自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 2 月 15 日

PS2 メダルオブオナー ヴァンガード

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 18:51:33


 PS2版メダルオブオナー最終作です。
 ボリュームが大幅に減り残念なことになっています。世間の評価も悪いです。
 グラフィックは綺麗でゲーム自体はよくできてるんですが、印象に残る場面が皆無に近いです。
 じっくり腰を据えて楽しみたい方はがっかりするでしょう。

.
●システム
 体力が自動回復になりました。体力自体は少ないので2発くらい撃たれたら物陰に隠れて回復というプレイスタイルになります。

.
 日本語吹き替え音声は嬉しいのですが、敵も味方も同じような調子でしゃべるためどちらのセリフか区別がつきません。味方の発言は戦況の判断に役立つだけに、最初のうちはとまどいます。

.
 数人の仲間を引き連れて進むという形になっています。
 連続でヘッドショットを決めたりすると仲間の賞賛の言葉が変わっていき、ちょっと面白いです。
 仲間は無敵ではありませんが死ぬと次々に追加されます。
 過去作みたいに主人公の「単独潜入大破壊工作」みたいなミッションはないので、雰囲気がリアルっぽくなりました。

.
 武器のアップグレードがあります。しかし使えるのはそのステージ内だけで効果もさほど大きくないためあんまり意味がありません。
 武器の種類も少ないです。敵味方ともに連射銃と狙撃銃があるだけという感じです。その二つを常に持ち歩くという形になります。(一部対戦車砲が出る場面もあります。)

.
 古参兵(NORMAL)以下の難度ではレーダーに敵の位置が表示されます。便利なものの、索敵の楽しみがなくなり残念でした。

.
 主任務と副任務があります。しかし副任務も全部こなさないと進めません。

.
●グラフィック
 綺麗です。PS2版最終作だけあってこれまでの技術を結集したという感じです。
 その反面印象的な場面がまったくありません。
 二回クリアしたのに思い出せるシーンが数ヶ所しかない。しかも景観の美しさが心に残った場面はない。グラフィックはシリーズ一の出来なのに……。

.
●感想
 ボリュームが薄すぎてかなり物足りなかったです。
 プログラムや素材の出来はよく名作になるだけの下地はあるのに、なぜこのような状態で販売してしまったのだろう。
 狙撃メインなら比較的楽に進めるので初心者向きかもしれません。

.
 他人には薦めにくいけど僕はけっこう気に入ってます。ライジングサンよりよかった。
 週末にちょっとFPSやってみよう、というのであればおすすめです。
●まとめ

開発元 エレクトロニック・アーツ
発売日 2007/03/26(米国)
2007/05/24(日本)
プレイ記録 古参兵クリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress