自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 12 月 2 日

PS2 ファイナルファンタジー12

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 23:55:36

 超有名RPGの12作目です。
 僕にとっては7(とFFT)以来のファイナルファンタジーになります。
 3D化したFFシリーズはムービーが多いという印象があり、実際のところどれくらいムービーがあるんだろうかとワクワクしながらプレイしました。
 そしたら本作にはムービーがあまりなくて驚きました。むしろムービーが少なすぎてストーリーを語りきれていないという印象です。
 ゲーム的な出来はとても良いです。飽きが来ないようにさまざまな手で楽しませてくれる。
 超大作の名にふさわしい傑作RPGでした。

●システム
 マップ内を動き回っている敵と接触すると、その地形のまま戦闘モードに移行する方式です。
 戦闘は半リアルタイムで、仲間も主人公も勝手に戦ってくれます。
 味方キャラのAIを自分で設定できる「ガンビット」というのが今回の売りで、「対象」「行動」の二要素を組み合わせひとつの命令を作り、それをリストに登録していきます。先に登録した命令ほど優先順位が高くなっています。

 アイテムや魔法は「ライセンス」を取得しないと使えないようになっています
 武器を持っていてもライセンスがなければ装備できません。
 各キャラごとにライセンスボードがあり、カードを伏せて敷き詰めたような形になっています。
 取得済みライセンスの上下左右のカードは表になっており、ライセンスポイントを消費して取得していくことができます。
 序盤~中盤は各キャラの役割を考えて取得していきますが、最終的には基本的なライセンスは全キャラ取得できます。

 魔力は歩き回っていれば回復するので、さほど出し惜しみせずに魔法を使えます。

●グラフィック
 さすがに大作だけあってすばらしいです。キャラ・背景ともに緻密にモデリングされ、PS2最高峰のグラフィックになっています。
 敵のデザインもかっこいい。
 ただ、ムービーシーンで血や砂埃が出ないため違和感のある場面もありました。血は仕方ないにしても砂埃等のエフェクトは力を入れてほしかった。

●ストーリー
 飛空挺で冒険する「空賊」に憧れる少年ヴァンが、ガールフレンドのパンネロとともに大冒険するという話です。
 戦争による支配や権力争いなどが物語の軸となっており、重厚な戦記もののような雰囲気です。
 ファイナルファンタジータクティクスと同一世界の話だそうです。

●感想
 これはおもしろかったです。
 システムもストーリーもよかった。

 ストーリーは楽しめたんですが、主人公であるヴァンがあまりにも存在感がありませんでした。
 陰謀で兄が殺されたという設定があり、それをどう乗り越えるかがこのキャラのテーマという感じでした。しかしなんか知らないうちに解決してました。
 そしてヒロインのパンネロが輪をかけて存在感がありませんでした。きみなにやってるの?なんでここにいるの?という感じ。
 主人公のパーティは王家の復活のために戦ってるんですが、それに加わる動機がまるでない。主人公のガールフレンドという理由だけでついてきてます。見せ場となるイベントもない。
 主人公の存在感が薄いのは「プレイヤー=主人公」という感じでわりと好きなんですが、ヒロインはもうちょっとなんとかしてほしかったです。
 いや存在感が薄いのもいいだろう。だがスパッツはいかん。これでいやらしいハイレグ衣装や常時パンチラ的な痴女衣装だったら僕の好感度も急上昇だったのに。だいたい、名前がパンモロみたいな感じなんだからパンツを見せるのが筋ではないか。
 あまりにガッカリだったので戦闘にはほとんど使いませんでしたよ……。

 最初の街があまりにも大きすぎます。構造がわかりにくく、会話できるキャラも山ほどいます。
 序盤はひたすら街を歩きまわって会話するという感じで、いったい何やってんだろ……という気分でした。
 そしてようやく敵が出るダンジョンに入ったと思ったら、いきなり引き返せない構造でした。
 序盤の構成が非常に悪いです。最初の三時間くらいはかなり嫌々プレイしてました。
 ヴァンとパンネロを田舎村出身という設定にして、最初はそこからスタートして街を目指すという感じのほうがよかったと思いました。
 序盤のムービーで一度にキャラを出しすぎて誰が誰だかわかりませんでした。
 声優で判断するしかない感じです。そして僕のように声優に興味のない人にはキャラの判別ができない。
 そして中盤以降でも、重要そうなキャラがみんな似たような鎧を着ているのでますます誰が誰だかわからない。
 しかもその重要そうなキャラが出てくるなり死んだりして、「実は重要じゃなかったのか!?」と驚くこともしばしば。かっこいいはずの場面なのにどんなキャラかわからないので盛り上がりません。
 設定とか話は凝ってるけど、見せ方がよくない気がします。
 鎧の人たちはもっと各キャラの見せ場を作ってほしかったです。

 基本的な世界観は中世ファンタジー的で重厚なんですが、なぜかSF戦闘機がいっぱい出てきます。ビュンビュンとびまわってビームとか撃ちます。それはもう世界観を思い切りぶち壊しています。もうちょっとなんとかならなかったのか。せめて飛行船的なデザインにするとか……。

 非人類種族もいっぱいいる世界なんですが、人類以外で仲間になるのはうさ耳エルフだけです。これは残念でした。
 ガリフの人がかっこいいのに。

 メインのストーリー以外にもサブクエストがたくさんあります。
 これがなかなか絶妙な難度設定になっていて、サブクエストばかり夢中になってしまいなかなか話が進みませんでした。
 ひたすら戦闘に明け暮れてキャラを強化して満足するタイプの人は楽しめると思います。
 今時の国産RPGで、ストーリーを進めるよりも戦闘をするのが楽しいというのはけっこうすごいことなのではと思いました。今時のRPGをほとんどやってないんだけど……。というか、このゲーム自体もう古い作品なのか……。
 宝箱の中身がランダムになってます。
 しかも普通に店に売ってるようなものしか落ちていません。このせいで探索の楽しさがいまいちです。
 そのかわり、モンスター図鑑の穴埋めが探索要素になってるようです。

 ガンビットシステムはおもしろいものの、設定できる要素や項目が少ないため、プログラムが趣味の人や設定をチマチマいじるのが好きな人には物足りないと思います。
 一般向けに簡易設定、マニア向けに詳細設定、みたいにできたらいいと思いました。
 しかも「こういうガンビットがほしい」と思うものほど終盤にならないと手に入りません。
 また、敵ごとにガンビットを組み替えたくなる場面もありました。複数の設定を切り替えられるようにしてほしかった。
 システム自体はおもしろいので、この方向性をもっと突き詰めたRPGがやってみたいです。

 けっこう文句を書きましたが、ゲームとしては本当におもしろいです。
 FFシリーズというと国産RPGの最先端というイメージがあり、最近のゲームにはついていけないとか一本道のムービーゲーは物足りないと思う方もいるかもしれません。
 しかし本作は、80年代90年代のRPGにはまった人ほど楽しめるのではないかと思います。
 僕は100時間以上プレイしましたが、クリア目的なら50~60時間でいけるのではないでしょうか。まぁ60時間といったらかなりのもんだけど……。

 これは大傑作です。
 おすすめ。

開発元 スクウェアエニックス
発売日 2006/03/16
 
プレイ記録
プレイ時間 119:43:14
歩数 841175
クランランク ナイツオブザラウンド
クランポイント 3770646
倒したモブ 42匹
ヴァン LV 90
バルフレア LV 84
フラン LV 65
バッシュ LV 87
アーシェ LV 13
パンネロ LV 13

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress