自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 3 月 1 日

PS2 ICO

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 21:21:35


 女の子の手を引いて巨大な城の中を駆け回るアクションパズルゲームです。
 パズルといってもブロックを押したり引いたりして解くものなのでさほど難しくはありません。
 ICOやヨルダの仕草に萌えたり城の美しいグラフィックを堪能したりするのがゲームの中心です。
 だいぶ前に買い、もう何度かクリアしています。
 
 パズル自体は難しくないと書きましたが、アクションを起こすための位置がシビアなところも多いためところどころ詰まります。
 しかし主人公のとれる行動が少ないのでじっくり考えていけばどの謎も解けると思います。
 ゲームを進めていくと時々影のような敵が現れヨルダをさらっていこうとします。主人公がやられることはありませんがヨルダが影の巣に引きずり込まれるとゲームオーバーです。
 戦闘自体の難易度は高くないので、「やばい! ヨルダがさらわれちゃう!」という演出的なものとなっています。

.
 ヒロインのヨルダがかわいいです。主人公は13歳の少年ですが、ヨルダはもう何歳か上で頭ひとつぶん背が高い。お姉さんですよ。年上萌えの人はこの時点で勃起。そして病弱っぽいというか薄幸っぽいです。この時点で射精してしまうものもいるだろう。
 手つなぎボタンというのがあり、これでヨルダと手を繋いで移動できます。これはもういかな堅物といえど精液ダダ漏れだ。
 主人公は遊び盛りのわんぱく少年なので、走るときには女の子のことなんて気にせずに乱暴に手を引っ張るわけですよ。するとヨルダはガクンガクンと引っ張られていく。コントローラの振動機能でじっさいにガクンガクンという手ごたえがあります。これがいい。心優しい人はここで走らずに歩くことだろう。しかしオレは走る。わんぱく少年になりきるわけですよ。

.
 キャラは異国の言葉をしゃべるためストーリーの詳細はよくわかりません。でもまぁだいたい雰囲気で想像つきます。一度クリアすると字幕モードになりストーリーの全貌が明らかになります。とは言ってもそんな大それた秘密があるわけではないので、ちょっとしたおまけのようなものです。
 ラストでわかる「影」の正体は「あー!」という感じでした。まぁこれはプレイしてるうちに薄々気付くでしょう。
 ラストの展開も「ああーっ!」という感じでした。
 そしてエンディングで「えー!?」となりました。まぁ、これもアリだろう。
 スイカのエンディングも見ました。僕もスイカを食べたいと思いました。

.
 初回プレイで10数時間でクリアできると思います。二回目からは5時間くらいでしょうか。
 はっきり言ってボリュームは少ないので、ガチガチのゲーム野郎には物足りないかもしれません。またいわゆるお膳立てされた「やりこみ」もないです。ネットで感想を調べてたらやりこみ要素がないのでダメみたいなことを言ってる人がいて「あーあ」と思いました。
 僕はたいそう気に入ったのでもう四回クリアしました。また数ヶ月たったらプレイしようと思います。

.
 ひとつ気になったのは、フレームレートが低いことです。一度に登場するキャラも少なくそれほど処理は重そうに見えないのに、どうしてこんなに動きが荒いんだろう。

.
 こんな感じで超おすすめなんですが入手困難です。新品では買えません。なんでもソースコードを公開することを条件としたライブラリをこっそりと使っていて、それがバレたため生産終了になってしまったそうです。このような傑作がもったいない……。
 中古で5000円くらいするそうです。(amazonでは現時点で3600円となっています) 僕は運良く1500円で買えました。
 10点満点で評価すると、
・おすすめ度  8点  すごくおすすめなだけど物足りないという人の気持ちもわかる。
・個人的評価 10点  よかった。
 です。
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress