自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 8 月 31 日

PS2 バロックInternational

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 20:53:44


 主観/三人称視点のリアルタイム3D型ローグライクゲームです。
 退廃的で謎めいた世界が魅力的です。
 死亡してやり直すたびに世界が変化していくという、ローグライクゲームのシステムをうまく使った物語展開になっています。

.
 ……しかし……。
 どうにも僕には合わず、三時間くらいで投げ出してしまいました。
 攻略サイトを見ながらプレイする気にもなれない。

.
●感想
 とにかく探索がきびしいです。一時間気を張り詰めてダンジョン探索しても数個のアイテムしか持ち帰れない。
 緩い気持ちでプレイしてるとひとつも持ち帰れません。それどころか持ち込んだアイテムさえも無くなってしまう。
 稀に出てくる感覚球という物体にアイテムを投げ込んで外界に転送する仕組みになっており、一つの感覚球で一つのアイテムしか転送できません。持ち込んだアイテムも転送しないと無くなってしまうため、新規に獲得できるアイテムは1~2個ということもあります。
 じっくりやりこむ人にはおもしろいんだと思いますが、僕にはクリムゾンティアーズのほうが何倍も楽しめました……。
 実は僕は一般的なローグライクゲームというのをしっかりプレイしたことがありません。X68kを使ってたころにテキストベースのものをやったのですが、どこがおもしろいのかサッパリわからずすぐにやめてしまいました。
 他にはSFCのシレンを友人の家で少しやったものの、これもARPGと思ったのにターン制のゲームだったことから、かったるくてやめてしまいました。
 ローグライクゲームは根本的に合わないのかもしれない。
 このゲームの場合、感覚球で全ての所有アイテムを転送できればもっと楽しめたような気もします。全てといわずとも、せめて五個くらいは転送したかった。
 ひとつの感覚球でひとつ転送というのは、かけた時間に対するリターンがあまりにも少なく不毛な作業をしてる気持ちになります。
 それとも僕の気付かなかったコツがあるのだろうか。

.
 ストーリーは非常に興味深いものの、「テンプレに沿った狂気表現」がしつこくてちょっとついていけませんでした。「病んでるでしょ?ダークでしょ?退廃で終末で歪んでるよ!死と再生で浄化だよ!」というのを押し付け過ぎで、かえって浅く安っぽい雰囲気になってしまってます。平たく言えば中二病濃度が濃すぎる……。
 あとイラストも耽美・病んでる系の美少年美少女なので「あー、そういう層が対象なんだね……」という気持ちになってしまう。しかしこのイラストはPS2版でついたそうだ。オリジナルのSS版はキャラの絵はなくシブい雰囲気らしい。
 それでもやっぱり話が気になるのでイージーモードでやってみようかなぁ。

開発元 スティング
発売日 2007/06/28

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress