自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 10 月 18 日

PS2 デビルメイクライ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 20:58:47


●ゲーム概要
 3をクリアしたのでストーリーのおさらいがてら再プレイしました。細かい内容は忘れていたものの、苦行のようだった初回プレイよりもはるかに楽に進めました。やっぱこのゲームは攻略を知ってること前提で作られてるよなぁ……。

.
 コンボアクションの草分け的存在の大傑作です。
 しかし難度のほうも激烈で、攻略情報を見ずにNORMALクリアをするのはかなりむずかしいと思います。僕は初回プレイのとき、一部攻略サイトを見てプレイしたんですが、それでも難しくて泣きそうになりました。
 連射だけでコンボが出せるEASYモードもあるのでそちらならアクションゲームが苦手でもなんとかなるのかも。
 2001年の作品です。とはいえグラフィック的にはPS2末期の作品にも引けをとりません。異常なまでの作りこみです。
 古城探索がメインとなっているものの屋外や幽霊船のシーンもあり飽きのこないマップ構成になっています。
 メイン音楽は荘厳かつホラー調のもので、戦闘になるとハードロックになり、対比がきいています。

.
 アクションゲームの歴史を語る上で重要な一作なんですが、どうにも難度が高い……というかリトライ性が低いので、他人に薦めるには悩んでしまう作品でした。これからシリーズをプレイするなら3がおすすめ。2もそこそこ楽しめるんだけど、1や3と比べると完成度がガクッと落ちてます。

.
●システム
 アナログスティックで移動、R1でロックオン、ボタンで攻撃&ジャンプという標準的な操作系です。R1を押さなくてもそばの敵を優先的にロックオンします。
 メイン武器の剣に加え連射可能な二挺拳銃も使えます。銃撃は攻撃力は低いものの遠距離から敵の体力をちまちま削ることができます。初級者救済用といった位置づけでしょうか。剣も銃器も複数あります。しかし初期に手に入る剣と最初から持ってる銃が便利すぎるため、意識して使わない限り他の武器の出番がほとんどないような気も。
 敵を攻撃すると「デビルトリガーゲージ」があがっていき、これが一定量あれば悪魔に変身できます。変身中は能力が大幅に上がるうえ体力も少しずつ回復していきます。銃撃でゲージを稼ぎ変身して特攻という戦法が有効です。
 マップ内に配置されていたり敵を倒したときに出たりする「レッドオーブ」を集めると、ステージ開始時などにオーブと引き換えにアイテム購入のような形で能力を強化していくことができます。
 敵に攻撃を与え続けると「スタイリッシュランク」があがっていき、ランクが高いほうが敵を倒したときのレッドオーブの量が多くなります。
 普通にプレイする限りでは、クリア時にも最強状態まで強化できない万年金欠ゲームなので、コンボが下手な人ほど先の面がつらくなるという厳しい仕様です。がんばって稼ぐ楽しみがあるとはいえ、元から高難度のゲームなのでこれはあまりにもきつい……。

.
●グラフィック
 すさまじく綺麗です。固定アングルに加え各エリアを狭く設定しているので背景テクスチャをたくさん使えるのでしょう。建造物のデザインも凝っています。
 キャラのアップ時のグラフィックの作りこみは、さすがにPS2後期のものに比べると少し物足りません。ヒロインの顔から洋ゲー臭が漂ってるのがきつい……。

.
●ストーリー
 ムービーによるデモが少ないので、ストーリー自体はあっさりした印象です。「そんな簡単に心変わりしちゃうの?」というキャラもいました。
 ボスキャラの性格とかネロ・アンジェロのエピソードなどももっとしっかり描くと面白そうなんですが、ゲームのアクション性を強調するためにあえてあっさり描写にしたのかもしれません。
 主人公のダンテは軽口を叩いたりする親しみやすい感じの性格です。見た目はクールなイケメンキャラなので意外でした。

.
●感想
 これはもうすごい名作です。アクションゲーム好きを自認するなら、コンボアクション代表としてプレイしておくべきでしょう。
 演出を含めた総合的な完成度では、本作を元にしたと思われるゴッドオブウォーのほうが若干上のようにも感じます。しかしゲーム性ではこちらに軍配をあげたいところです。
 同じボスと何度も戦うのがちょっと鬱陶しかったです。またかよ……という感じで。ラスボスを抜くとボスは四体で、それぞれ三回は戦うことになります。(攻撃方法は微妙に変わります)

.
 冒頭で難度が高いと書きましたが、正確に言うとボス戦でのリトライ性の悪さが体感難度を跳ね上げています。
 死ぬとミッション開始時からのリトライになるため、
 1:ボスに挑む。
 2:攻略法を見つけるまでもなく10秒から数10秒で死亡。
 3:一分かけてリトライ(ロードメニューの表示等にもけっこう時間がかかる)。
 4:五分かけてボスにたどりつく。
 5:2に戻る。
 のループを延々と繰り返したりします。飛ばせないデモがちょくちょく入るのもきつい。
 死んで憶えるタイプのゲームなのに、死んでも憶えられないわけです。これでは、根気のない人は速攻で攻略サイト頼りになってしまうのではないか。僕は頼った。
 ボスの部屋の前からコンティニューできるイエローオーブというアイテムもあります。レッドオーブを消費して購入することもできます。しかし価格は安めだとはいえ、ボス戦の練習のためには五個以上ほしいし、レッドオーブの入手量自体が少ないのでわずかな無駄遣いもできません。
 そのため攻略法としては、
 1:なるべくたくさんイエローオーブを入手する。五個はほしい。
 2:ボスに辿りついたらとりあえずイエローオーブを使い切って攻略法を見つける。
 3:イエローオーブが残り少ない状態でクリアできてもリセット。
 4:「本番」はミッション開始時から一発クリア。
 という感じです。
 幸いにもパターンが掴めてきたら体感難度は大幅に下がるので、じっくりプレイするならなんとかなるでしょう。
 早く先を見たい気持ちもわかりますが、イエローオーブを使い切った状態で進むのは絶対にダメです。コンティニューを繰り返し確実に倒せるようになるまで練習しよう。
 これは説明書に書いておいてもいいくらいの基本戦略ですよ。

.
 他にもNORMAL初回プレイで憶えておくと得をする攻略のコツを書いておきます。
・強化すべき技
 スティンガー、エアハイク、エアレイド、キック13
 他はブルーオーブとパープルオーブにつぎ込みましょう。イエローオーブもいくつか買っておくといいです。
 初プレイでは全部の技を購入したくなるのが人情というもの……。そこをグッとこらえてブルー&パープルオーブを買うのが楽にクリアするコツです。
・死ぬ前にセーブ
 セレクトボタンでメニューを出すと「セーブ」が選べます。どこでセーブしてもリトライポイントはミッション開始地点ですが、入手したアイテム・オーブは保存されます。
・ミッション4・クモサソリで稼ぐ
 ジャンプ攻撃(兜割り)+変身攻撃で楽に倒せます。倒したら、セーブ → リセット → 再開です。
 一回につき500稼げます。ここでスティンガー、エアハイク、エアレイドを入手しておくとよいでしょう。
 しかしセーブ回数が増えるのがかっこ悪い気がする……。
・ミッション11・トカゲで稼ぐ
 丸い穴を降りたところで悪魔に変身しつつ戦うとランクSでまとめて倒せます。一回につき200から250稼げると思います。
 この先楽をしたいならパープルオーブをたくさん買っておこう。
・二周目に備える
 二周目は強制的にHARDモードになります。
 アイテムの価格も跳ね上がるので、あらかじめ買っておくといいかもしれない。
 僕はHARD途中で投げ出してしまいました……。

.
●まとめ

開発元 カプコン
発売日 2001//08/23
プレイ記録 (二回目)
RANK NORMAL
TOTAL RED ORB 55621
RETRY 6
CLEAR TIME 08:04:38
SAVE 45
ステージ評価 BCDB BCBB BBBC BBBB CCCC CDC

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress