自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2008 年 5 月 16 日

Harrow「The pylon of insanity」

Filed under: 音楽 — 坂葉 @ 22:34:04

マイナーメタルCD再評価の3回目は、ハロウ「ザ パイロン オブ インサニティ」です。

Vo:FraFrank van Gerwen
Gt:Harry Wijering
Gt:Erik de Boer
Dr:Ferry Bult
Ba:Freddy Meyer
 オランダのパワーメタルバンドの1stです。
 当時Burrn!で「強いて音楽性を表すならば泥酔状態のRAGEか」とかなんとか書いてあったので購入しました。
 全体的にミドルテンポで暗い「地味なスラッシュ」という印象だったので、メロスピ厨だった僕は1~2回聴いて封印しました。あのころの僕ときたらリフ主体のヘヴィな曲はすべて「地味なスラッシュ」で片付けてたような気がします。
 また、上記の紹介の仕方から三流バンドという先入観も多分にありました。

 あらためて聴いてみると、これが意外に元気よく迫力があります。もっと暗くて重苦しいと思ってました。
 歌メロがなんとも地味ですが、ギターや曲展開がなかなかドラマチックなパワーメタルです。ときどき入る掛け声パートが暑苦しくていい。
 ただ「おっこれは!」という部分があるもののそれがいまいち突き抜けない感じで、地味なバンドという印象になってる気がします。
 個人的にはやはり歌メロをもうちょっとグッと来るものにしてほしかった。
 バンドのオフィシャルサイトを探してみたらこんなのが出てきました。
 http://www.harrow.nl/cms/
 とてもメタルバンドのサイトには見えないデザインでなんだこりゃと思いましたが、今はスタジオを経営しているらしい。
 現在メインソングライターのHarry Wijeringはエンジニアをやってるようです。
 アルバムは4枚出していて、サウンドホリックから日本盤も出ているようです。
http://homepage3.nifty.com/soundholic/albumcontents/HARROW.html
 1993:The Rising Phoenix(デビューミニアルバム)
 1994:The Pylon of Insanity
 1996:Call of the Unborn
 1999:Embrace the World
 Call of~はけっこう人気があったそうだ。
harrow_1st
 しかしこのジャケットのひどさはどうだ。
他の方々のレビュー
http://blog.goo.ne.jp/metal-warrior/e/d11ecae1a49435daa22c6df43aadb75d
http://metabaka.blog42.fc2.com/blog-entry-581.html
http://www2.bbweb-arena.com/m-asylum/review2_030.htm
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress