自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2007 年 8 月 23 日

コミケから帰った

Filed under: 日記 — 坂葉 @ 20:40:37

 コミケから帰りました。いや帰ったのはだいぶ前だけど。
 今回東京で買ったものは
Nostradameus : Pathway
Circle II Circle : Burden of Truth
Apocalyptica : Apocalyptica
NuclearBlast Allstars : Into the Light
ジャック・ヴァンス 竜を駆る種族
イアン・ワトスン エンベディング
アルフレッド・ベスター ゴーレム100乗
 です。

 ノストラダムスは、なぜかボーナス曲が5曲もついていました。曲調も微妙に違っている。ボーナスのわりには出来がいいし、変だと思って調べてみたところ、どうやら日本盤が発売されなかった前作(4th)の曲のようです。日本受けする曲ばかりなのでお買い得ではあるけど、やはり1st~3rdのファンとしては4thもちゃんとリリースしてほしかった……。
 2ndのころは微妙なところもあったヴォーカルだけど、着実に進歩している。ただ、迫力と引き換えに歌メロの哀愁が若干減ってきたような気もする。
 とにかく、鋭いリフ迫力のあるヴォーカル男らしい掛け声がつまったメタルの教科書のようなバンドなのでみんなも聴こう。
 C2Cは、知らない間に3rdが出てました。内容は、まぁ普通かな……。Into the Windのアコースティックバージョンがいちばん良かった。ザックにはアコースティックのせつないバラードをもっと歌って欲しいところである。
 ものすごく好きなヴォーカリストだけど、最近は歌がうまくなりすぎて逆に物足りなくなってしまった……。Savatage加入当時のような熱唱をまた聴きたいものである。
 アポカリプティカは以前RAGEのライブに行ったときにBlackBladeのなかやまさんに勧めてもらいました。気になってはいたが、結局買わずじまいでした。
 NuclearBlastのやつは、RAGEのヴィクターが全曲作曲した会社設立20周年の記念アルバムで、ブラガのハンズィとかソナタアークティカのトニーなど有名ヴォーカリストが多数参加している。曲調もいろいろで、ヴィクターの器用さが見て取れる。シュミーアの歌ったやつとマインドオデッセイのリメイク(ハンズィのほう)が良かった。
 あと、SavageCircusがえらいことになってる。
 トーメンがあまりにも働かないもんだから、ピートとPERSUADER組が彼をクビにしようとしているらしい。オフィシャルサイトのフォーラムで言い合いをする始末。裁判沙汰になりそうな勢いだ。
 トーメンを担ぎ上げて作ったバンドなのに、当の本人がクビになるとは……。
 彼にもいろいろ言い分があるかもしれないけど、ライブに出ないDVDにも不参加じゃこうなっても仕方ないよなぁ。
 2ndアルバムの製作も進んでるらしいけどどうなるんだろう。
 1stを聴いた感じだと、このバンドの曲作りはピートとPERSUADER組が曲の大半を作りトーメンがドラムのフレーズをつけていくというスタイルだったように思える。
 新しいアルバム自体は別のドラマーを入れても作れそうだけど、1stの売りはブラガ5thばりのドラムだったので、このままいくといまいち物足りない作品になりそうだ。
 欧州パワーメタル界随一のドラマーだけに、今回の分裂騒ぎは惜しい。
参考になったらクリック!

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress