自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 10 月 6 日

PS2 ゴーストリコン

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 18:30:41


 2チーム計6人を操るFPSです。
 かなりリアル寄りのバランスになっており、正面から撃ち合うとあっという間にやられてしまうため、じっくり索敵しチマチマと狙撃していくタイプのゲームです。

.
●システム
 4つの兵種から三人を選んでチームを編成し、それを2チーム作ります。
 ゲーム中はその中の一人を操作することになります。
 操作キャラは自由に変更することができ、主人公が操っているキャラに同チームの味方はついてきます。
 マップ画面で指示すれば、各部隊を自動で目的地に移動させられます。
 暗いステージでは暗視ゴーグルを使うことができ、敵は光って見えるので索敵しやすいです。
 ゲーム中に弾薬の補給はできません。プレイヤー以外のキャラが使った弾も減ります。
 しかし、派手に撃ち合うゲームではないため、グレネードやRPG以外弾切れになることはほとんどないでしょう。
 ミッションに参加したキャラにはポイントが与えられ、それを使ってパラメータを上げることができます。
 大半の敵はゲーム開始時に配置されます。
 マップ構成も作為的な迷路になっていないため、自由に作戦を立てて攻略していくことができます。
 ある程度ゲームが進行すると追加配置される敵もいます。
 難易度は高めだけどクリアするだけなら簡単です。
 何度でもクイックセーブができるので、敵を倒すごとにセーブしていけばFPSが苦手な人でも比較的楽にクリアできるでしょう。

.
●グラフィック
 まあ、ほどほどです。

.
●ストーリー
 無いも同然のストーリーがついてます。
 有名小説家が監修してこれでいいのだろうか。
 トム・クランシーという人はただの設定マニアなのではないだろうか。

.
●感想
 じっくり索敵してチマチマ狙撃するのが好きな人は楽しめると思います。
 しかしどのミッションでも索敵して狙撃するだけなので、飽きやすい人は中盤くらいでやめてしまうかも。
 本編15ミッション、クリア後に追加8ミッションなんですが、ものの見事に全部同じような内容です。
(一部時間制限要素のあるミッションや護衛ミッションもあります)
 クリアするだけならクイックセーブを使えば簡単なので、自分なりに縛りプレイをしていかないと飽きてしまうかもしれません。
 実は僕も追加ミッションを2~3終えたあたりでやめてしまいました。数日後やっぱり最後までやっておこうと思い再開したんですが。
 2チームある意味があまり無いように感じました。突撃兵と狙撃兵の二人だけでクリアできてしまいます。
 2チームの恩恵を受けるのは時間制限要素のあるステージくらいでした。
 全体的に、特殊部隊シミュレータという印象でしょうか。屋内戦などは特に特殊部隊を操っている雰囲気が出てます。特殊部隊の隊長になりきり2チームを無駄に活用し、映画気分で遊ぶといいでしょう。
 というかゲームとしては単調すぎて、こうやってモチベーションを上げないと最後まで持たないような。
 各ミッションをクリアすると、同じマップで「ミッション(本編と同じもの)」「銃撃戦(敵全滅)」「偵察(死者が出ないようにして脱出ポイントに向かう)」の3種のモードを遊べるようになります。
 難易度三段階、モード三種類、ステージ数23の計207ゲームを遊べるわけです。すごいボリュームだ!
 しかし保存できるデータはクリアタイムだけだし、どのモードもステージも同じようなのばかりなので全部やる気にはなれません……。

.
 全体的にメニュー関係の出来が悪いです。
 特にキャラ選択や装備選択がひどい。キャラ選択ではいちいちモデルを読み込むので表示に時間がかかります。装備選択もわざと使いにくくしているかのような操作性です。

.
 いろいろ文句を書きましたが、僕は充分楽しめました。
 索敵と狙撃に重点を置いたところがいいです。僕はこういうチマチマしたゲームが大好きなので、じわじわと敵を壊滅させていく感じに満足感をおぼえました。
 いやまぁ一度は途中で投げ出しかけたんですが……。
 特殊部隊系のミリタリーものが好きな人にもおすすめです。

開発元 レッド・ストーム
発売日 2002/03/22
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress