自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2006 年 3 月 28 日

MIDIの不具合

Filed under: 日記 — 坂葉 @ 20:16:48

 YAMAHA UW500 と MU500を使用しての不具合
 ソフトウェアMIDIの発音遅延が気になるのでヤマハのサイトからダウンしてきたASIOドライバ(Audio Device on USB Bus V2.1.5)というのを入れてみた。

 

 すると遅延が直るどころかソフトウェアMIDI自体の音が鳴らなくなった。ドライバをアンインストールして入れなおしたりマザーボード付属のソフトウェアMIDIを入れたりしてみたが、MS Wavetabe GS synthだけがどうしてもならない。
 

 いろいろ調べてみたところ、WINにはMIDIデバイスの数に制限がありドライバをインストールするたびにレジストリが増えていき10個を超えると音が出なくなるらしい。
 レジストリエディタで見てみたところ、見事に同じエントリがずらりと並んでいたので、重複エントリを片っ端から削除した。
 しかしそれでもMSGSだけはならない。
 なぜMSGSにこだわるかというと、僕の作っているゲームはWINXPに標準搭載されているMSGSでBGMを鳴らしているからだ。
 しかし、不思議なことに自作のゲームではMSGSで音が鳴る。ソフト自体は正常に動作していて、出力部分に問題があるようだ。これまで曲作成に使っていたTMIDIやヤマハのSOL2だと鳴らない。
 これでは作曲ができないので非常に困る。マザーボード付属のSoundMAXというやつならソフトウェアMIDIで音が鳴るが、音色がMSGSと違いすぎる。

 

 ゲームで音が鳴るならDirectXのMDIで音が鳴るということなので、そういう再生ソフトがないかと探してみたが見つからなかった。しかし、TW-MUSIC2なら自前でMSGS互換(MSGSよりもいい音)の音源データを持っているのでこれを使えば曲の作成はできそうだ。
 と思ったものの、このソフト自体が非常に使い勝手が悪い。トラックのミュートにキーボードを使用せねばならないし、現在選択されているトラックもわかりにくい。さらに演奏位置のスライダもない。
 どうにも使いにくく、やはりTMIDIを使いたい。TMIDIは再生中に楽器やパラメータの変更ができ非常に便利だ。

 

 なんとかならんものかと悩んだあげく、ふと思いついたことがあった。試してみたところ、見事!うまくいった!

 

 どうやらMSGSの再生先がマザーボードのラインアウトのみになっているようで、UW500からの出力では音が出ないらしい。
 そこで、ラインアウトからUW500のINPUT3に入れたところ、バッチリ鳴るようになった。
 DirectXのMDIならMIDIを通してなるというのが不可解だが、うまくいったのでよしとしよう。
○今回学んだこと
・MIDIデバイスをインストールするたびにレジストリのエントリが増えるので、重複したものは消す。(とはいえレジストリをいじるのは大変危険なので、まねしてえらいことになっても僕は知らん)
 テキストエディタをサクラエディタに変えてみました。
 もともとTERAPADを使っていて、マークジャンプ機能目当てにK2EDITORに乗り換えました。しかし、K2EDITORのマークジャンプは、頻繁にマーク位置のデータがずれたり消えたりするのでいまいち使えません。
 サクラエディタにもブックマーク機能として搭載されているようなので、どんなもんか試してみることにしました。

 そして、これまでテキストエディタは黒背景に白文字(正確には濃い灰色背景に薄い灰色文字)にしていたのですが、デフォルトの設定で使ってみることにしました。なぜこれまで黒背景だったかというと、昔のパソコンは黒背景に白文字が標準だったからです。(MSXのころはグリーンディスプレイに憧れていて、プログラムを打つときは黒背景に緑文字にしていた)
 僕は基本的にカスタマイズが嫌いな人間なので、これを機にテキストエディタもノーカスタマイズです。なぜカスタマイズが嫌いかといえば、他の環境でパソコンを扱うことになったとき、標準に慣れていたほうが扱いやすいからです。
 とはいえ、基本のWINXPが標準の状態だと非常に使いにくいというのが困るところだ。しかもSleipnilとかまめFile4とか使ってるし。
人気blogランキングへ

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress