自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2008 年 7 月 26 日

PS2 戦国無双

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:57:28

 戦国無双の真田幸村と服部半蔵をクリアしました。
 有名作だけあて、すごくよくできてます。ボリュームもたっぷり。
 使用ボタンは多いものの、基本的に攻撃ボタンとチャージボタンで敵を斬りまくればよく、ザコはバタバタ死んでいってくれるのでかなり爽快感があります。
 戦闘エリアには味方キャラもいて、時には救援にいく必要もありリアルタイムシミュレーション的なところもあります。
 基本的には敵ボスを倒すのが終了条件ですが、それ以外にもいろいろとミッションがあり、きちんとこなしていくとプレイ評価が高くなります。

 しかし、真田幸村は基本性能が高いから適当にプレイしても比較的に楽に進めるものの、服部半蔵はリーチが短く最初は苦戦しました。
 名前つきの武将は攻撃力もけっこう高いため、適当に連打しているだけだとあっという間にやられたりもします。
 各ステージをクリアすると能力値が上がり、技能を購入していくことができます。
 だが! ここに大きな問題があるのだった。
 敵を倒すと『勲功値』という経験値のようなものが増えるわけですが、なんとこれが99999になるとそれ以上技能をおぼえられないらしいのです。つまり、ゲームが苦手な人がのんびりとキャラを育てごり押しでクリアするということが出来ない。
 延々と強くなるシステムのほうがゲームの下手な層にも長く遊んでもらえるのではあるまいか。
 もちろん、限られた枠の中で効率よく成長させる楽しみというのもあります。
 ゲームマニアにはそのほうがやりこみ甲斐があるように感じられるかもしれません。
 でも下手な人ほどキャラを成長させられずゲームが難しくなるというのは、やっぱ困る。
 僕もアクションゲームは好きだからこのシステムでもがんばれば全キャラ全ルートクリアできると思うけど、やっぱりできることならちまちま成長させ無敵キャラを作り、殿様プレイをしたいわけですよ。夜光蛾1とか3をやってみれば僕の好みがわかってもらえることでしょう。慣れてからならギスギスのプレイもいいけど、最初はのんびりいきたいわけです。マップ内の敵を全滅させつつ、圧倒的攻撃力で敵ボスを蹴散らしたいのです。
 むしろこのゲーム、成長とか育成要素をなしにしたほうがよかったかも。それなら「こういうアクションゲームか」と思って遊べたかもしれない。限られたリソースで成長させるゲームは、うまく成長させられないと損した気になってしまうのだ。

.
 しかしこれだけの力作を数回プレイしただけでしまってしまうのはもったいない。ならもっとやりこめよと思う方もいよう。題材に興味ないからそこまでする気にもなれないんだよなぁ……。史実に基づいた武将物というのはどうも魅力を感じない。
 やっぱゲームにしてもCDにしても中古で買うのはだめだね。軽く扱ってしまう。製作者にお金が入らないというのもあるけど、それ以前に自分のためにならない。さほど気に入らなかった場合、表面的な部分だけみて判断するようになるから、感性が鈍るわけですよ。
 とりあえず攻略サイト見て全キャラクリアはしておこうかなぁ。
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress