自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 1 月 1 日

PS2 ゴッドオブウォー

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 23:47:12


 ギリシャ神話を題材にした3Dアクションゲームです。
 パズル要素もかなり入っています。
 
 ギリシャ神話はまったく興味なかったので、いやはっきり言えば好きではないので敬遠していたのですが、ものすごい迫力のデカキャラ戦があるということで購入しました。
 これも非常に安いベスト版が出ています、新品でも2000円以下です。
 結論から言うと、これはすごいです。やらねば損。アクション好きでやってない人は今すぐネット通販で注文するべきだといえよう。
 脳まで筋繊維が詰まってるような男クレイトスが主人公です。彼にはなにがなんでも果たさねばならない目的があり、正義も悪も知ったこっちゃないという感じで突き進んでいきます。役に立たない邪魔な奴は善人だろうが悪人だろうがぶち殺します。これはすごい。熱い。
 デビルメイクライ型のコンボアクションです。アナログスティックで操作し、弱攻撃・強攻撃・ジャンプ・投げ・回避・突進・魔法、などを使って進みます。正直使うボタン多すぎです。しかもボタンの組み合わせなどにより多彩な技が出せます。ゲームを進めていくと技がどんどん増えます。とても使いこなせないほど増えます。
 多けりゃいいってもんじゃないだろと言いたくなりますが、それもまたよし。
 操作性自体はなかなかいいです。
 このゲームの売り?はCSアタックというやつです。敵にある程度ダメージを与えたあと投げボタンを押すとCSアタックがはじまります。画面にボタンアイコンが現れ、そのとおりに押していくと強力な技が出ます。失敗するとダメージを受けます。僕と同世代のおっさんならLDゲームを知っていることでしょう。ヤマトとかタイムギャルとかのあれです。あんな感じのボタン早押しモードになるわけですよ。正直CSアタックなんて名前をつけるほどたいしたもんじゃないですが、まぁ、それもいいだろう。しかしボタンのタイミングがシビアすぎて、敵によっては普通に倒したほうがましだったりします。特に巨人。
 なかなか残虐なトドメ攻撃になったりして最初のうちはおもしろいです。でもすぐに飽きます。普通に倒すかCSアタックで倒すかによって得られるアイテム(回復や経験値)がかわるため、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

.
 グラフィックはかなりすごいです。静止画で見ればデビルメイクライのほうが綺麗かな……と思うところも多いものの、こっちはダイナミックに動いたりします。背景の作りこみもしっかりしている。
 屋内、街中、砂漠、洞窟、船、水路、地獄など場面もいろいろでプレイしていて飽きないです。砂漠をさまようところが特に印象的でした。

.
 しかしとにかく難しい。海外製だけあってとんでもない難度です。Normalでも、日本のゲームのHardと思って差し支えない。
 新しいエリアにいくとものすごく強いボスが現れ、これを瀕死の状態になって倒すと今度は同じボスが2匹3匹とのしのし歩いてくるわけですよ。実は苦労して倒した強敵はボスでもなんでもなくてただのザコだったわけです。この絶望感ったらない。しかも次の場面になるとこの強敵がうじゃうじゃわいたりするのですよ。
 さらに体力回復地点というものがなく回復アイテムの出る量も限られているため、少しずつ進んでは回復ポイントに戻るという慎重作戦もできません。
 この難易度たるや半端ではなく、アクションゲームをやりなれていない人にはクリア不可能といってもいいくらいです。もちろんこれはNormalの話で、Easyならアクションが苦手でもなんとかなります。戦闘の部分は。
 そう、戦闘部分はなんとかなるけど、トラップ関係はなんとかならないのですよ。
 落下一撃死がふんだんにあり、これだけでも相当難しいのに地形関係のトラップは難易度に関係なく殺しにかかってきます。もう大変なことになってます。梁、柱のぼり、柱渡りの三ヶ所は特に凶悪。
 というわけで最低限のアクションゲームの技術は必要になってます。万人向けのゲームとはいえないかも……。
 10回20回のリトライはあたりまえなので根気がない人は投げ出すことになるかもしれません。
 死んだときはすぐ手前から再開できるのがせめてもの救済措置でしょうか。
 戦闘では敵のガードが固く攻撃を当ててもほとんどひるまない(敵の攻撃モーションがリセットされない)ので接近戦は危険です。多段ヒットする技が山ほどあるけどあまり役に立ちません。テクニック次第でコンボをうまく当てていくこともできるのかもしれませんが、たぶん相当修練が必要です。回避を的確に使っていけばかっこよく戦えるような気も……。
 というわけで普通の人はまともに戦ってたら歯が立たないので、遠めの間合いから判定と威力の強い攻撃を当てていく戦法を取ることになります。
 ジャンプ系の連続攻撃はなるべく避け常に地上にいるようにし、敵が振りかぶったらすぐに緊急回避です。
 細い通路や段差など敵が侵入できないところを有効に使い、安全地帯からリーチの長い技で攻撃するといいです。
 打ち上げ技が効く敵は打ち上げて空中コンボを決めるといいんだけど、複数の敵が出ているときは着地後タコ殴りにあったりするので、どうもこれといった攻略法がわからない。結局遠めの間合いからふっとばし攻撃を連発するのが一番安全ということになります。うまい人はどうやってるんだろ。
 Easyなら中盤までは適当に暴れるだけで進めます。犬が出るあたりからある程度考えていかないときつくなります。

.
 パズル的要素もあります。
 基本的にブロックを押したり引いたりして解くようになっているので、じっくり考えればわかるものばかりです。
 といいつつ僕は仕掛けを使って巨大ボウガンの向きを変えるところで相当悩みました。仕掛けとボウガンがけっこう離れてるから関係なさそうに見えたんだよな……。
 あとブロックを蹴り飛ばす技がけっこう重要です。これに気づかず苦労した場面が何ヶ所かありました。
 気付かないまま製作者が意図しなかったであろう方法で強引にクリアしたところもありました。(回転扉のところ。ダッシュ攻撃を駆使して飛び込んだ)

.
 お楽しみのデカキャラですが……一匹目のヒドラはすごい。かなりすごいです。実は最初左右のヘビの倒し方がわからず延々と戦ってました。工夫して倒さねばならないのだった。ボス本体はCSアタックを使った大迫力の対決です。まさに息を飲む激戦。これは後々のボスへの期待が高まりますよ。
 二匹目のミノタウロスもでかくてすごかった。やはりボスは巨大でなくては。
 そして三匹目は……ラスボス!? そう、ボスが三匹しかいないのでした……。これは期待していただけに残念。特に開始早々出てくるヒドラがすごかっただけに、こんなのが次々出てくるんだろうなぁと期待してしまいました。
 しかもラスボスはでかいんだけどでかくないんだよな……。

.
 ゲーム中にバックグラウンドでデータを読み込んでいるそうで、ロード待ちでわずらわされることはありません。これは地味にすごいです。ただ、ムービーに入るとき音声のロードが間に合わないのか最初のうちは声なしになってしまう場合があります。ストーリーに関わるメッセージを聞けないのはひどい。

.
 クリアタイムは初プレイNormalで13時間、二回目Easyで8時間でした。少なそうに見えますがかなりボリュームがあります。リトライの回数がとんでもなく多いので、実質的なプレイ時間は初プレイで20時間以上になると思います。たぶんクリアまでに一週間はかかるでしょう。一度のプレイがかなり疲れるため、一日一時間でもおなかいっぱいになります。
 二回目のプレイ(この感想文を書くために最近プレイした)でも、攻略はすべてわかっているのに五日かかりました。
 とこのように大ボリュームなんですが、初回プレイは夢中になったものの二回目は少々きつかったです。ゲーム自体はよくできているのに再プレイがいまいちというのはどうしたもんでしょうか。とにかくプレイすると疲労する。やはりアクションとしてみるとクリアに8時間というのが厳しいのかもしれない。
 クリア後にはミニゲームというかミニミッションが追加され、それをクリアするとコスチュームチェンジができるようです。衣装が変わるだけでなく能力も変わるらしいです。
 Hard、Godといったさらに難しいランクもありますが、Normalでもしゃれにならないくらい難しかったので挑戦する気がまったくおきません。
 なんか文句ばかり言ってる気がします。
 いやほんとはすごいんだよ。アクション好きなら必携のソフトです。しかし、出来がよいだけに理不尽な難度のため爽快に遊べないことが気になってしまう。
 とにかくPS2でアクションといったらまずこいつをおすすめです。

.
 10点満点で評価すると、
・おすすめ度  7点  ラスト近くの地形トラップがかなりきつくアクションが苦手な人は歯が立たないかもしれない。
・個人的評価  9点  最初のボスで期待値が猛烈に上昇しただけに、その後ボスが少ないのは残念でした。あとNormalでも難しすぎた。
 です。
参考になったらクリック!!

2件のコメント »

  1. 僕は、PS2最強のアクションゲームだと思っているので
    坂葉さんが同じようにクリアしたのは嬉しいですね。

    なんだかんだとプレイしているうちに
    ゴッド・オブ・ウォーは、超品薄・値段高騰を経て
    再販・ベスト発売・『2』の発売・PSP版(別ストーリー)と
    ドンドン名を上げていってます。

    『2』もしょっぱなから凄そうなんだけど、未プレイです。
    なんだかすぐお腹いっぱいになるゲームなので
    凄いのに、たしかに次に手が伸びないところがありますね。

    コメント by Y本 — 2009 年 1 月 2 日 @ 13:50:37

  2.  これは確かにPS2トップクラスの作品です。
     ただコンボゲームに慣れていないと中盤からゲームにならないというくらいの難易度で、普通の人に薦めるには厳しいかも……と思いました。
     2はボスもいっぱいいるそうなので、未クリアのゲームを片付けたら挑戦してみるつもりです。

    コメント by 坂葉 — 2009 年 1 月 2 日 @ 23:32:21

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress