自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 10 月 20 日

PS2 デビルメイクライ3SE

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 19:57:19


●ゲーム概要
 コンボアクション三作目です。
 不評だった2の問題点を改善したら大傑作になってしまった!という感じです。このジャンルの集大成的作品といえるかもしれない。
 1も傑作なんですが、リトライ性が悪いためアクションが苦手な人には厳しすぎる作りになってしました。他にも下手な人ほどキャラの強化ができず後半が厳しくなっていったり。攻略サイトを見てようやくまともに遊べる……いやそれでも難しいという感じでした。
 しかし今作では、楽なミッションを繰り返しプレイすることで地道に強化できたり、簡単にスタイリッシュアクションを楽しんだりできます。
 そして、うまければさらにすごいアクションを決められるというところがいい。
 超オススメの一作です。

.
●システム
 R1でロックオン、△で近接攻撃、□で銃撃、×でジャンプ、○で各スタイル(後述)の技となっています。
 前作に引き続き銃撃でスタイリッシュランクを維持できます。
 ボス戦でのコンティニューポイントは直前エリアなのでリトライ性もいいです。
 さらに到達したステージまではステージセレクト自由です。
 選択できる装備要素として、武器と銃に加え「スタイル」が増えています。スタイルにも成長要素があり、レッドオーブではなく経験値を溜めてレベルアップするようになってます。
 スタイルは四種類ありそれぞれ、剣術「トリックスター」、銃撃「ガンスリンガー」、移動能力「トリックスター」、防御能力「ロイヤルガード」となっています。どれを選ぶかによってプレイ感がかなり変わります。それでいてうまくバランスが取れているのがすごい。
 スタイリッシュランクを楽に上げたいならソードマスター、戦闘を有利にして楽に進めたいならトリックスターという感じでしょうか。
 武器・銃器はそれぞれ五種類ずつです。ミッション開始時もしくは時空神像にて剣・銃ともに二種類ずつ装備できます。ゲーム中L2・R2で切り替えられます。
 今回はボスが大幅に増えていてゲーム展開もかなり盛り上がっています。しかし最初のボス(ミッション3の犬)が強すぎかも。僕は一時間戦いましたよ……。

.
●グラフィック
 非常に綺麗です。しかし1作目からすごかったので、シリーズとして比較するとあまりインパクトないかもしれません。
 キャラのモデリングもいいんですが、寄り目気味なのが気になります。顔があまりかっこよくないような。
 巨大な塔を舞台にしているため、背景のバリエーションが少ないのが残念でした。いろいろと工夫して場面ごとの印象を変えようと努力してるのは伝わるものの、どこにいっても古城・遺跡風の場面になってます。

.
●ストーリー
 ストーリー自体はこれといって特筆すべきところはないものの、各ミッションの開始と終了時にデモが挿入されるようになったので、過去作と比べキャラ描写が格段に濃くなっています。
 特にダンテは軽口を叩いたり無茶すぎるアクションを披露したりといろいろすごいです。しょっちゅう「ヒャッホー! フゥーッ!」とか言いながらありえない行動で暴れまわります。

.
●感想
 いままでプレイした3作の中では文句なく最高傑作だと思います。初級者から上級者までまんべんなく楽しめます。それどころか、コンボアクションとしてもPS2最高の出来でしょう。
 幕間に挿入されるデモも毎回楽しみで、はやく次のステージを見たい、クリアしたい、という求心力になっています。
 リトライ性も高いため難所もじっくり攻略できます。
 まさに夢のコンボアクションです。コンボアクションがへたくそな僕でもたっぷり楽しめました。
 各ステージ三回はクリアしてから先に進んでました。特にボス戦がおもしろいので何度もやってしまう。
 ボスがたくさんいるのが嬉しいです。それぞれ攻略法の違う個性的なのが十体以上います。
 ただ、ラスボス(正確にはラスト一つ前)のデザインがいまいちなのが惜しかった。クライマックスはかっこよくて凶悪な敵にしてほしいところ。
 スタイルはトリックスターがいちばん使いやすかったです。特に敵の目の前にワープする技が強力です。最終戦があっけなく終わりました。
 ボス戦ではとりあえずトリックスターを選択するとよいでしょう。ワープ+ベオウルフのジャンプ殴りが強いです。
 また、アグニ&ルドラを持ってトリックスターを選ぶと高速で移動できるので(突進技+ダッシュ)快適にプレイできます。
 違う技を使うほどスタイリッシュランクが上がりやすいので、評価を上げたい場合はソードマスターが楽です。
 連打しながら適当に技を変えていけばかっこよくコンボが決まっていきます。タイミングはさほど厳しくないのでコンボアクションが苦手でも楽しめます。

.
 個人的には武器がちょっと多すぎると思いました。そして武器に属性が設定してあることから、ボス戦での武器選択がめんどくさくなっています。
 僕は元々属性あわせゲームが好きじゃないのでこれは残念でした。製作側からすると、属性要素は楽に奥深さを演出できる(気がする)ので使いたくなるんだと思いますが……。でも実際は、属性調べがめんどうで攻略サイト見てしまう人が増えるのではと思ったりします。RPGでも属性ものはめんどくさすぎる。STGだと属性というだけで敬遠してしまう……。
 そしてこのゲームの場合属性要素が中途半端というか、「合わせなくてもそこそこ戦える」というあたりが困る。合わせるのはめんどくさいけどそのまま戦って効率が悪いのも損した気がして嫌だ、というワガママな不満が出てしまうのでした。
 装備できる(持っていける)武器が二つだけというのも痛い。このゲームはメニュー関連の操作が非常に重いため、装備変更がめんどうくさいのです。
 メニューの重さはほんとに困ります。画像や動画つきなのはありがたいんですが、なにか選ぶたびに読み込みが入りいちいち止まるのは勘弁してほしい。

.
 今作ではカメラの移動ができるようになりました。しかし動かせる場面が少ないのであまり役に立ちません……。動かしたい場面ほど動かせない感じです。

.
 個性的なスタイルが取り揃えてあるものの、謎解きに関わらないのが残念でした。
 僕はアクションを利用した探索が好きなので、特定のスタイルを駆使して進む隠しルートがあったりすると嬉しかったです。

.
 舞台がひとつの塔になっているためマップのバリエーションが乏しいうえに、同じマップを使いまわすのも残念でした。
 クリアしたステージにも戻れるマップ構成ではありますが、基本的にステージクリア型のゲーム進行なので、以前見たマップが再び登場すると使いまわし感が強いです。

.
 バージルの行動の理由があまり語られないため、話の発端や兄弟の確執にちょっと説得力がありません。これも後の作品で語られたりするのでしょうか。アニメや小説もあるようだけど、重要な公式ストーリーはゲーム内で説明してほしいものです。

.
 非常におもしろくて万人におすすめできる傑作でした。
 本作未プレイのアクションゲームファンにはぜひ遊んでほしいです。

.
●まとめ

開発元 カプコン
発売日 2005/02/17
プレイ記録(初回クリア)
ランク NORMAL
クリアタイム 25:42:43
ステージ評価 ABBBB BBBBA BBBBB BBBBS
シークレット ○○○○○× ×○○××

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress