落とすものの、ID認証がついているため奪って使用していると一定時間で爆発します。
 結果的に手持ちの武器とグレイヴで戦うことになる。
 どうせ使えないなら敵の武器拾える必要ないんじゃない?と思うものの、まぁちょっとだけ使ってすぐに捨てるなど戦場っぽい気分を味わうためなのかもしれないな……。

 グレイヴを使った戦闘はそれなりに面白いのですが、マップ上に専用の仕掛け(炎や配電盤)がないとたいして役に立たないので結局普通の銃器メインで進むことになります。
 グレイヴは仕掛けを解いて進むための鍵の役目になってしまっている。
 なんだよそれ……。

.
 ブラックマーケットで武器を買ったり強化できます。
 しかし金がほとんど手に入らないため、武器を強化する楽しみはほとんどない。
 一度の購入・強化に重大な決断が必要で、いろいろ試せない仕組みになってるわけですよ。
 今後どの武器が有効になるかもわからないため温存しがちになり、死んだシステムとなっている。
 たぶん再プレイを促す要素としてこうしたんだろうな……。
 しかし繰り返しプレイして面白いゲームではないので、「ブラックマーケットのシステム大失敗してない?」となるのだった。

.
●グラフィック

 アンリアルエンジンの改造版を使っているそうです。
 グラフィックはかなりいい。
 モノトーンの画面がしぶい。

 デザイン面では凡庸と言わねばなるまい……。

.
●感想

 つまらなくはないのですが、「要所要所でグレイヴを使った謎解きのある凡庸なTPS」になってしまってます。
 グレイブを活用できる場面では本作ならではの面白さがあるものの、活用できない場面のほうが圧倒的に多いんですよ……。
 欧米のTPS/FPSにほんとありがちなんですが、独自システムが死にまくってます。

 これも欧米のレベルデザイン論の弊害なのだろう……。
 システムを考える人とステージを作る人が完全に分業なので、ボス戦や謎解き等の特殊なシーン以外では、他のゲームに流用しても通用する感じの面ばかりになってしまう。
 結果として、TPSとして見るとつまらなくはないんだけど、何を見せたくてこのゲーム作ったの?となる。
 10年代の欧米FPS/TPSはほんとこんなのばかりでもったいないですよ……。
 システム自体は面白そうだしグラフィックは手間がかかってるのに遊んでみるとみんな同じようなゲーム。
 製作者の能力が足りなくて同じになってるんじゃなくて、アイデアはちゃんと面白くてスタッフみんないい仕事してるのに、製作体制のせいでこうなってしまう。

.
 ゲームとしては面白いんだけど、売りの要素が死にまくっていて「今さらこのゲームをプレイする意味ないな……」みたいな感じです。
 貴重な時間を割いて古いTPSをプレイするなら、ギアーズオブウォーとかロストプラネットとかアンチャーテッドなどの有名作をやったほうがいろんな面で得といえる。

 出来は悪くないので、マイナーな作品をプレイして悦に入りたいマニアにはおすすめですよ……。

.

開発元 Digital Extremes
発売日 2008/03/27
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress