自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 2 月 3 日

PS2 トゥルークライム STREETS OF LA

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 18:45:04


 箱庭(オープンワールド型)ドライブゲームをベースにした刑事アクションものです。
 GTAをステージクリア型にし格闘要素を組み込んだら奇ゲーができた、という感じの作品です。
 正直微妙です。クソゲースレスレというか……。
 ネットで評判を見てみると、「GTAよりもいい!」と主張してる人もいますが、個人の好みの部分を差し引けばそれはないのではあるまいか。このゲームはあまりにもお粗末過ぎる……。
 しかし、劣化GTAだからこその魅力もあります。ミッションをクリアできずとも話が進むうえにあっという間にエンディングにたどりつけるので、短時間で箱庭ドライブゲームの雰囲気を楽しむにはもってこいです。
 ストーリーもかなり意表をついているというか無茶すぎる展開があったりしておもしろいです。唐突に登場する意外すぎるラスボスも「これいいのか……?」という感じです。(ネットでこのゲームの評判を見ると高確率でネタバレされているので注意しましょう)
 ゲームとしてはあんまりおもしろくないけど短時間で楽しめる奇作としては良い出来です。
 基本的にはぬるすぎる難度のゲームなんですが、突発的に超難度のミッションが現れたりします。
 とはいえ二日もあれば正規エンディングを見られるでしょう。
 四日あれば全ミッションクリアできると思います。

.
●システム
 基本システムは箱庭ドライブゲームではあるものの、実際は全8エピソードのステージクリア型アクションです。1エピソードは7ミッションで構成されています。
 GTAのような「箱庭マップ移動を基本とし、要所要所でミッションを受ける」タイプではなく、「ステージクリア型進行の中で、移動ミッションのときにのみドライブしたりローカル犯罪を解決したりできる」という構造です。
 このゲームはミッションクリアできなくてもストーリーを進めることができます。エピソード3、エピソード5の最終ミッションを失敗してゲームを進めるとシナリオが分岐し、分岐後それぞれ2エピソードでエンディングになります。
 また、他のミッションでも失敗して進むと副ミッションになったりします。
 各ミッションは、移動系・格闘系・潜入系・銃撃系のどれかになります。基本的に移動系ミッションで目的地の建物に向かい、格闘や潜入ミッションをこなしたあと、銃撃戦という流れです。
 移動系ミッションはGTAそのものです。緻密?に再現されたLAを走り回ることができます。
 ただ、主人公は刑事なので街を破壊したり一般人を跳ね飛ばしたりすると「モラルカウント」が下がります。このあたり、爽快感がないという人も多いようです。
 僕はもともと一般人を殺すようなプレイは好きじゃないので気になりませんでした。爽快感を犠牲にしてレースゲームの緊張感を重視したといえなくもないです。まあたしかにトロトロ歩いてる一般人を鬱陶しく感じるときも多いんですが。
 メインマップをドライブしてると無線で犯罪情報が入り、現場に行き事件を解決するとポイントがもらえます。このポイントはお金みたいなもので、これを集めて能力アップ試験を受けることができます。
 銃はリロードが入るものの撃ち放題です。自動照準です。車に乗ってるときはリロードもないので、犯人の車を追いかけながらばんばん撃ちまくることができます。

.
 武器を持たずに戦闘するか格闘ミッションに入ると格闘戦になります。パンチ・ローキック・ジャンプキック・投げ・ガードを使い分けて戦います。が、パンチとローキックを交互に出してるだけで勝てます。たまに負けたりするかもしれませんが三回も挑戦すれば勝てるでしょう。ラスボスにも楽勝です。雰囲気を楽しむだけの格闘シーンです。はっきり言ってしまえばつまらん。何を思ってこんなモードをつけたのかわからない。
 ある程度ダメージを与えるとコンボモードになります。相手がふらついている間に特定の順番でボタンを入力すると強力な技を出せます。でもこれってボタンをコンボしてるだけで「コンボ攻撃」じゃないよね……。マークオブクリィの時も思ったけど、日本と欧米ではコンボ攻撃の意味が違うのだろうか。

.
 武器を構えると銃撃戦モードになります。自動照準ですが、照準が合うまで少し時間がかかります。
 飛び込み攻撃でバレットタイム(マトリックスのようなスロー)状態になります。しかし大して役に立ちません。飛び込んでスローになると同時にその場に落ちるような動きなので、遮蔽物から遮蔽物に飛び移りつつ銃撃する等のかっこいいアクションはできません。
 敵が出現すると強制的にロックオンしてしまいカメラ移動ができなくなります。これはかなり不便でした。
 銃撃モードでは、なるべく敵から離れて左右に動きながら連射するといいです。下手に工夫して戦ったり武器を拾ったりしてると死にやすいです。とにかく距離を取ってひたすら連射です。
 主観攻撃もあります。これも問題山積みなんですが……。
 主観モードでは手足や頭など特定の部位を狙うことができます。敵が人質を取ってるときに活用しましょう。(そしてこれを活用する場面は皆無に近い)
 主観モードに入ってしばらくの間はバレットタイム状態(スロー)です。
 一般のゲームと違いヘッドショットはペナルティとなります。手足を狙いましょう。
 主観モードでスローになるとはいえ照準移動が超高速なので狙うのが困難です。拳銃のアップグレードをすると弱点に吸着するようになりますが、吸着の判定が狭いのでなかなか思い通りに狙えません。アップグレードを続けていくと主観の倍率が上がり、ようやく狙いやすくなります。これで手足を撃っていくのはけっこうおもしろい。
 とはいえ主観で狙撃する場面自体が皆無に近いです。一部のミッションで人質をとった敵と戦う場面もあるんですが、ここはまともに戦うと難しすぎでした。一時間くらいがんばったものの、結局あきらめて人質ごと皆殺しにしてしまいました……。(このときはアップグレード前だったので主観倍率が上がっていませんでした)
 主観解除はリロードボタンです。また、全弾撃ちつくすと強制的に主観が解除されてリロードになります。

.
 潜入モードでは敵の後ろから近づき殴り倒していきます。いちおう見つからないように進むということになってるんですが、見つかってもすぐに殴り倒せば大丈夫です。二人以上の敵に同時に見つからない限りまったく問題ない。すごくつまらない。雰囲気作り以外に、なんのために存在するのかわからない。
 このモードでは殴り攻撃と殺害攻撃がありますが、殺害攻撃だとペナルティを受けてしまうのでこれまた存在意義が見当たらない。

.
 移動系ミッションには4パターンあります。
1:自由に移動できる。
 ミッション中にローカル犯罪を解決できます。自由度が高いのはこの場面だけです。
2:制限時間内に目的地にたどりつく。
 制限時間がけっこうきびしいです。せめてまともなマップ表示機能があれば……。
3:敵を尾行する。
 かなりいらいらします。しかも終盤はこれが多い。
 敵車と一定距離を保つ必要があるんですが、敵車との直線距離(障害物を無視した平面上の最短距離)で計測されるため曲がり角がひとつあるだけで難度が一気に上がります。敵車が曲がる前にギリギリまで接近し充分に減速しておき、曲がったら全速でダッシュしないとあっというまに引き離されてしまいます。
 鋭角コーナーは特にひどく、敵車が曲がってある程度進んでも最短直線距離では自分の車との距離が近いままなので尾行に気付かれてしまいます。理不尽すぎる……。
 製作者はこの仕様をおもしろいと感じているようで、終盤は鋭角コーナーや連続コーナーの無茶なルートが頻繁に出てきます。何考えてんだ……。
 とはいえミッション失敗しても先に進めるので、なんとかゲームとして成り立っているのかもしれない。もちろん僕はイライラしつつも意地になってクリアしましたけど!!
4:逃げる
 敵から一定の距離をとるとクリアになります。はじまったらすぐにUターンして敵車のほうを向き、パッドを持ち替えて猛烈な勢いで銃撃ボタンを連打しダメージを与えると簡単にクリアできます。
 でも普通に逃げたほうがおもしろいです。いまいち尽くしのこのゲームの中では割と好きなミッションです。

.
 ミッションクリアや犯罪の阻止でポイントが溜まり、100溜まるごとに警察バッヂが増えます。
 この警察バッヂを使って能力アップの試験を受けることができます。
・運転試験 急発進や急停車などのスキルが身につきます。
・射撃試験 銃がアップグレードされ強力になっていきます。
・格闘試験 新しいコンボを憶えることができます。
 スキルが増えるとある程度便利にはなるんですが、なくても全ミッションクリアできます。
 試験に失敗したら警察バッヂがひとつ減ります。試験の難度はかなり高く特に運転系のは数回試さないとクリアできません。
 運転と格闘はまったく意味がないといっても過言ではないので、バッヂは射撃試験につぎこみましょう。

.
 ミッションを100%成功させてステージクリアすると特殊試験を受けられます。ここでは新しい車や銃、投げ技を入手することができます。これも無くてもクリアできます。

.
●グラフィック
 箱庭シーンではネタ元のGTAと同じくらいでしょうか。ただ、建物に入ったり複雑な構造の場所がなかったりするのでゲーム的にはGTAほどおもしろくないです。地図をもとに道路と建物の外観だけを3D化しただけという感じです。
 屋内シーン(格闘・銃撃・潜入)の背景はなかなかいい感じです。これらのシーンは完全一本道かただの部屋だったりするので、歩きまわる楽しみがなくて残念です。
 主人公は妙に親しみやすい顔だなぁと思ったんですが、東洋人とアメリカ人のハーフでした。
 中華系という設定で、中華関係の施設や要素も出てくるんですが、わざとなのか天然なのか日本由来のものが多く見られます。(それでも設定上は中華)
 中国拳法の道場に剣道の防具があったり日本式の鎧兜が出てきたり日本刀が出てきたりします。
 主人公の相棒役として女刑事が出てきます。展開の都合か登場早々怪我をして後方支援的な役割になってしまいます。しかしアイシャドウが濃すぎて恐ろしい顔になっているので、あまり出てこなくて正解だと思いました。

.
●ストーリー
 くだらないけどけっこうおもしろいです。
 考えるより暴れるほうが得意な熱血刑事を主人公としたB級刑事ドラマのノリです。
 終盤になると「なんなのこれ?」という展開が待ち受けており、さらにラスボスで唖然とすることでしょう。

.
●感想
 もうなんというか箱庭部分を作ったスタッフがかわいそうです。売りである「LAの街を忠実に再現!」もほとんど意味がありません。
 まずゲーム自体が短いうえに自由に動き回る機会がわりと少ない。
 移動ミッションで目的地についてからは普通のステージクリア型ゲームがはじまってしまい、それがゲームの大部分を占めるため箱庭にほとんど意味がないのです。
 街で起こる事件をわざわざ解決していくより普通にミッションをクリアしていくほうがポイントが溜まりやすいので、ますますマップを走り回る意味がなくなる。
 そもそもポイント稼いでスキルを習得せずとも比較的簡単に100%クリアができてしまいます。難しいのは尾行ミッションと一部の銃撃戦だけでした。
 移動シーンも格闘シーンも銃撃シーンも潜入シーンも盛り上がりのない展開をこれでもかと繰り返すため、楽しめるのはせいぜい最初の3エピソードくらいです。
 運転試験以外ではレース系のミニゲームもありません。移動ミッション自体、数分かけて延々と走り続けるだけだったりします。探索要素としては射撃・運転・格闘の試験場を探すことしかなく、これらの試験も受ける必要がないためほんとに広いだけで意味のないマップになっています。
 せっかくの箱庭がほんと役に立ってない。一部の製作スタッフは泣いたのではあるまいか。
 システム自体はGTA並みの底力を備えているのに、レベルデザイン(ミッション内容のアイデア)があまりにもしょぼすぎるためにダメゲーになってしまってます。
 乗り物が車しかないというのも残念。

.
 警察官の設定もあまりゲームに活かされていません。一般人を殺害するとモラルカウントが下がり一部のミッションがプレイできなくなるそうです。しかし潜入ミッションを繰り返しプレイすればモラルカウントはどんどんあがっていきます。
 そして市民に攻撃したり街を壊したりすると「不信感ゲージ」が上がり市民が非協力的になったりSWATに攻撃されたりするそうですが、不信感ゲージ自体なかなか上がりません。そんな破壊活動をやってたら先にこっちが死んでしまいます。僕がプレイした限りではせいぜい1/8程度しかあがりませんでした。

.
 マップが超巨大で入り組んでるのに全体マップの機能がしょぼすぎです。かなり大雑把な上に地名等の文字が道に被っているため、ハイウェイや主要道の繋がりくらいしかわかりません。拡大して見ることもできない。
 時間制限ありの移動ミッションでは、マップがわからないのが最大の難所という感じでした。LAの地理を知ってる人ならもっと楽しめるのかも。

.
 ストーリーを一通りクリアするとやることがなくなります。街をパトロールして犯罪を取り締まってもモラルカウントと警察バッヂが増える程度なのでやりがいがないです。
 他にやれることといったらせいぜいボーナスミッションとスキルのコンプリートくらいです。しかしだだっ広いマップの中から試験場を探すのがめんどくさすぎるので、僕はスキルのコンプリートは断念しました。
 せっかくの箱庭スタイルなのにいつでも挑戦できるレース系ミニゲームがないのが痛いです。

.
 マップや基本部分のプログラムはしっかりしてると思います。しかしあらゆる面で練りこみが足りない作品でした。
 普段ゲームをほとんどプレイしない人がトップに立ち「GTAとか流行ってるしあんな感じでいこう。あとほら格闘とかもいれてさ。そうそう、銃撃シーンはマトリックスにしようよ。これだけ詰め込めば売れるでしょ。駆け引きとかテクニックとかマニア向けのはナシにして、ボタン連打だけでドガドガッってできたほうが爽快感あるよ絶対!」という感じで製作を指揮していった光景が浮かびます。

.
 さんざんダメ出ししましたが、土日に友人の家に泊まりこんでワイワイ遊ぶには最適かもしれません。
 ボリュームが薄いおかげでストーリーがどんどん進みテンポ良く楽しめます。
 そしてそのストーリーが変すぎて突っこみどころ満載です。これは盛り上がる。かも。
 僕みたいに「敵のアルゴリズムがどうのこうの……」「この処理はたぶんああやってこうやって……」「バランスをとるにはここをこうしたほうが……」とウザい屁理屈を考えながらゲームをプレイする人には不向きだけど、「うぉー! ボタン連打! よっしゃ勝ったー!」と素直な気持ちで遊べる人はけっこう楽しめそうです。
 

開発元 Activision
発売日 2003/11/03(海外)
2004/10/28(日本)

 

プレイ記録
全ミッションクリア
全ボーナスミッションクリア
アップグレード率 72%
運転スキル 3/9
銃撃スキル 7/9
格闘スキル 7/9

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress