自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 5 月 30 日

PS2 第二次スーパーロボット大戦α

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 18:32:04


 説明するまでもなさそうな大人気SRPG作品です。
 シミュレーションは好きではないのでまったく興味なかったんですが、誰でも知ってるような作品なので一作くらいやっておかねばと思い購入しました。
 ゲーム自体はよくできていておもしろいものの、ロボットアニメに全く興味がないこととプレイ時間がかかりすぎることから、三十二話で投げ出してしまいました。

.
●システム
 ターン戦闘方式です。耐久力(HP)に対するダメージ量が多いことから、いかにこちらの命中率を上げ敵の命中率を下げるかが重要になってきます。
 命中・回避を確実にするためには「精神コマンド」を使います。
 精神コマンドは、行動可能なユニットならいつでも何度でも使うことができます。命中率や回避率を変化させるだけでなく、耐久力を回復させたり獲得経験値を増やしたりもできます。RPGでいう魔法のようなものです。
 移動・戦闘してしまうと精神コマンドは使えなくなることから、各ユニットの行動順を考慮してゲームを進めていく必要があります。
 各ステージは10ターンもあればクリアできます。指定ターン数内にクリアするとボーナスをもらえることが多く、有利に進めたければ少ないターン数で効率的にユニットを動かす必要があります。
 ただ、ボーナスをもらい続けると難易度があがるそうで、実際は適当にプレイしても戦略的にプレイしてもあまり変わらないらしいです。

.
 全60ステージです。
 さらに主人公が四人いてストーリーも違うそうです。ものすごいボリュームだ。

.
●グラフィック
 複数のパーツで構成された2Dキャラがアニメーションします。かなり手間がかかってそうです。
 しかし戦闘アニメは時間がかかりすぎるため、僕はオフにしてプレイしたのだった……。
 2Dでの演出はすばらしく、本来ならシューティングやアクションで発揮されていた技術が全部ここに流れ込んでしまったんだなぁと思いました。

.
●ストーリー
 いろんなアニメのストーリーをツギハギした感じです。
 敵側も様々な勢力が入り乱れており、どの敵とどの主人公が対応してるのかさえわかりません。
 九十年代以降のアニメに至っては、敵キャラのデザインと味方キャラのデザインの差が少ないので、会話を見ても誰が味方で誰と争っているのかさえわかりません。キャラの数も尋常じゃないほど多く、これが寝返ったとかで所属陣営を変えたりするもんだから、キャラ把握の困難さがものすごいことになっています。
 さらに「ブレンパワード」などは奇怪な専門用語が乱れ飛ぶから原作を知らないと何がなんだかサッパリわかりません。
 同じものに対して敵側と味方側が別の名称を与えてたりするのでますます混乱してしまう。アンチボディがオーガニックマシンで、グランチャーかつブレンパワードらしいですよ。さっぱりわからん。
 購入前にネットの評判を見たら、「ストーリーは独立してる」みたいなことがかかれていました。しかし実際は完全な続編なので前作をプレイしていないと話がわからない部分が多いです。

.
●感想
 予想以上にボードゲーム・カードゲーム的な進行で驚きました。今の時代に(といっても本作自体は八年前の作品だけど)こういう作品が大人気というのは意外です。むしろ日本では抽象化が進んだシステムのほうが受けるのかな。
 人気作だけあってたしかに面白いんですが、あまりにも進行が遅くて投げ出してしまいました。
 ストーリー的な牽引力がないのが大きいです。ロボットアニメが好きな人ならキャラやロボットの魅力で続けられるのかもしれません。しかしロボットアニメに興味ないとストーリー場面がひたすら苦痛です。
 原作から逸脱しすぎないために突飛な展開にできないし、原作のシーンをいかに組み込むかに重点が置かれてる気もします。だから原作を知らない人や興味ない人は話に引き込まれない。
 他作品のキャラ同士の掛け合いが魅力ともいえます。しかしこれも原作を知らないと楽しめないし、知ってるキャラでもなんか白々しいというか、製作者の妄想を見せ付けられるているようなモヤモヤ感があります。
 このモヤモヤはなんだろうな……と考えてみたところ、つまりこれは同人の二次創作と同じなのだと気がつきました。公式の二次創作です。
 僕は、原作・オリジナル至上主義的なところがあるので、この壮大な二次創作世界には入り込むことができませんでした。
 これが「原作後の話」というならまだ納得できるものの、原作と並行しているパラレルワールド的な世界というのが、ますます馴染めないところです。

.
 攻撃の成否の影響がかなり大きいので、行動ごとにセーブしてうまくいかなかったらやり直す、というプレイスタイルになってしまいます。ここまで見込んでバランスを取ってあるように感じられます。しかしこれはなんだか邪道なプレイ方法のような気がしてしまう。しかし完璧を求める僕はセーブ・リトライでプレイしてしまう……。

.
 イベント後小隊編成が崩れてしまうのは困りました。売り(らしい)小隊システムが使いづらいものになっています。

.
 ゲーム自体はよくできていておもしろいものの、ロボットアニメに興味がない人にはきつい作品だと思います。
 システムはこのままで、ユニットを怪獣・怪人や異星生物にしたオリジナルストーリーの作品を出してくれたらなぁ。
 このゲームも無理に原作の設定を使わず、ロボットだけ使って話は完全にオリジナルにしてくれればもっと楽しめたかも。しかしいろんな作品を使ってお祭り騒ぎするというのがこのゲームの趣旨なのだろう。
 

開発元 バンプレスト
発売日 2003/03/27
プレイ記録
シナリオ 32話
総ターン数 300
熟練度 27

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress