自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 2 月 8 日

PS2 エンター ザ マトリックス

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:08:31


 映画「マトリックスの」裏で起こっていた事件を描いたものです。
 自動照準型のTPSアクションです。素手による格闘もできます。
「フォーカス」ゲージを使用しスローモーションや壁走りなどの特殊動作を行えます。
 未クリアです。

.
●システム
 体力とフォーカスゲージは自動回復です。しかし敵が無限にわいたりするので難度は高いです。
 格闘では、パンチ・キック・ガード(カウンター)、投げ、とさまざまな行動が取れますが、どれも意味がありません……。

.
●グラフィック
 この時代の洋ゲーとしては並レベルでしょうか。
 薄暗くてなにがなんだかわからない場面がけっこうありました。(しかも落下死する)

.
●感想
 いろんな技や能力があるものの、戦法や攻略法をあれこれ考えるよりもごり押しで進むほうが効率がいいです。
 ボス戦は回復してる暇がないのでかなり難しいです。

.
 画面が暗くてマップがよくわかりません。
 どこに進めばいいのかわからず、適当に進むと落下して死亡することもあります。
 それでもどこかに進まないといけないので、死ぬと思いつつも適当に走り回らなければならない。そして死ぬ。なんなんだよこれは……。

.
 このプレイ感は、デッドトゥライツやトゥルークライムSTREETS OF LAとそっくりです。
 意味のない格闘、自動照準、スローモーションなど、海外ダメゲー三種の神器をしっかり取り揃えています。
 本作の場合、どこに進めばいいのかわからずウロウロしてるうちに落下死する理不尽さがあるため、この三作の中ではいちばんつらかったです。半分くらい進んでやめてしまいました。難易度自体もかなり高い(NORMAL)。

.
 感想書くのならEASYで再プレイしクリアだけはしておこうと思ったんですが、その気力もわかなかった。
 amazonレビューでは評判がいいようなので、EASYで遊べばそこそこ楽しめるのかもしれない。
 

開発元 Shiny Entertainment
発売日 2003/05/14(米国)
2003/06/19(日本)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress