自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 5 月 11 日

同人ゲームの話 2

Filed under: オレの主張!,ゲーム製作 — タグ: — 坂葉 @ 22:01:43

2 同人ゲームの将来
 さて、僕が同人ゲームの将来にどういう意見というか希望を持っているかを今回は書くことにしましょう。
 結論から言うと、立派な研究会を開いて欧米はこうだとか商業がどうだとか言うよりももっと流通の自由度を大きくしてほしい!
 前回の記事のとおり僕はエロCG集のDL販売から同人の世界に入りました。
 DL販売って一般同人ゲームの人からはあまり重視されていないようだけど、これはものすごい可能性を秘めていますよ。
 音楽著作権や漫画家の原稿料の話題のときに「アーティストに直接お金を払いたい」みたいなことが言われたりします。DL販売はこれをかなり高いレベルで実現しているのです。DL販売サイトの取り分は3?4割で、ショップ委託の手数料と同じか少し高いくらいです。しかし在庫リスクがなく登録の手間もほとんどかかりません。品切れもなく半永久的に販売してくれます。欲しい人は欲しいと思ったときに入手できるのです。
 そういう場に、音楽でもゲームでもまんがでも、なんでも登録できます。しかもDLsiteには海外用のサイトもあるため、海外のユーザーでも購入できるのですよ。

.
 なぜDL販売がオフライン中心で活動していたサークルに重視されていないのかというと、それは全然売れないからでしょう。現在一般向け同人ゲームはほんとに売れません。悲しいほど売れません。オフの超大物でさえDLの中堅サークルに勝てなかったりします。一般だけではなくエロでも、かつてマニア界で有名だった漫画家がみじめなDL数を晒していたりもします。
 ネームバリューが通用しない世界なのですよ。だからオフで長いことやっていた古参の同人作家はDL販売を試してみてあまりの売れなさに愕然とするわけです。
 現物が手に入らないのがイヤだという人も多いです。それはもともと同人ゲームというのが現物ありきだったからでしょう。
 オフ中心でやっていたサークルもオフ中心で買っていたユーザーも、パッケージのやりとりをしてこその同人だと思っているため、DLを敬遠するのだと思います。
 実は僕も現物が欲しいタイプです。特に音楽はCDで買わないと気がすまない。アルバム単位で買うのが当たり前と思ってるので、一曲ずつDL購入とか信じられません。メタルファンは特にこういう人が多いような気がします
 しかしそういう僕でさえ買ったCDはすべてMP3にエンコードしてパソコンで聴いています。
 最近の若者は「音楽はダウンロードでじゅうぶん」と思ってる人もけっこういると思います。
 ゲームなんかはHDDインストール・WEBアップデートも当たり前になるだろうから、音楽よりもDLに抵抗感がなくなるのではないでしょうか。
 PC用の実用ソフトはすでにDL販売のものも多いです。(しかし高くてもパッケージ版を買ってしまうのが悲しい)
「DL販売では一般ゲームが売れない」とか「パッケージがないとイヤだ」というのは、今後世代交代が進むにつれ徐々に薄れていくんじゃないかなぁと思っています。

.
 つまり、欧米がどうの商業がどうのと言う前に、将来の道はもう開けているわけですよ。製作者とユーザーは限りなく直結に近い形で繋がっているのです。
 ここで変に欧米ではこうやってるとか同人を商業に引き上げるなんてことをやってたりすると、またややこしい迂回ルートを取るだけに思えます。
 その商業側としても製作の手間を省くために、同人ゲームをほぼそのまま商業ルートで流す代行販売などに乗り出すようになると思います。
 むしろそういう代行会社のほうが同人作家に群がり「ウチで出させてくださいよ?」と頭を下げてくるかもしれない。
 ゲーム界の未来を云々と言ってる人たちより、こういった「楽して儲けよう」と思ってる山師のほうが個人製作者の助けになるんじゃないかなぁと思ってます。
 同人を商業にランクアップとか言って全面的に作り直すのは無駄手間をかけてるだけです。そういう手間の中で関係ない人が利益を引き抜いていく。もともとの製作者がないがしろにされることもあるかもしれません。

.
 今足りないのはDL販売の顧客数ではあるまいか。
 かつてパソコン通信は日陰の存在でしたが、前世紀末あたりから一気にインターネットが世界の常識になりました。
 DL販売もかつてのパソコン通信のようなあと一歩のところにいると思うのです。
 そして、このなんでもあり的な同人世界が今後十年二十年、五十年百年と続いていくことが重要です。どういう経緯を辿っても五十年経てば作者とユーザーは直結してるようにも思います。代行業を通さずに完全に個人間の取引で流通させられるかもしれない。
 だからそのときまでに日本の社会が現状維持で進むようえらい人にがんばってもらいましょう。
「将来は高齢化社会なので現状維持は云々……」と言いたい人もいるかもしれない。そこはほら、僕たちが現役でゲームを作り海外の個人ユーザーたちから金を吸い上げるわけですよ。老人が外貨を稼ぐ時代です。
「このワシ極東の口先男爵こと坂葉晴雄、まだまだ若者の世話にはならんワイ!」とかブログで吠えたりするわけです。その頃になると僕も老害扱いされていて「夜光蛾37」とかは「もう5回目の焼き直しかよ……」と呆れられるが意外にも十代の若者にヒット、齢九十にしていよいよ僕の時代が到来かと思うものの、五十数年前の痛い発言が掘り起こされ(つまりこのテキスト)一気にバッシングがはじまり齢九十にしてブログ炎上初体験、顔を真っ赤にしてコメントで自作自演し、ボケはじめていた頭も再び回転をはじめ、夜光蛾38に向けて製作を開始するというわけですよ。
 まぁこの意味では欧米の様子をチェックし彼らにはできないことを模索する必要がある。萌えもエロも守り続け磨き上げねばならぬ貴重な財産だ。
 なのでちょっと前にあった同人ソフト作者の会合のように「若い人に期待して自分達は引退」などと言っていてはいけない。あんたらが先頭に立たずして誰が今後の超高齢化社会を支えるんだよ! 来るべき全地球規模の同人ゲーム時代に、誰が外来種の同人ゲームと戦うのだ! 今三十代の同人ゲーム作家は、日本の将来を左右する重大な使命を帯びているのである。こんな使命があったなんて僕も今の今まで気付かなかった……。
 これらの話を世迷言と思う人もいるだろう。プログラマは三十五で定年なんだよ!とどこかで聞きかじった知識をしたり顔で語る者もいるだろう。
 ちがうね!!
 ヘヴィメタルの世界にジューダスプリーストというバンドがある。こいつらはメタルの元祖と言ってもいいのに、未だに現役最前線でやっているのだ! かつては過激な若者の象徴だった音楽を、60歳近い今でも昔と同じようにやってるんだぜ! 鋲だらけの革ジャン着てバイクに乗ってさー。
 別のメタルミュージシャンだと、ロニージェイムスディオなんて六十五歳越えてるんだぜ!! ポールマッカートニーやミックジャガーとほぼ同い年の人が今でもメタルアルバムをばんばん出してライブもやりまくっているというから恐れ入る。
 メタルに定年はないのである。そして同人ゲームにも定年はないと言えよう。少なくともまだ試したやつはいないのだ。ゲーム製作なんて技術的敷居が年々下がる一方なんだから、メタルよりは楽なのではないか。

.
 いやまぁこういうのは全部僕の「こうなったらいいな」という都合のいい妄想です。分析力のするどい人は「オメーの考えは糖尿病少女の尿のように甘すぎるわボケ美少女の糖尿ならオレが全部飲んでやるわこのカスがぁ!甘酸っぱくておいちぃ?い!」と言いたくなるかもしれません。
 しかし! それでも三河の妄想戦士ことこのオレ坂葉晴雄は、国産同人ゲームが世界流通し地球を席巻する未来を夢見るのである。それはもう美少女の尿のように甘いドリームワールドです。言わば美尿女世界。
 僕がエロでやってるのもこの遠大な計画の一環ですよ。DLサイトはエロしか売れないなら、エロくておもしろいゲームを出せば客をごっそり入手できるではありませんか。それでどこかのサークルが「うちもエロくておもしろいゲーム作ってがっぽがっぽ儲けてやるぜ!」と思ってくれればしめたもの。夢の美尿女世界への一歩です。
 いやまぁ僕がエロでやってるのは猥雑で下品なのが好きだというのが大きいんですが。
 しかし悲しいことに僕は絵がうまくないのでエロで客を釣ることができない。
 だけどそこをなんとかしようと知恵を絞ったり技術を磨いたりするのが、前回書いた金儲け目的の同人道でもあるわけです。
 やはりすごいサークルや尊敬すべきサークルは絵がうまい。企画力もすごい。緻密な分析、磨かれた技術、そして滲み出る悶念が人気を生み出しているのですよ。
 そしてこれは一般向け作品でも同じことが言える。分析力、技術力、悶念さえあればどこまでも行ける。
 これがあれば、オレたちはまだ五十年は戦えるんだぜ!
参考になったらクリック!!

4件のコメント »

  1. こちらでははじめましてw
    坂葉さんがいいこと言ったー!
    という訳でコメント残しておきます(^q^)
    実は私の周りでも「同人ソフト界の未来」とやらにはあれこれ意見が飛び交ってますが、坂葉さんの意見が一番胸にキュンときました。
    DLサイトはどんな人にでも平等にチャンスがあるという点では一番素晴らしい土俵だと思います。

    コメント by ももえり — 2009 年 5 月 19 日 @ 22:51:54

  2.  今いちばんかしこいやり方は、DLをメインにしてオフで出稼ぎみたいなスタイルのような気がします。
     まぁ先のことをいろいろ言うよりとにかく作品を発表するのが、自分にとっても同人界にとっても将来のためになると思いますよ。
     僕ももりもりと作業を続けなくては……。

    コメント by 坂葉 — 2009 年 5 月 20 日 @ 20:43:10

  3. はじめまして、18禁サークルのぱふぱふ堂のメガと申します。自分のサークルはアニメーション、漫画、CG集で巨乳フェラ系です。
    俺の主張感動しました。
    自分もそう思います、一生懸命作成して、利益を得る喜び。。
    感動です!!!
    自分は昔一作作ったのですが、売れなくてしばらくやっていませんでした、しかしまた初めて今度こそって気持になったら画力もあがってきました。
    今まで書いたのは適当な絵だったんだなって実感します。
    次こそは良いアニメーションを作って必ずや1000越えのダウンロードをしたい!って考えています。

    ネットには未来があります、だからDL販売には大きな未来がありますよね!!
    こちらもしばらくしたらブログを作りますので、ぜひ相互リンクしていただけると幸いです。

    コメント by ぱふぱふ堂 メガ — 2009 年 8 月 20 日 @ 22:21:04

  4.  アニメーションは難しそうですね。
     手間がかなりかかりそうです。
     最初のうちはCG集を何作か出してサークルの下地を固めておくといいかもです。

     僕はしばらくゲームばかり作ってましたが、またそろそろ18禁をやろうかと思ってますよ。

    コメント by 坂葉 — 2009 年 8 月 22 日 @ 00:13:51

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress