自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 12 月 4 日

PS2 戦国BASARA

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 20:07:27


 戦国無双に酷似した乱闘アクションです。
 一応戦国武将ものなんですが、登場するのは奇天烈すぎるキャラばかりです。
 正直言って、全然おもしろくなかったです……。

.
●システム
 敵に特攻して連打する。

.
●ストーリー
 キャラ紹介程度のデモやセリフがところどころ出てくるだけです。

.
●感想
 戦国無双から戦略的な要素を無くして連打だけで進めるようにした感じです。
 主人公の視界外の敵は動かないようで、味方を助けるために急ぐといったこともありません。
 ストレートに感想を言うと、「腹立たしいほどにつまらない!」です。
 無双ゲームをカプコンがアレンジするんだから、アクション要素を重視しテクニカルなコンボを狙ったりするゲームになるのかな、とか思ってました……。
 感想を書くなら全キャラ一通りクリアしてからにしたかったものの、あまりにも作業的過ぎて二人クリアしただけでギブアップです。
 高難度モードでやればいろいろテクニックや戦略が必要となりおもしろくなるのかもしれません。が、その気力さえわきませんでした。やはり標準難度をしっかり作ってくれないと困るよ……。
 正直言うと奇天烈なキャラも空回りしてるような。こういうのはゲームやストーリーがしっかりしてるからこそ栄えるものなのでは……と思ってしまいました。
 ただ、このゲーム的なつまらなさは普段ゲームをやらない人には親しみやすいのかも、とも思いました。
「ボタンを押せばわかりやすい結果が返ってくる」「ゲーム未経験でもそれなりに進める」に特化した作品だと思えば、これはこれでアリなのかもしれません。
 屁理屈ばかりこねるゲームオタクが忘れてしまった「キャラを動かすだけで幸せ」という部分がキモなわけです。そう考えれば、キャラが多くてボリュームもあり、気張らなくても楽しめる作品と言えるでしょう。
 しかし屁理屈ばかりこねるゲームオタクである僕は「二度とこのシリーズには手を出すまい」と思ったのでした。

開発元 カプコン
発売日 2005/07/21
 
プレイ記録 難易度「普通」で二人クリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress