自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 7 月 28 日

PS2 桜坂消防隊

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 01:44:16

.
 消防士が主人公のTPSアクションゲーム。
 仲間へ指令を出して消火活動をするという戦略敵要素もあります。
 これはおもしろかったです。操作性もよく、消火作業が非常に楽しいです。
 放水はある程度自動照準になっていて、さほど細かい操作を必要としません。
 そしてこのゲームの一番のポイントは仲間との協力です。

 マップ画面に現在消火中の建物が表示され、部屋ごとに「延焼率」が表示されています。
 時間とともに延焼率は上がっていき、100%になると「LOST」といってその部屋には入れなくなります。要救助者や「証拠品」も消えてしまいます。
 延焼スピードはけっこう速いため、いくら主人公ががんばっても一人では消火しきれません。
 そこで仲間の登場です。
 仲間は主人公とほぼ同じ能力を持っていて、AIもそれなりに賢いです。目的の部屋への廊下が燃えて通れなくても消火しつつ向かってくれます。まぁ、たまにしょぼい火をチマチマ消すのに夢中になり指示した部屋に向かわなかったりしますが。(そういう時は何度も指示を出せば移動してくれます)
 たまに天井が崩れてくることもあり、運が悪いと瓦礫に埋まってしまいます。そういう時は別の仲間を向かわせれば救出してくれます。もちろん自分で救出することもできます。自分が瓦礫に埋まると、救出されるのを惨めに待たなければなりません……。
 瓦礫による行動不能を防ぐためには二人一組で活動すると良いでしょう。……と言いたいところですが、仲間の多いマップほど火勢も強くバラバラで行動しないとロストしまくりになったりします。状況に応じて臨機応変に対応せねばならない。そしてこれがこのゲームのおもしろいところでもあります。
 延焼率が80%くらいのところをとりあえず消火し、ある程度延焼率を下げたらすぐに別の場所に行かせるのがコツです。
 このゲームの最大の敵は延焼率の上昇(ロスト)なので、もぐらたたきの要領でロストしそうな部屋を消火していくといいです。

.
 連続放火魔を追うというのがストーリー上の目標となっています。現場にはいろいろと手がかりが落ちていて、集めた手がかりのうち3つをステージクリア後に鑑識に提出できます。(なぜ全部提出しないのか謎)
 終盤になると推理ゲームのような展開があり、容疑者の整理や犯人の指摘シーンもあります。
 救助者数や提出した手がかりによってストーリー分岐があります。

.
 こんな感じでゲーム自体はとてもおもしろいんですが、ひとつだけ大きな欠点があります。
 それはボリュームがあまりにも薄いこと。
 初プレイで10時間かからずクリアできてしまいます。唖然とするほどの短さです。
 僕の体感的には「そろそろ半分か」ってところで終わってしまいました。登場人物たちもちゃんとキャラが立ってるのに、ろくな見せ場がないまま終わりです。悲しすぎる。
 そのかわり、クリア後のタイムアタック等アクションゲームとしての遊び方は用意されています。
 でもやっぱりストーリーモードでいろんなステージを遊びたかった……。
 ゲームが良くできているだけに、本当に残念です。
 山火事の面とかもあれば良かったのになぁ。

.
 グラフィックは正直しょぼいです。かなりしょぼいです。キャラも背景もトホホという感じです。
 影の主役ともいえる火の表現がいまいちなのも残念です。いかにもな塊で火が表現されています。ゲームとしては「あの塊を撃てばいいんだな!」とわかりやすいんだけど。
 キャラのモデリングも「うわぁ……」という感じ。
 パッケージ絵や設定画はセミリアルな劇画調になっています。主人公のツンツン気味の髪をちゃんとポリゴンで作るもんだから、できそこないのスーパーサイヤ人みたいになってます。
 2004年の作品なんだからもうちょっとなんとかならなかったんだろうか。モデリングは初代PSを彷彿させる。

.
 ストーリー分岐があるせいで、一度クリアしたステージをやりなおせないのが残念でした。
 しかも分岐条件がわからないので、二回目のプレイでも同じルートになってしまうことがあります。
 証拠品の提出で分岐するのは想像ついたんだけど、どの証拠品が「当たり」なのかわかりにくいので、何度もプレイする必要があります。
 アクション的な難易度も結構高く、何度もクリアするのは面倒なため、二度目のプレイでは攻略サイトで当たりの証拠品を調べてしまいました。

.
 もちろん難易度選択もあります。しかし一番難しさに影響するのは延焼スピードで、これはどの難易度でも変わりません。EASYとNORMALでの難度の違いはまったく感じられませんでした。
 

.
 ヒロインらしきキャラが二人いるものの、中盤から二人目が空気になってしまうのも残念でした。僕はヒロイン二号のほうが気にいってたのに……。
 むしろヒロイン一号はきもち悪い。
 主人公は正義感のある若者です。まぁいい感じです。
 ただステージの最初に入る主人公のポエムが自己陶酔気味で、かっこいいを通り越して笑えます。
 主要キャラは12人いてそれぞれ特徴的な性格付けがされてるのに、ゲームのボリュームが少ないせいで見せ場がほとんどないです。もったいない。
 これといってすごい展開もなくありがちなストーリーですが、キャラがしっかりしているので楽しめます。

.
・おすすめ度  7点 ゲームとしてはすごくおもしろいけどボリュームが少なすぎる。
・個人的評価  8点 おもしろかった。
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress