自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 2 月 5 日

PS2 デッドトゥライツ

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 18:31:50


 自動照準型のTPSです。武器を持ってないときはパンチやキックによる格闘もできます。
 一言でいうとクソゲーです。
 ナムコのアメリカ法人が作ったそうです。

.
●システム
 R1でロックオン、×ボタンで射撃です。倒した敵をロックし続けるので敵が多いときは素早く切り替える必要があります。
 ペットの犬に敵を襲わせることもできます。犬ゲージが満タンのときに敵をロックして□ボタンを押すと、どこからともなく現れた犬が敵にかじりついて殺し、武器を奪って帰ってきます。そしてどこかへ消える。
 △ボタンで飛び込みジャンプができます。長押しするとスローになります。しかし自動照準なのであまり意味がありません……。また、前方の敵にしか攻撃できません。
 射撃速度は通常と同じなので、ボスに集中攻撃をするときは役立ちます。それしか使い道がない。
 スローにするにはアドレナリンゲージが必要です。これは自動的に回復します。
 敵のそばで○ボタンを押すと捕まえて盾にできます。これは重要な技です。敵がそばにいたらとりあえず捕まえるといいでしょう。
 壁際で○を押すと張り付くことができます。全く役に立ちません、

.
 格闘では、パンチ・キック・投げ・ガードが使えます。ガード中に攻撃を食らうとアドレナリンゲージが減り、ゲージが少なくなるとガードしてもダメージを受けるそうです。しかしガードしても攻撃を食らうことがある上に、敵は超反応で投げてくるので全く意味がありません。
 パンチやキックも当たるか当たらないかは運です。敵の攻撃を空振りさせてから攻めても反撃されます。囲まれないように位置取りをしひたすら連打するのが最も効率がいいと思われます。

.
 ところどころリズムやタイミング系のミニゲームが入ります。
 まったく面白くないです。これを楽しめる人がいたらすごい。

.
●グラフィック
 しょぼいです。後半になるとほぼ単色状態の机が出てきたりしてびっくりします。(じっくり見ると微妙に濃淡のついたテクスチャが張ってあることがわかる)
 デモ中の口パクもありません。
 プリレンダのデモもしょぼすぎて感動できます。
 マップも同じようなシーンばかり続きます。

.
●ストーリー
 シリアスで非情な復讐ものです。意外な展開も用意されています。
 ゲーム的にはつまらないけど映画にしたらそこそこおもしろくなるかも。しかしパッケージ裏には「アクション映画を超える興奮をここに!」と書いてある。アクション映画を超えてないことは断言します。

.
●感想
 プレイし始めて30分くらいで「うわぁこれはきついなぁ……」と思ってしまいました。僕はPS2購入以来「どんなクソゲーでも必ずクリアする」という方針でやってるんですが、本作はあまりの単調さに心が折れかけましたよ……。(実は他にもいくつかクリア断念したゲームがあるけど)
 犬・タイムシフトダイブ(スロー)・格闘など、売りのシステムがダメすぎて泣けます。
 ゲーム中に犬がほとんど出てこないというのは、ガッカリにも程があります。犬のキャラは通常時にはまったく表示されません。主人公は一人で孤独に戦ってます。アイコンだけ表示されていて、STGでいうボム的存在です。しかも制限が多すぎてまったく役に立ちません。
 犬を操作する場面もあるんですが、20秒くらい動かすのが数回あるだけです。なんなんだそれは……。
 タイムシフトダイブの使えなさも見事です。前方にしか攻撃できないので、敵弾をボコボコくらいつつ集中攻撃をかけるという感じです。ボス戦では使えるものの普段は全く役に立ちません。むしろ使うと不利になるような。
 格闘のつまらなさもすごい。少なくとも凡人レベルのプレイヤーにとっては駆け引きとか存在しません。連打するだけ。
 展開もすさまじく単調です。敵配置の工夫がないというか、どの場面でもバラバラとわいて出て乱戦状態になるだけなのでいくら進んでも同じ場面が続きます。しかも背景のバリエーションが少ないうえにストーリー進行に合わせ以前のエリアを使いまわすのでますます単調になってます。
 一本道マップなのにどこに行けばいいのか悩むことが多いです。通れない扉と通れる扉の見分けがつかないのが効いてます。
 また、鍵がかかっていて現状では進めない扉(赤いマークが出てるので一目でわかる)をわざわざ調べないと進行フラグが立たない場面もあったりします。これはけっこう悩みました。
 迷路状の刑務所もかなり鬱陶しかった。
 難易度は高めです。死ぬときはあっという間に死ぬのでダメージを減らす方法を考えないといけない。しかし戦略を練るというよりどうやってゴリ押しするか考えるといった感じです。賢く華麗に切り抜けようと小細工を弄すれば弄するほどダメージを受けてしまう。
 PS2版は随分簡単になったそうで、ロード時にも難度変更できるようです。

.
 洋ゲーで、バレットタイム+自動照準+徒手格闘が揃うとクソゲー率が高いような気がします。エンターザマトリックスとかトルゥークライムとか、皆同じようなプレイ感で同じようにつまらなかったです。ごり押し推奨というか。
 自動照準はいいとしても、これらのゲームのバレットタイムと徒手格闘はよく考えずに詰め込んだだけにしか見えない。
 僕はつまらないゲームでも文句言いつつそれなりに楽しむタイプなんだけど、この作品はキツかったです。

.
 良いとこさがし
・フレームレートが高く動きが滑らか。
・洋ゲーにしてはボスが多い。工夫して倒さないといけない場面もあります。
・キャニスターを投げ、それを撃って爆発させるのはちょっとおもしろかった。
・敵を捕まえて盾にするのはおもしろかった。

.
 ただ、「自動照準を利用して撃ちまくるゲーム」としてみればそこそこの出来かもしれません。連打で敵に撃ちこみ確実に倒したと思ったら素早くロック切り替えして別の敵に撃ちこんでいくことで、派手な銃撃戦をしてる雰囲気が楽しめます。
 普段あまりゲームをやらない人がEASYでプレイすればそれなりに楽しめそうです。
 僕のようにゲームをプレイしながら理屈をこねたり分析したりするタイプの人は手を出さないようにしましょう。
 こんなにつまらないというのに続編が二作出たり次世代機でリメイクされたりしているという……。
 

開発元 Namco Hometech
発売日 2002/08/19(海外XBOX版)
2003/08/07(日本PS2版)
プレイ記録 Nomalクリア/td>

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress