自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 1 月 29 日

PS2 プリンスオブペルシャ 時間の砂

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:09:10


 その昔パソコンで出ていた2Dアクションゲームの3D版です。
 壁走りなどの特殊アクションを駆使して巨大な城を探索するアクションアドベンチャーになっています。
 ミスしたとき時間を巻き戻してミスをなかったことにできます。ビデオの逆転再生のように時間が巻き戻っていくのでおもしろい。
 敵と戦闘する場面もありますが、適当に連打したり特殊技を出したりするだけで勝てるので、アクション的な難易度はそれほど高くありません。

.
●システム
 敵を倒した時に、砂になった敵の死体をダガーで吸引すると「砂の器」が溜まります。
 L1を押すと砂の器ゲージのぶんだけ(最大10秒)時間を逆転させることができます。
 他にも砂の器を消費して「スローモーション」「フリーズ」などの技が使えます。
 戦闘は簡単ではあるものの敵によって効く攻撃が決まってたりします。最初のうちは楽しめますが、敵が延々と沸き出るので慣れてくるとけっこうかったるいです。
 このゲームの肝はやはりアスレチックアクションで仕掛けを攻略していくところでしょう。
 壁走り、壁蹴りジャンプ、鉄棒ジャンプが基本となっています。
 物を押したり引いたりして仕掛けを解く場面もあります。
 アクション要素の強いICOという感じでしょうか。
 新しいシーンに入ると、断片的な幻といった感じでヒントのデモムービーが流れます。

.
●グラフィック
 城の造形はしっかりしておりなかなか綺麗です。キャラの出来もいいです。
 平均レベルを越えたすばらしいグラフィックだと思います。
 説明書のイラストがなかなかかっこよく、洋ゲーなのにヒロインが美人です。
 これはすごい……と思ったんですが、どうやら日本版のイラストは日本人が描いてるようでした。どうせならパッケージも日本独自のものにすればよかったのに。

.
●感想
 おもしろかったです。
 プレイ時間もさほど長くないため、気楽に遊べます。
 戦闘はなくてもいいと思いました。大して強くない敵が延々とわいて出るので面倒くさい。
 ザコ戦を無くし、仕掛けを使って倒すボス戦を入れてほしかった。
 時間の巻き戻しはおもしろいんですが、、実際のところ砂の器の数が残機のような扱いになってしまうので、演出的にはおもしろくてもゲームとして生かされてるわけではないと感じました。
 ダガー技の中では、巻き戻しのみ無制限でもよかったかも。
 グラフィックの出来はすばらしいんですが、構図などの見せ方いまいちで、城の巨大感があまり伝わってこないのが惜しかったです。
 印象に残る場面があまりありませんでした。

.
 ゲームとしてはよくできていて万人向けの良作なんですが、個人的にはちょっと物足りなかったです。
 熱心なゲームファンよりも、たまにちょっと遊ぶタイプの人のほうが楽しめそうです。

.
●まとめ

開発元 UBI SOFT
発売日 2004/09/02

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress