自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 6 月 28 日

PS2 GTA バイスシティ

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 22:53:57


 もうだいぶ前の話ですがグランドセフトオートバイスシティをクリアしました。
 有名なゲームだけど内容は全然知らないという人もいるかもしれないので(例えば購入前の僕とか)どういうゲームか紹介しておきます。

 基本的には、架空の街を舞台にいろんな乗り物を操ってあちこちおつかいするゲームです。
 車やバイクを筆頭に、戦車、ボート、ヘリ、水上飛行機、救急車、消防車など様々な乗り物が登場します。もちろん徒歩でも移動できます。
 これらの乗り物は街中を走っていたり特定の施設に置いてあったりします。乗り物のそばでボタンを押すだけで乗ることができます。運転手がいても引きずりおろして奪うことができます。
 敵や警察のの銃撃で車が壊れても、そのへんを走ってる車を強奪していくらでも乗り継ぐことができます。
 また、車種によって性能が違うので、速い車を見つけたら乗り換えるのも有効です。
 ヘリやボートは操作性にかなり癖があります。ボートのミッションはかなり難しく、人によってはクリアできないかもしれません。

.
 ギャングの縄張り争いを題材としたゲームなので銃器での戦闘もあります。
 拳銃などは自動的にロックオンしてくれますが、マシンガンや狙撃銃はFPS式の操作で照準を合わせる必要があります。そしてこれが非常にむずかしい。
 狙撃系のミッションはかなりきついです。僕はディアス護衛のミッションで投げ出しかけました。アナログスティックで照準を合わせる操作が苦手な人にはきびしいです。こういうミッションでは敵の出る位置が決まっているので、配置をおぼえて先読み攻撃をすればなんとかクリアできるかもしれません。

.
 町の中ではNPCがうようよ動き回っています。殺しまくってもペナルティはないので殺人鬼になることもできます。ただ、警察に見つかると「手配レベル」があがっていき、そのうちFBIやSWATがものすごい攻撃をかけてきます。
 手配レベルはレベル1なら放っておいても消えますが、レベル2以上だと塗装屋で車の色を塗り替えないと消えません。車を乗り換えてもだめです。塗装が手配消去のフラグになっています。
 手配レベルが4くらいになるとえらい勢いで攻撃を受け、5ともなったらまともに活動するのは困難です。
 また、この町には交通ルールがありません。逆走しようが信号無視しようが手配レベルはあがりません。人をはねても警察に見られなければ大丈夫です。

.
 マップは大きく分けて2つの島に分かれています。島を行き来するときにロードが入ります。一つの島がけっこうなサイズなので、徒歩で探検するとかなり時間がかかります。
 建物に入るときもロードがあります。
 町に住むさまざまな人から「ミッション」を受ける形でゲームが進んでいきます。クリアに関係のないミッションも山ほどあります。また、ミッションとは関係なく車を使ったスタントで遊んだり、犯罪者をつかまえたり、ぼーっと街中を走り回ったりして遊ぶことも出来ます。
 隠しアイテムを見つける探索要素もあります。あんなところにもこんなところにも行けるので、探索好きには楽しいと思います。

.
 概要はこんな感じです。
 世界中で騒がれただけあってほんとにすごい作品です。

.
 しかし、難易度が高い。
 PS2を購入後いくつか洋ゲーもやりましたが、その中でも飛びぬけて難しいです。
 ミッションを失敗するとミッションを受けるところからやりなおさないといけないため、リトライ性が非常に悪いです。主人公のアジトから依頼者のところに行くだけで2?3分かかったりするのですよ。これが難易度を高く感じる主な原因のように思います。
 ミッションが何段階かに分かれていることも多く、難所をクリアしたあとにまた難所ということが多々あります。
 ミッションの途中にリトライポイントがあればずいぶん遊びやすくなると思いました。
 僕は一応エンディングまで見たもののクリアしていないミッションもけっこう残っています。
 リトライのめんどくささがなければ全部コンプリートを狙ったのですが、ちょっとやる気がおきませんでした。

.
 ターゲットを殺害するミッションでは、銃撃して車ごと爆発させたり、車をぶつけて破壊したり、待ち構えてロケットランチャーを撃ちこんだり好きな方法でクリアすることができます。
 ……が、難しいミッションほどクリア方法が限られてくるので、自由度が高いように見えてそれほどでもないという感じでした。
 このゲームでよく言われる「自由度の高さ」はミッション外の部分で遊べるところが大きいように思います。

.
 グラフィックは正直荒いです。しかしマップの広さを考えるとそれも仕方ない。
 女の人はもうちょい美人に作って欲しかったなぁ。外人はこんな女キャラで満足できるのだろうか。このあたりは日本のゲームのほうが数歩先を行っている。
 ストーリーもあってないようなものです。しかもミッションを受ける順番によって話に破綻が出てくる。まぁストーリーを楽しむゲームでもないのでこのへんは気にする必要はないかもしれません。

.
 乗り物にはラジオがついていて、いろんな曲を聴くことができます。舞台が80年代なので当時のヒット曲が流れます。ラジオ局ごとにジャンルが分かれていて、メタルを流す局もあります。アイアンメイデンとかジューダスプリーストが聴けるわけですよ。なんかすごい。

.
 箱庭ゲームということで、NPCがしっかりした行動パターンを持ってると思っていたんですが、ただブラブラ街を歩いてるだけという感じでした。NPCの一部は勤め先とか設定してあり、ちゃんと時間通りに動いてるのかと思いましたが、そういうのは全然なくランダムでうろついてるだけです。
 まぁデータ量や処理速度を考えるとそこまで凝るのは無理か。

.
 ゲームとしてはまぎれもない超大作で世界中で大ヒットしたのも納得できます。
 ただ、どうもこういう乗り物を操縦するゲームは僕には合わないと思いました。おもしろいとは思うんだけど、ある程度遊んでるとおなかいっぱいになってくる。
 また、ギャングを題材にしているのも、いまひとつ熱中できない要因でした。
 やっぱ僕としてはゲームの中ではかっこいいヒーローになりたいわけですよ。ヒーローでなくても、サイレントヒルみたいに突如降りかかった苦境に立ち向かう人みたいな感じで。
 でもこのゲームの主人公は一般人を車ではねとばしたり撃ち殺したりして平気なギャングなのです。そりゃ一般人を殺さないようにもプレイできますが、そんなチマチマした遊び方ではこのゲームを100%楽しめないわけです。ステルスゲームのNo Killプレイとはわけがちがう。
 ゲームだからそんなの気にせずぶっ殺しまくればいいじゃん、と思う方もいよう。
 それがなんか引っかかるから困ってるのである!
 個人的には、人とか怪物を殺しまくって血がどばどば出るわ手足が千切れ飛ぶわという凄惨なバイオレンスゲームは大好きなんですが、なんの理由もなく一般人を殺すのはすっきりしないのですよ。
 主人公が吸血鬼だとか悪魔だとかいうなら善良な市民を八つ裂きにするゲームでも全然平気なので、このあたりほんと複雑な心理だといえよう。

.
・おすすめ度  7点 好みは置いといて、現代を代表するゲームとして(といっても発売は5年以上前だけど)やっておく価値はある。
・個人的評価  6点 乗り物の操縦というのが苦手なのでいまいち楽しめなかった。リトライ性の悪さも気になる。

.
 前述のように難易度がものすごいです。基本的に正攻法しか通用しないので、攻略サイト見てもお手軽な攻略法はまずないと思ってください。しかも攻略サイトの人はゲームがうまいから「こんなの簡単、問題なし」「けっこう難しいですがなんとかなります」みたいなノリなわけですよ。
 なのでへたくそな人のためにちょっとしたコツを書いておきます。思い出せたのだけ。
・ダッシュボタンは連打する
 スタミナが減りません。
・ゴルフ場のミッション
 ターゲットがカートに乗る前に無理矢理倒します。カートに乗ってしまうとちょっとやそっとのことでは倒せなくなります。
 本来ならカートで追いかけっこし体当たりとかで倒すんだと思うけど、それはめちゃくちゃ難しいです。
 出口で待ち構えるのも無理っぽい。最も難しいミッションのひとつかもしれない。
・ランスと一緒にディアスを護衛する狙撃のミッション
 敵の出現位置をおぼえてがんばるしかない。
 その後のバイクでの追跡もむずかしい。狭い道では最高速を出さないようにしてチマチマ進むといいです。
・銃撃戦では敵が突っ込んでくるのを待つ
 ある程度敵に近寄ると突撃してくるので、マシンガンで撃ちまくってやります。ロックオンしていると倒れた敵にも銃弾を撃ちこみ続けるので、すぐにターゲット変更ボタンを押して別の敵を狙います。
・ランスを助けるミッション
 入り口の敵を狙撃銃で倒してから、上で書いたように敵が突っ込んでくるのを待ちながら進みます。しかしゆっくり進みすぎるとランスが死んでしまう。
 かなり難しいです。
 助けたあとはゴミ収集車に乗るといいです。この車はかなり頑丈です。
・暴動を起こしてカオスメーターを上げるミッション
 警察の車を攻撃して手配度を上げると警察やらFBIやらがわらわら集まってくるのでマシンガンで撃ちまくる。
・レース系のミッションでは長い直線以外最高速にしない
 急ぐよりも的確にコーナーリングしていったほうがいいです。
 特にボートのミッションはコーナーの手前でしっかり速度を落とさないと曲がりきれない。
・敵がたむろしているところに行くミッションでは、事前に狙撃銃を使ってなるべく敵を減らしておく。
 公衆電話ミッションの最後のやつとか、印刷所のミッションの船に侵入するやつとか。
 複数の敵と正面からやりあうとあっという間に殺されます。
・虐殺ミッションで弾を増やす
 ドクロマークのアイコンを取ると虐殺ミッションがはじまります。
 時間切れになった場合、マークを取る前に持っていた武器の弾が倍になります。
 また、自分から攻撃を仕掛けない限り敵は攻撃してきません。
 マークの位置に突っ立ったまま放置すれば弾を増やしまくることができます。
 ※別のドクロマークを取ると、その虐殺ミッションで使った武器の残弾数がゼロになることがあります。
・最後のミッション
 敵ボスはロケットランチャーを適当に打ち込んで爆風で倒す。
 といろいろ書いてみたけど、コツでもなんでもなく当たり前のことばかりのような気がする。
 こんな具合に、正攻法でがんばるしかないゲームなのです。
 本当にどうしてもクリアできなくて泣きそうなときはチートを使うといいかもしれない。
 いろいろ便利な技があるようです。攻略サイトにでも行って調べてください。
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress