自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 1 月 30 日

PS2 鬼武者

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 18:48:40


 バイオハザードのシステムをベースにしたアクションアドベンチャーゲームです。
 戦国時代の日本を舞台とし、主人公は刀等の武器で近接戦闘します。
 移動などのシステムはバイオハザード同様の「ラジコン操作」ですが、レスポンスよくキビキビ動きかなりアクションゲーム寄りになっています。

.
●システム
 パッドの左右で方向転換、前後で移動です。
 R1を押すことで敵をロックオンでき、この状態で左右移動するとロックした敵を中心に円を描く動きになります。
 武器は三種類あり、標準性能、攻撃力重視、素早さ重視となっています。
 敵を倒した時に出る魂を集めると、武器を強化することができます。
 強化した武器で攻撃しないと開かない扉もあり、ゲーム進行にある程度関わってきます。
 回復などのアイテムの総数には限りがあります。
 敵を倒したときにも回復が出ますが、敵の出現量も決められています。倒したのち画面を切り替えると復活するという方式なので、故意に全滅させて進まない限り敵がいなくなることはないと思います。
 謎解きはほんとにバイオハザードそのものという感じです。あっちで手に入れたアイテムをこっちで使いパズルを解くと秘密の通路が!という感じ。
 デモが飛ばせません。ミスしやすいボス戦の前に限って長いデモが入ったりしてイライラします。

.
●グラフィック
 発売時期を考えるとなかなか綺麗ではないでしょうか。しかし固定視点なのでこれくらいは当然という気も……。
 敵キャラやダメージ描写がけっこうグロテスクではあるんですが、恐怖感はさほど強調されていないので怖くはないです。気持ち悪いだけ。

.
●ストーリー
 まあそれなりです。
 金城武という人が主人公の声を当ててます。かなりしょぼくて笑えます。

.
●感想
 つまらなくはないけど、たいしておもしろくもないという印象でした。
 ボリュームが少ないので気楽にプレイできるんですが、アクション難度はけっこう高いです。そしてアクション的におもしろいかというと、あまりおもしろくない。
 主人公の能力が高く回復もたくさん出るので、バイオハザードほどの緊張感はありません。中途半端な出来だという印象です。
「一閃」「弾き一閃」といった必殺攻撃が説明書に書いてありません。ゲーム中にも解説は出てこなかったような。僕はクリア後攻略サイト見て知りました。一閃を決めると経験値二倍&回復が出るそうです。
 これをちゃんと説明していればザコ戦での行動の選択肢が増え少しはおもしろくなったような気がします。
 そして普通にプレイしてたらこれらの技が出ないため、宣伝文句の「空前絶後のバッサリ感」もまったく感じられません。普通の剣闘アクションとなんら変わらない。
 魔空空間は一閃で回復を出しながら進むらしいけど、全然使わずにクリアしてしまった。どうりで難しいと思ったよ……。

.
 ゲームの出来は決して悪くないので、マップを歩き回り少しずつ謎を解いて行動範囲を広げていくタイプのゲームが好きな人にはおすすめです。
 

開発元 カプコン
発売日 2001/01/25

 

プレイ記録
クリアタイム 08:53
蛍石 20
総魂 9999
倒した敵の数 1160
魔空空間 20階
称号 若武者

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress