自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 6 月 26 日

STS 8 MISSIONのザビエル・ドレクセラー逝去

Filed under: 日記,音楽 — タグ: — 坂葉 @ 22:11:34

 STS 8 MISSIONのヴォーカリスト、ザビエル・ドレクセラー(Xaver Drexler)が2010/03/28に亡くなったそうです。42歳でした。
 追悼サイトができています。
 STS8MISSIONは1989年に結成され、1990年に1stアルバムMystery of Timeでデビューしました。このとき日本盤も出ています。
 ジャーマンメタルブームとともに出てきたため和田誠氏に強烈にプッシュされていました。しかし多くの人たちが期待したであろうHelloween型のメロディックスピードメタルではありませんでした。
 キーボードやクラシカルなメロディは控えめの、愁いを帯びた正統派メタルといった音楽性です。「ジャーマンメタル最後の切り札!」「ハロウィンに次ぐパワー・メタルの王者は決まった!」という煽りが泣かせます。
 僕も3rd発売前くらいにこの1stを買いましたが、正直言ってかなりガッカリしてほとんど聴かずに仕舞いこんでしまいました。僕の中で「STSは噂だけのクソバンド」という評価になりました……。
 STS8MISSIONはその後二枚のアルバムを出します。

 3rdアルバムでは方向性を変え、アメリカンロック的な雰囲気になりました(という評判でした)。そして当時流行りだしたヘヴィサウンドも取り入れたため、もともと微妙だった人気がガタ落ちしてしまいました。当時のメロディックメタルのファンの間では、「アメリカ風とヘヴィネスは糞」みたいな雰囲気があったのです。でもヘヴィな感じがするのは最初の曲だけか。
 しかしこの3rdアルバムは、メロスピ路線を期待せずに聴くとなかなかの名盤なのです。アメリカンになったとか明るくなったとかヘヴィになったとはいっても、ヨーロッパのバンドらしいところはちゃんと残されており、ヴォーカルの技量やサウンドプロダクションも向上したため良質の正統派メタルとなっています。ドラマティックな盛り上がりもあり、メロディも以前よりもグッとよくなってると思います。(僕は2ndは聴いていないので1stと比べての話ですが)
 一度はクソ認定したのになぜ3rdを買ったのかは謎です。この3rdも購入時は「なんだこりゃー!」と思いあまり聴かなかったのですが、2000年以降、PCで音楽を聴くようになってからは良さがジワジワとわかってきました。今では愛聴盤の一枚です。winampのプレイリストに入っているので四日に一度は聴いているでしょうか。
 ちなみに1stは今でもイマイチだと思ってます……。いやまぁいいところもそれなりにあるんだけど、あれを聴くなら他のアルバムを聴きたいというか……。

.
 3rdアルバムが売れなかったのか、STS8MISSIONは解散してしまいます。
 その後ザビエルは、普通のロックバンド「Pump!」、メタルバンド「Gun Barrel」、普通のロックバンド「Sunny Skies」と活動します。
 2008-2009年には子供ミュージカルの先生らしきこともやっていたようです。

.
 一時は熱心なファンもいたものの今は噂にあがることもなく、Last.fmではほとんど誰も聴いていないという状況です。現在の879再生のうち半分以上はたぶん僕……。リスナー数48というのも寂しい。
 ざっと検索してみた限りでは、日本では訃報も流れなかったというのがなんとも悲しいです。

.
 活動暦
 Capital Rose 1985-1988
 STS8Mission 1989-1995
 Pump! 1997-2005
 Gun Barrel 2005-2008
 Sunny Skies 2009
 非公式ファンサイト(日本語)
 追悼動画

6件のコメント »

  1. 過去の記事に、コメントすいません。
    私は、つい最近、この悲しい知らせを知りました。

    検索したら、ここにたどり着きました。

    実は、1stが死ぬ程好きです!(笑)
    今、3枚とも、聴き返してるんですけど、やっぱ、1stだなぁ〜(笑)

    人の好みって、それぞれだなと思いますね。本当に。

    彼のご冥福を心よりお祈りいたします。

    コメント by Tommy — 2010 年 11 月 30 日 @ 16:53:42

  2.  当時はそれなりに人気があったのに、訃報さえ広まらなかったのは悲しいですね。
     Gun Barrelの日本盤が出ていたら状況は違っていたかも。

     当時ファンだった人たちにも知ってほしいですね。

    コメント by 坂葉 — 2010 年 12 月 3 日 @ 23:45:25

  3. コメントから失礼します
    STS 8 MISSION非公式ファンサイトを作っていた者です。

    元はCHROMING ROSEメイン始めましたが、STS 8 MISSIONに
    関するサイトが殆ど無かったので立ち上げた記憶があります。
    (サイト自体が稚拙で、今見ると恥ずかしい限りです)
    ここ数年メタルから離れており、サイトも更新停止していました。

    久々に彼らの事を検索したところ、こちらのブログに辿り着き
    思いも寄らなかった訃報に大変驚いています。

    私は3rdアルバムから彼らを知ったので”Helloween型”という
    期待が無かった為か、どのアルバムも楽しめました。
    個人的には3rdの延長線で作った4thアルバムを期待していましたが・・・

    纏まらないコメントで申し訳ありませんが、当時を思い出し
    書き込みさせて頂きました。

    ザビエルのご冥福をお祈りいたします。
    With deepest regret, Xaver!

    コメント by 盛岡魂 — 2011 年 2 月 26 日 @ 01:01:31

  4.  STSは3rdを出してすぐに解散してしまったというのが残念です。やはり当時のジャーマンメタルブームの中ではあの音楽性は受けなかったのかもしれません。
     メロディや曲構成がぐっと良くなっただけに、4thが製作されなかったのは惜しいです。

     いまやSTSもクローミングローズも消滅してしまい悲しい限りですね。

    コメント by 坂葉 — 2011 年 3 月 1 日 @ 18:42:14

  5. ドイツに再び訪問したいと、待ち遠しい
    その時は、ザビエルにお会いしたいと思いました。

    STS 8 MISSIONは最高のバンドでした。
    ザビエルが亡くなったなんて信じられない、
    2011年7月11日、WEB検索で知りました。

    日本に来日した時、本当に嬉しそうだったし、
    当時、バンドのメンバ-とビ-ルを飲みました。
    来日公演は楽しかった思い出があります。
    日本のファンに捧げた曲も素晴らしかったし
    今でも曲、バンドは大好きです。素晴らしい
    声が印象的でした。

    ザビエルは本当に良い人で親切な方でした。
    日本食が興味があって何でもトライして、おいしい
    と申されていました。フアンの皆様に丁寧にサインを
    されてました。僕は今でも大切に持っております。
    全アルバムが大好きです。いつ日本に再来日されるか
    楽しみにしていたのに残念です。ザビエルは元気かなと
    時々思いました。他のバンド参加のCDも買い喜んでました。

    本当に信じられない、悲しくて仕方ない、
    ザビエルのご冥福をお祈りいたします。

    コメント by Tsuyoshi — 2011 年 7 月 11 日 @ 01:06:30

  6.  和田誠氏の本でもナイスガイっぷりが紹介されていましたね。
     youtubeの数々の動画を見ても、いつも周囲の人を楽しませていたんだなと思わせてくれます。
     本文中にもあるように僕はかなり後になって魅力に気付いたので、リアルタイムで活躍するザビエルを見たかったです。

    コメント by 坂葉 — 2011 年 7 月 11 日 @ 19:03:38

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress