自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2006 年 10 月 16 日

ネットランキング用のperlスクリプト

Filed under: プログラム — タグ: — 坂葉 @ 21:50:47

スコア、名前、ボーナスアイテム数、機体の種類、平均fps、日時、チェックサムを記録するperlスクリプトを紹介する。
 basicなりcなりを多少扱えれば、すぐに理解できると思う。なぜなら、このオレにも作れたからだ。
ソースは一番下に載っている。

// 初期設定
#!/usr/local/bin/perl
おまじない
print “Content-type: text/html\r
\r
“;
cgi単体で呼び出したときにエラーメッセージが出ないようにする。
なくてもいい。
// データ受け取り
$data = $ENV{ ‘QUERY_STRING’ };
$dataに「.cgi?」以降の文字列を代入する。
perlでは変数の型宣言が無いので、数値でも文字でも好きなように代入できる。
$env{***}は環境変数というもので、
‘REMOTE_HOST’とすればアクセスした人のリモートホスト
‘HTTP_REFERER’とすればcgiを呼び出したページのアドレス
が代入できる。
環境変数はほかにもいっぱいあるから調べてみると賢くなれる。
// データ分割
($score,$name,$pow,$kitai,$fps,$date,$rnk,$sum) = split(/&/, $data);
データを「&」で区切って左辺の変数に代入していく。
ここでは、1234567&nanashi&111&0&60&061010&1&678 という感じのデータが送られてくるので、
$score=1234567
$name=nanashi
$pow=111
$kitai=0
$fps=60
$date=061010
$rnk=1
$sum=678
という感じで格納していく。
splitというのが文字列の分割用関数。
$dataを、/と/の間の文字「&」で区切って左辺に代入する。区切り文字のほかに「正規表現」といっていろんなパターンで分割できる。
正規表現、パターンマッチ、split関数を調べてみると賢くなる。
// ログファイル読み込み
$fn=”gal02_0.log”;
if ($rnk == “0”) {$fn=”gal02_0.log”; }
if ($rnk == “1”) {$fn=”gal02_1.log”; }
if ($rnk == “2”) {$fn=”gal02_2.log”; }
open(IN,$fn);
@file = ;
close(IN);
$rnkの数値によって、扱うログファイルを変える。
perlの配列はBASICとはずいぶん違っていて、自由度は高そうだけどbasic脳にはわかりにくい。
$fnのファイル名でファイルを開き、@fileという配列変数にまとめて読み込む。
$file[0]=56789,nanasi2,100,0,59,061011
$file[1]=12345,nanasi,111,0,60,061010
$file[2]=987,aaa,50,0,50,061012
といった感じになる。
この配列には便利なワザもあり、
$num = @file;
で要素数を$numに代入できる。
// ログファイルのソート
@file = sort { $b < => $a } (@file);
@fileの中身を降順にソートする。
これだけでソートができるというのは驚きだ。
文字でもソートできてしまう。
$a、$bというのは変数じゃないんだろうか。謎である。
この驚くべき便利関数についてもっと知りたければ、「sort関数」を調べよう。
配列の中身を逆順に並べ替える関数というのもある。
// ログデータの分割、重複チェック
$num=100;
$err=0;
for ($i=0;$i< $num;$i++) { ($score2,$name2,$pow2,$kitai2,$fps2,$date2) = split(/\,/, $file[$i]); if ($score2==$score) { $err=1; } } ランキングは100位($numの数)まで保存できる。 先ほど読み込んだファイルを「,」で分割し、それぞれの変数に入れる。 「,」は特殊な文字なので、「/,/」じゃなくて「/\,/」になる。 「エスケープシーケンス」を参照 $rnk2と$sum2がなぜないかというと、rnkはログファイルを選ぶためのものなのでもう必要はなく、sumはチェックサム用で現在は機能していないから必要ないのだ。 スコアが重複していたら$errを1にする。つまりエラーである。 // スコア等のデータを挿入 if ($err==0) { if ($score2[$num-1]<$score) { @file[$num-1]="$score,$name,$pow,$kitai,$fps,$date\r "; } 最下位のスコアよりも受け取ったデータのスコアのほうが高かったら、最下位のデータに受け取ったデータを上書き。 上書きの際には、各データの間に「,」をはさみ、最後に改行記号「\r 」をつけた文字列として書き込む。 //ソートして保存 @file = sort { $b <=> $a } (@file);
open (OUT,”>”,”$fn”);
print OUT @file;
close(OUT);
}
新しいデータは最下位に入れてあるので、もう一度ソートして正しい順番にする。
ここでソートするなら、上のソートは必要ないじゃんと思う方もいよう。まったくだ。しかし、データを自分で書き換えて実験するときもあるので、事前にソートしておくのも一つの手なのだ。
// 終了
exit;
このexitの文字で、スクリプトは感動のフィナーレを迎える。
いちばんめんどくさそうなソートがたったの一行、読み込み書き込みも一行でできるので、ものすごく短いソースになった。まったくもって、新しいプログラム言語というのはすごい。
 さて、cgiが完成したらば、あとは
http://localhost/test.cgi?123456&nanashi&111&0&60&061010&1&678
 このurlの?以降のデータをいろいろ変更してブラウザのurl欄に入れてみよう。
 cgiのあるフォルダに、得点順にソートされたログファイルができているはずだ。ワーイワーイ!
 おかしなデータが来た場合のチェックをしていないので、いつデータが壊れるかスリリングである。
 また、みなさんすでにお気づきのように、cgiのurlがわかればインチキデータを送信できてしまう。公正なランキングを運営したいものは、そのへんも注意しておこう。チェックサムでデータをはじくのが良さそうだぞ。データの各項目の下一桁を加算するなど、単純なものでいいだろう。
 ネット上をいくら探しても、ゲームのネットランキングの作り方なんて載っていないから、我流で強引に作ってみた。正直言って、perlもまだサッパリわかっていないから、とんでもないおバカな処理をしているかもしれない。
 だから、賢い読者ならば、自分で作るときはオレのブログは参考程度にしておいて、perlの入門サイトで勉強するのがいいだろう。
 オレは以下のサイトで学ばせてもらった。
http://perl.misty.ne.jp/
http://x-web.pobox.ne.jp/fcgi/fcgi_index.html
///////////////////////////////////////////////////////
//ソース
#!/usr/local/bin/perl
print “Content-type: text/html\r
\r
“;
# データ受け取り
$data = $ENV{ ‘QUERY_STRING’ };
# データ分割
($score,$name,$pow,$kitai,$fps,$date,$rnk,$sum) = split(/&/, $data);
# ログファイル読み込み
$fn=”gal02_0.log”;
if ($rnks == “0”) {$fn=”gal02_0.log”; }
if ($rnks == “1”) {$fn=”gal02_1.log”; }
if ($rnks == “2”) {$fn=”gal02_2.log”; }
open(IN,$fn);
@file =
;
close(IN);
# ログファイルのソート
@file = sort { $b < => $a } (@file);
# ログデータの分割、重複チェック
$num=100;
$err=0;
for ($i=0;$i< $num;$i++) { ($score2,$name2,$pow2,$kitai2,$fps2,$date2) = split(/\,/, $file[$i]); if ($score2==$score) { $err=1; } } # スコア等のデータをログファイルに挿入 if ($err==0) { if ($dscore2[$num-1]<$score) { @file[$num-1]="$score,$name,$pow,$kitai,$fps,$date\r "; } #ソートして保存 @file = sort { $b <=> $a } (@file);
open (OUT,”>”,”$fn”);
print OUT @file;
close(OUT);
}
exit;
参考になったらクリック!

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress