自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 6 月 21 日

PS2 絶体絶命都市

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 22:38:47


 大災害の人工島で右往左往するアクションアドベンチャーです。
 天変地異と見まごうほどの災害は大迫力です。
 まさに絶体絶命です。
 アクシデントの発動タイミングは固定されていて完全パターンゲームになっているので、アクションが苦手な人でも何度かプレイすればクリアできると思います。
 ヒロインが二人おり好感度によってエンディングが変わるようです。

.
●システム
 ごく普通の3Dアクション的な操作です。
 アイテムはバックパックに収納するようになっていて、容量は三次元のブロックで表現されています。
 小さなものは1ブロックですが、ペットボトルなど長いものは縦に3ブロック使ってたりして、3Dテトリスのごとくアイテムを収めるようになっています。
 キャラの好感度は会話の選択肢だけでなくアイテムの使用状況でも変わるため、望みのエンディングをみるためにはいろいろ工夫が必要なようです。

.
●グラフィック
 ちょっと荒めです。
 フレーム落ちも激しいです。
 とはいえ巨大な建造物が崩壊する様はかなり迫力あります。

.
●ストーリー
 災害から逃げるだけの話と思いきや、話もしっかりしています。このあたりは同社の桜坂消防隊にも繋がる部分です。
 途中から「災害と戦っていたはずなのに、なんでこうなってるんだーっ!?」とあまりの展開に呆然としました。絶体絶命すぎます。

.
●感想
 とても楽しめたのですが、二周目のプレイをする気になれませんでした。そのためメインヒロインの通常ENDしか見ていません。
 シナリオの分岐条件も自力で見つけるのは困難だと思います。時間をかけたくなければ攻略サイトを見るしかない。
 しかしいろいろとめんどくさくて、攻略サイトを見て全シナリオ見る気力すらわきません。アクションゲームとしての面白さがほとんどないのが痛いと思いました。しかしこのシステムでランダム性の高いアクションを入れてもおもしろくなるとは思えないので、難しいところです。
 製作者としては何度もプレイしてほしかったんだろうけど、一度クリアしたらあとは延々と移動するだけのゲームを繰り返し遊ぶのは僕にはきついです。一般のアクションと違って、操作することによる快感がないのです。
 続編も気にはなるものの、シナリオ分岐を考えるとなかなか購入する気がおきません。
 とはいえつぎつぎと迫りくる大迫力の絶体絶命を体験するためにもプレイする価値はあります。
 似たゲームもほとんどないため、この絶体絶命感はこの作品でしか味わえません。
 おすすめです。

.
 絶体絶命都市
 開発元 アイレム
 発売日 2002/04/25

1件のコメント »

  1. こんにちは
    僕は、今、悩んでいる事があります。
    それは、読書感想文です。
    読書感想文に書く本は絶体絶命27時間という本に決っているけど原稿にいざと書くと書けません。
    お願いです。どうか、どうかお願いです。書いてください。待っています。誰でもいいんです。僕に力になってください。
    コメント待っています。

    コメント by 読書感想文苦手くん — 2011 年 8 月 2 日 @ 17:46:43

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress