自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 4 月 29 日

ビル・S・バリンジャー「消された時間」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 18:13:34


 記憶を失った男が自分の過去を追うスリラー小説です。
 クライムノベル風でもあります。
 主人公は、素っ裸に靴だけをはいた姿で路上に倒れているところを発見されます。咽を斬られていましたがなんとか一命を取りとめます。
 章が変わると、今度は素っ裸に靴だけをはいた男が咽を斬られて死んでいるのが発見されます。
 この二人の関係と主人公の過去を軸として物語が進んでいきます。
 設定は非常に魅力的です。表紙裏のあらすじや巻末の解説も期待を煽ります。しかし……。
 発表当初は技巧的ですごかったのかもしれませんが、仕掛けに凝った小説が氾濫している今読むと衝撃が薄いです。
 ラストにビックリポイントがあるものの「ふーん、そうだったんだ」くらいにしか感じませんでした。
 話自体は悪くないと思うけど、表紙裏のあらすじに惹かれて過度な期待を持って読むとガッカリすると思います。
 古典的な作品でも「幻の女」などはラストで驚けました。違いを考えてみると、「消された時間」は小説としての盛り上がりに欠けていて、主人公に感情移入しにくいのが原因のような気がします。善人とはいえない男なので、主人公と共にハラハラドキドキしにくいのです。読者には主人公の考えが読めず、行動を淡々と追うような展開になっています。
 訳者にも問題があるかも知れません。非常に読みにくいです。
 古い翻訳スリラー小説に特有の暗く緊迫感に満ちた雰囲気は堪能できるので、そういうのが好きな方はどうぞ。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress