自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2008 年 5 月 25 日

グラディウスVクリアした!

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:11:12


 グラディウスVのVERY EASYをクリアしました! どのあたりがVERY EASYなのか疑問でしたが、8クレジット使ってヴェノムをやっつけましたよ。
 しかし、やはりゲームというのはNORMALで遊んでこそ製作者の意図がわかるもの。NORMALで再チャレンジです。さっきプレイしたところ、12クレジット使っても7面ですよ。

 最終面は「おー!」と思いました。
 しかし、普通の戦闘機にタイムワープ装置を積むとはなんて無茶なストーリーなんだと思いました。敵艦に搭載されていた装置を使うとかのほうが多少は説得力でるよなぁ。
 それでも最後の展開はかっこよかったのでよしとしよう。
 欲をいえば、ラストはヴェノムがゴーレムになって襲ってきてほしかった。僕の中では沙羅曼陀を代表するボスはテトランではなくゴーレムですよ。正直言わせてもらえば、テトランってなんてデザイン的におもしろくなくてつまらん。おまえは一人でくるくる回っとれバカ!って感じです。その点ゴーレムは脳味噌ですよ脳味噌。あの中にいかほどの知識が蓄えられているか想像するだけで興奮します。しかもそんなラスボスの風格をそなえたインテリ野郎が1面で登場しちゃうわけですよ。ゲームがヘタな人でも何度も会うことができ、印象も大きいというわけです。だから今こそゴーレムをラスボスにするべきではないかと僕は思うのです。過去作でも脳味噌むきだしのラスボスはいましたが、ああいう動かないのはだめですよ。ゆっくりと迫ってくる威圧感が大事。
 それにしても実によかったです。4年前のソフトに今ごろ興奮してんじゃねぇボケ!と言う方もいよう。4年前からやりたかったんだよ!! しかしPS2を買うのがなんかめんどくさく、先送りになっていたのであった。こういうゲーム機ってすぐ買わなくてもなくならないし、待てば待つほど新バージョンとかで値下がりするしで、なかなか買うタイミングがつかめないわけですよ。なぜ今になって買ったかというと、なんとなく見たPS2ソフトの棚に遊星からの物体XEpisodeIIが1480円で置いてあり、なんかすぐにでもやりたくなったからです。
 それはともかくグラディウスV。いかにもグラディウスで育った人が作ったゲームという感じでした。これはもう全グラディウスファン絶賛の内容ではあるまいかと思いました。が、たしか発売当時は賛否両論でした。
 僕には非の付けどころがないように思えたんですが、気に入らない人はどこが気に入らなかったんだろう。ストーリーはMSX版を基にしていたりしてマニアも満足という印象なのに。
 僕も横スクロール地形ありのゲームを作りたくなってきました。でも仕掛けを考えるのが大変だなぁ。
 遊星からの物体Xもだいぶ進みました。いっぺんに進めちゃうともったいなので少しずつやるつもりなのに、気付くと没頭してます。
 しかし、これだけおもしろいにあんまり話題になってないなんて……。世の中にはもっとおもしろいゲームが山ほどあるんだろうなぁ。商業ゲームの世界は厳しいよ。
 こういうTPS型のアクションアドベンチャーは激戦区っぽいから、大ヒットさせるにはなにかプラスアルファが必要なんだろう。
参考になったらクリック!!

2件のコメント »

  1. 小島よし…秀夫のゲームはすごいこだわりと遊び心があって好きなんですが、ストーリーの真相をセリフで説明しすぎる欠点がある、と思ってました。
    具体的にはPCエンジン版スナッチャーとポリスノーツなんですが、最近でもそうなのか…。
    世界が絶賛はいいのですが、最近のお子様は気にならないのかなぁ。

    グラディウスVは全ての過去作品の何かしらのフィーチャーが盛り込まれており、かなりのマニアックオーラを放っていて好感が持てます。いまさらグラディウスで初心者対応は無理に違いありません。ファンが作ったグラディウス。それでいてトレジャー色が感じられるところがうまいかも。
    あと、制作者は絶対スタートレック好きだと思う。自由自在なタイムワープなんてそのままです(いや、エピソードIIでもやってたか)。あれだけはいただけません。難しそうなことを簡単そうにやるのは、重みがなくてイヤ。
    しかしわかったようなことを書いている僕はなんとグラディウスVをやったことがありません。攻略ムービーを見ただけ…。
    いかん。

    コメント by JB.ハロルド(43)w — 2008 年 6 月 26 日 @ 19:53:11

  2.  メタルギアソリッド2は妄想じみた超展開をラストで語りすぎでしたが、3はわりとストレートな感じでした。
     3はゲーム的にものすごくよくできていてPS2ソフトの頂点といえるくらいなので、プレイする価値はあります。(僕には合いませんでしたが)
    ただラブロマンスの部分があまりにもチープで泣けました。

     グラディウスVはオプションの固定機能のおかげでかなりプレイしやすくなっています。
     これも横スクロールシューティングとしては後々まで語られるであろう出来なので、プレイして損はないと思います。

    コメント by 坂葉 — 2008 年 6 月 28 日 @ 00:53:31

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress