自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 6 月 25 日

PS2 クリムゾンティアーズ

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 22:45:56


 ゲームショップの投売りコーナーのスターともいえるコンボアクションRPGです。
 ゲーム自体はそれほど悪くないんですが、微妙にボタンを掛け違えたため猛烈にストレスが溜まるゲームになっています。
 アクション面はよくできていて攻撃のヒット感は非常に気持ちいいです。
 アイテム収集要素もあり、ちまちま作業を繰り返しキャラを強くするのが好きな人はそれなりに楽しめると思います。

.
●システム
 ローグライクゲームとコンボアクションを合体させて大失敗したという感じです。
 マップは自動生成になっています。部屋・廊下を組み合わせてマップを作っているので、同じような場面が延々と続きます。
「キーの取得→テレポータでの移動」を4〜5回繰り返しボス戦という展開となっています。ボスを倒すかアイテム「リターナー」を使うとダンジョンを脱出できます。

.
 コンボに使うボタンは二つだけです。しかしいちいちコンボを使わなくてもソードの連打攻撃だけで十分です。むしろソードの連打が一番効率がいいような気が。
 武器の種類も多く、武器によってコンボが変わります。二刀流可能なキャラもいます。

.
 武器は使っているうちに消耗していき、それでも使い続けると壊れてしまいます。苦労して手に入れたレア武器も壊れたら消滅です。
 しかも武器破壊攻撃してくる敵がいるので、武器が大事ならば遭遇と同時に装備を外さなければなりません。
 敵に攻撃が当たると武器に経験値が入りレベルアップしていきます。このときに消耗度が回復するようです。
 武器の消耗度は数値やゲージでは表示されません。アイテム欄での色で判別します。
 消耗した武器は町の武器屋で修理できます。
 アイテムを盗む敵もいます。盗んだ後逃げていくので、マップから出る前に倒さないとそのアイテムは消滅です。レアアイテムも鍛えまくった武器も消滅です。

.
 ダンジョンに潜っていると「MTゲージ」が上昇していきます。これが満タンになるとオーバーヒート状態となり、攻撃力と移動速度が上がるかわりに防御力が下がり体力も減少していきます。一定時間でオーバーヒートは解除されますが、このときに残り体力も強制的に減らされます。
 これが実質的に時間制限となっているためゆっくり探索することが困難です。敵を攻撃してもゲージが上がります。二刀流や銃を使うと激増です。
 ゲージ減少アイテムもありますが所持数に制限があります。回復系アイテムは五個までしか持てません。

.
 敵を倒したあと、追撃コンボ数に応じてアイテムを落とします。コンボが多いほどいいアイテムを落とします。複雑なコンボを入力してもうまく繋がらないことがあり、結局ソードの連打がいちばん楽で有利です。
 アイテム所持数には制限があります。けっこうすぐにいっぱいになってしまうため、いらないものはどんどん捨てていきましょう。終盤では予備の武器が必要になるのが困りものです。泥棒と武器破壊がいなければ……。

.
 寄付することで町が復興するという要素があります。しかし武器・銃・アイテムショップがそれぞれ二段階拡張されるだけです。しかも見た目的には露店が広くなるだけ……。

.
●グラフィック
 トゥーンレンダリングのデモが非常に美しいです。背景ポリゴンをバッサリカットしキャラに注いでいるようです。
 ゲーム中はいかにも日本のコンボアクションといった感じです。背景はかなりチープ。
 キャラのモデリングはなかなかいいです。腰が異様に細いのが気になるものの、女キャラはなかなかエロい感じです。キャラ的にはいまいち使えないけどカエデの足がむっちり感があっていい。
 背景のグラフィックはガッカリです。あまりにもやる気が感じられない。

.
●ストーリー
 製作者はいろいろ設定を作ってキャラに思い入れがあるんだろうけど、それがまったくプレイヤーに伝わりません。
 重要そうな人物が唐突に死んだりして(というか初登場でいきなり死んでいる)「えっ? 誰これ? 何それ?」という感じです。
 主人公達も自分の存在についていろいろ悩んだりしてるんですが、悩むに至る過程や状況がほとんど描写されず、ただただうじうじ言ってるだけなので感情移入ができません。
 設定にしても、次元迷宮の存在からして無理がありすぎる。まぁランダム生成ダンジョンのために無理矢理作った設定なんだろうけど。

.
●問題点
 コンボアクション、武器の耐久度、泥棒キャラと武器破壊キャラ、自動生成マップ、MTゲージ(時間制限)がすべて悪い方向に組みあがって見事なクソゲーとなってます。
 メニュー画面の操作性も妙な部分が目立ちます。
 コンボ拡張画面で普段とメニュー画面と操作が変わるため、戻るだけでもけっこう戸惑います。
 アイテム画面ではアイテムの並びに配慮がないため装備交換や再装備がめんどくさい。
 ショップでは、まとめ買いのできない武器にも個数入力の入力待ちがあります。(個数変更はできないので、無駄なボタン入力が一回入る) 何考えてんだ。
 敵によって装備を変えたりするのは戦略的にはおもしろいものの、アイテム選択の微妙なやりにくさもあってめんどうなだけになってます。
 銃や二刀流でMTゲージが激増するのも豊富にある武器の選択肢を大幅に下げています。
 ボスのいるフロアが面によって変わり、どこにボスがいるのかわかりません。じっくり探索し満身創痍でボス部屋に辿りついたりして負けたらかなり徒労感があります。せめてボス部屋へのテレポーターはデザインが違っていたりしたらいいのにと思いました。
 キャラ選択や装備の売買をする地上シーンが無駄にエリア分けされてます。エリア移動のたびにロードが入って鬱陶しい。主人公達のガレージからショップのあるエリアにいくために、何もない無意味なマップがひとつあります。
 ガレージ自体も3エリアに分かれており、無駄なことこのうえない。製作中に誰か指摘する人はいなかったんだろうか……。

.
 ボリュームがあまりないです。繰り返しプレイしてさほど楽しいゲームでもないし、レアアイテム取っても全然嬉しくないので長時間遊べません。
 とはいえこのゲームで大ボリュームでもめんどくさくて飽きるだけのような気がしますが……。

.
 クリアしたステージでのタイムアタックもあるけど自動生成マップのゲームでタイムアタックをして意味があるのか疑問です。
 どうにも練りこみ不足な部分が目立ちます。

.
●感想
 文句ばかり言いましたがゲームとしてはそれなりにおもしろいです。
 アクション的には連打するだけなものの、ヒット感が非常に良いため戦っていて楽しいです。
 ボス戦も、ボスごとにある程度攻略を考える必要があります。短期決戦型のボスなので作業的な削りも必要ありません。コツを覚えて自分からオーバーヒート状態になり一気に撃破です。
 ボス戦のみのモードもほしかったです。
 微妙なゲームをクリアして悦に入るのが好きな人(たとえば僕)にはおすすめの一本です。
 素人は手を出さないほうがいいでしょう。

.
●まとめ
 開発元 ドリームファクトリー
 発売日 2004/04/22
 プレイ記録 Normal、LV51、HP563、クリアタイム19:59

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress