自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 3 月 8 日

PS2 スプリンターセル パンドラトゥモロー


 メタルギアソリッドシリーズのような潜入ゲームです。
 このゲームならではの特徴として「暗闇に潜む」ことが挙げられます。
 現在主人公にどれくらい光が当たっているかの暗闇度メータがあり、これが真っ暗状態だと敵キャラと接触しない限り気付かれません。

 照明を壊していけば暗闇=安全地帯がどんどん増えます。これにより、周囲を気にし過ぎなくても割と楽に移動ができます。
 そのかわりミッションによっては敵や一般人に発見されるだけでゲームオーバーになったりもします。
 これはちょっと厳しい気がするものの、潜入ゲームとしてはある意味正しいともいえます。
 じっくり敵の動きを観察すれば必ず隙が見つかるため、下手な人でもごり押しプレイをせずに進めるわけです。
 敵や一般人を排除するためには射殺と気絶の二つの方法があります。肘打ちか羽交い絞めで気絶させることができ、気絶した相手は他の敵兵に発見されない限り起き上がりません。暗闇に隠しておけば見つからないので実質死亡状態と同じです。
 最初は難易度高いゲームに思えるものの、暗闇から忍び寄り片っ端から気絶させていけばけっこう簡単です。気絶させまくりプレイなら難易度ハードもノーマルもたいして変わらないと思います。
 ちなみに一般人を射殺するとゲームオーバーです。

.
 各マップは基本的に一本道になっています。しかしクリアのためのルートや手段はいろいろと用意されています。エンディングだけを目的にプレイすると「製作側の用意した遊び方しかできない」と思うかもしれませんが、かっこよく潜入しようと思えばさまざまな遊び方ができます。(検索で感想を見てみると一本道過ぎてつまらないという人がかなりいるわけですよ)
 一見正解ルートがひとつに見える場合でも、実は意外なところから進めたりします。
 各マップは細かくチェックポイントで区切られているため、潜入ものが苦手な人でも少しずつ進んでいけます。むしろ潜入ものが苦手な人にこそやってもらいたいですよ。メタルギアソリッドシリーズはよくも悪くもイージーモードが充実しているので、苦手な人はマシンガンを持って突撃するコマンドーになってしまいがちです。それは非常にもったいない。実はそういうことをしたくなる難所ほど、潜入ゲームのおもしろい部分なのですよ。しかしこのゲームなら誰でもかくれんぼ気分で潜入を楽しめるわけです。
 僕は最初こそ気絶させまくりでプレイしていましたが「いや潜入工作員が敵兵と接触したり一般人を肘鉄でぶっ倒したらだめだろう」と思い直し極力敵や一般人とは接触しないようにしました。
 そして、「発砲して照明を壊すのも真のスパイではない!」と思い、銃の使用も封印しました。
 するとすげえむずかしい。しかしそれがおもしろいのである。 誰にも見つからず警報も鳴らさずダメージも受けず銃も使わないのが、潜入工作員のあるべき姿なのですよ!
 何ヶ所か強制戦闘があるのが残念でしたが、大半のマップではひたすら闇にまぎれて進むことができます。まぁこのあたり日本の会社が作っていれば警報ゼロ発砲ゼロ気絶ゼロ殺害ゼロを達成できるようになっていたでしょう。少々惜しいところでした。
 ちょっと嫌だったのは最後のミッションでテロリストを殺さねばならなかったことです。気絶させて無力化した相手も頭に鉛玉を撃ち込んでとどめを刺す必要があります。これはゲームといえどもいやな感じだった。いや普通に戦って撃ち殺すのはいいんですよ。しかし気絶した相手にとどめをさすのはどうも……。

.
 グラフィックは……静止画ならいいです。モデリング等はしっかりしています。しかし、動いてるところを見るとかなりガッカリと言わねばならない。とにかくフレーム落ちします。水面があるところは特にひどいです。しかも導入部の最初のマップがガクガクにフレーム落ちするので掴みは最悪です。他の場面ではそれほど気にならないんですが、最初の印象が悪すぎるせいでネットでは酷評の嵐です。
 このあたりAREA-51はすごかった。処理落ちもフレーム落ちもなく美麗グラフィックがスルスル動いていました。
 また、基本的に暗闇を進むゲームなので暗い場面ばかりです。暗いところでは暗視ゴーグルを使えばよく見えるんですが、これだと白黒だしノイズ交じりです。雰囲気は出てるもののちょっと絵的には残念です。

.
 操作性はいいです。
 左スティックで2D移動、右スティックで視点移動となっています。僕はこの方式がすごく苦手でMGS3はまともにプレイできなかったんですが、なぜかこのゲームは問題なく遊べました。
 右スティックの視点がキャラの視界と対応してるからかもしれません。視点移動してもグラフィック上ではキャラの向きはかわらないものの武器を構えればすぐにそちらの方向を向くので、FPSの操作と同じ感じです。
 ボタンはたくさん使いますが、すぐに慣れると思います。

.
 ストーリーは正直しょぼいです。いやリアリティはありますよ(たぶん)。しかしドラマがない。いろいろキャラは出てきて裏切りとかもあるんですが、個性もくそもなくほんとにただ出てくるだけという感じなのでまったく盛り上がりません。主人公のジョークらしきものもいまいち外し気味です。
 これほどトホホなのに、トムクランシー(有名な小説家)監修を売り文句にしてるわけです。トムクランシーの小説って読んだことないけどこんなにつまらないんだろうか。
 展開的にちっとも盛り上がらないのも残念でした。このあたりメタルギアシリーズはすごいですよ。いかにも「クライマックスだ!」という感じで楽しませてくれました。
 エンディングも「なにこれ?」というレベル。次のミッションがはじまるのをしばらく待ってしまいましたよ。
 僕と同年代のおっさんは「日本のゲームはムービーばかり!」と最近のゲームを批判しますが、やはりドラマを盛り上げるためのムービー(イベントシーン)はほしいと思いました。

.
 あとクリア後の結果表示も寂しい限りです。というかなにもない。
 各ミッションの最後に警報や殺害の数、プレイタイムが表示されデータを保存できます。
 しかし最後のミッションだけは結果が表示されないのですよ!
 エンディングの後製作会社名が表示されておしまいです。ボタンを押すとタイトルに戻ってしまいます。
 なんじゃそりゃ。
 総合結果はいいからミッションの結果くらいは出してくれよ……。
 なんでこんなことになっているのかまったく理解できない。それなりの規模の人気作品なのにどうしてこういうミスがあるんだろう。
 これのせいで俗に言う「やりこみ」の意欲がゴッソリと削がれます。

.
 しかしまあゲームとしては最高におもしろかったですよ。
 メタルギアよりはSIRENに近いゲーム性に感じました。
 初代スプリンターセル感想。

.
・おすすめ度  7点  それなりにむずかしいのと、フレーム落ちのひどさでおすすめ度が落ちます。
・個人的評価 10点  欠点はあるものの大満足でした。
参考になったらクリック!!

.
 あと各ミッションの結果を記しておきます。

大使館
警報 0
時間 00:18:00
ピストル 0
20k 0
殺害 0
気絶 2
ノイズ比率 238.42
明度比率 366.92
気絶 焚き火を見ている男
気絶 ダグラスを拷問している男
 
ソーニエ研究所(パリ)
警報 0
時間 00:27:13
ピストル 0
20k 5
殺害 0
気絶 2
ノイズ比率 358.79
明度比率 386.08
気絶 コンピュータを壊している男
気絶 コンピュータを壊している男
20k 列車内のランプ
20k 焚き火前のランプ
20k 水バルブ
20k 扉爆破のところのバルブ
 
ヒスパニア鉄道(フランス)
警報 0
時間 00:11:19
ピストル 0
20k 0
殺害 0
気絶 0
ノイズ比率 44.72
明度比率 315.14
 
マーケット(エルサレム)
警報 0
時間 00:39:06
ピストル 0
20k 0
殺害 0
気絶 2
ノイズ比率 385.65
明度比率 581.88
気絶 武器商人のところ
気絶 武器商人のところ
 
クンダンキャンプ(インドネシア)
警報 0
時間 00:47:01
ピストル 0
20k 2
殺害 1
気絶 1
ノイズ比率 422.92
明度比率 680.01
20k
20k 兵士×2、タレットのところ
気絶 やぐらの兵士
殺害 ラストの援護
 
港(インドネシア)
警報 0
時間 00:18:29
ピストル 0
20k 2
殺害 2
気絶 2
ノイズ比率 174.67
明度比率 284.99
気絶 潜水艦オペレータ
気絶 大佐
殺害・20k 脱出時
殺害・20k 脱出時
 
テレビ局(ジャカルタ)
警報 0
時間 00:29:59
ピストル 0
20k 0
殺害 0
気絶 1
ノイズ比率 240.78
明度比率 313.88
気絶 イングリッドを捕まえた男
 
空港(結果が出ないので自分でメモしたデータ)
警報 0
ピストル 0
20k 12
殺害 8
気絶 0
殺害・20k 駐車場のテロリスト
殺害・20k いい投げ縄を持ってるテロリスト
殺害・20k 新人テロリスト
殺害・20k 二階キャットウォークのテロリスト
20k コンベア室を出るところ
殺害・20k 電話を取らないテロリスト
20k エレベータ非常口
20k ダクト
20k ダクト
殺害・20k テロリスト
殺害・20k テロリスト
殺害・20k ソス

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress