自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2006 年 9 月 25 日

Galshell修正中

Filed under: Galshell — 坂葉 @ 23:46:35

gal01_v301.jpg
 ペルマスが完成したので、さっそく新作に……の前に、以前からず~っと気になっていたGalshellのバグ修正作業をしています。
 というか、この二年というもの思い出したように数ヶ月に一度のペースでちょびちょびと修正作業をしていた。

 そしたら、なんかいろいろつけたしたくなってきて、いろいろ変わってきました。
 せっかくなので、中ボスをつけて敵配置を変更しようと思います。
 ゲームの基本的なところは変わらないので、こんな修正作業するくらいならバグだけとって新作を作ったほうがいいと思うんですが、「ちょっとだけなおそう」と手を加えているうちに大工事になってしまったという感じです。
 それにしても、第一作目だけあってプログラムがむちゃくちゃすぎて泣けてきます。なんでこんな無理矢理な処理をしてるんだろうというところばかりです。よく動いてるよという感じ。
 それなのに、このゲームが自作品中いちばん評判がいいというのがものすごく泣ける。
 修正作業が大工事になったのも、目も当てられないほどへぼいプログラムのせいだ。
 これが終わったら、以降はc++での開発となるので、LGP最終作としてしっかり直してやろうと思う。
参考になったらクリック!

2件のコメント »

  1. なんとビッグサプライズ!
    すごく期待してます!!

    GallShellは、シンプルなゲーム性に加えて
    かなりの世界観を持っています。

    もちろん他の作品も世界観があり、
    初代夜光蛾とかも、ボスのデザインをはじめ、
    かなりすごいと思うのですが、
    GallShellは、赤黒い・ドス黒い感じが、
    最後までつづく、秀作だと思います。
    (個人的には夜光蛾は深緑、夜光蛾2は青、
     HELLBOUNDは黒というイメージを
     持ってます。)

    敵弾がそれほど早くなく、
    弾幕も薄く、
    初心者でも比較的容易に、
    避けや、すり抜けが楽しめたように思います。

    HELLBOUDのラストは、Gallshellファンには
    相当『来る』シュチュエーション
    だったんですが、
    弾くパターンに必死で
    楽しむ余裕がなかったです。

    巨大戦艦を弾きで瞬殺できるとわかったときは
    鳥肌がたちましたけどw

    コメント by Y本 — 2006 年 9 月 26 日 @ 12:49:57

  2.  まぁ、直してるといってもここ2~3日またもや遠ざかってたりします。
     ここで便利で美しい関数を作っても、開発言語をC++に切り替えるため、別の作品に流用できないところがつらいです。
     しかし、やりかけた作業は完遂せねばならない……。

     HELLBOUNDもリフレッシュレートの調整をしてないので、修正しないとなぁ。隠しプレイヤーキャラとしてヒミコも作ってあるから使えるようにしたいし。

    コメント by 坂葉 — 2006 年 9 月 26 日 @ 20:33:09

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress