自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 12 月 6 日

PS2 エースコンバット04 シャッタードスカイ

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 21:20:13


 フライトシミュレータ型の3Dシューティングです。
 機体の挙動はさほどリアルではなくいかにもゲームといった感じなので、このジャンルに慣れていない人でも気軽に遊べます。
 フライトシミュレータものは全然興味ないんですが、人気作ならば抑えておかねばなるまいと思ってプレイしてみました。

.
●システム
 左スティック上下で進行方向の上下(ピッチ)
 左スティックの左右で機体の回転(ロール)
 L2R2でで左右旋回(ヨー)
 R1で加速、L1で減速
 ×で機銃、○でミサイル
 といった感じで、空戦ものの基本操作がシンプルにまとまっています。
 ミッション前に機体と装備を選択し、ミッション後には結果に応じて賞金が与えられ、新しい機体や装備を購入できます。

.
●ストーリー
 ミッションの合間に、主人公とは直接関係ない人々の戦時下の生活が描かれます。
 地味な感じなんですが、これがなかなか興味を引く展開になっています。
 あえてライバル側の事情を描くというのがいい。

.
●感想
 つまらなくはないけど、興奮して熱中するほどでもないという感じでした。
 戦闘機に興味があるかないかで評価が大きく変わりそうです。
 これがもしドラゴンを操り敵クリーチャーどもを丸焼きにしていくような作品なら、僕も鼻息荒くしてプレイしていたかもしれません。
 基本的に、敵を追いかけてロックオンして倒す、地上の標的をロックオンして破壊する、敵に狙われたら旋回しまくって回避する、といったことの繰り返しなので、雰囲気に浸らないと楽しめないのです。
 良くも悪くも難度が抑えてあるせいかもしれません。
 クリア目的のプレイではテクニックらしいテクニックは必要なく、適当に旋回してロックオンしているだけで最後まで行けてしまいます。
 製作側もそのあたりのことを考慮しているのか、各ミッションは単調にならないよう工夫してあります。
 それでもやっぱり旋回とロックオンが基本なので、戦闘機に興味ない人には面白さが理解しにくそうです。
 たぶん一通りプレイしただけでは習得できないさまざまなテクニックやコツがあると思うんですが、それらをマスターするまでやる気にはなれないのでした。
 操作が簡単で動かしやすいのでこのジャンルの入門用にはよさそうです。
 

開発元 ナムコ
発売日 2001/09/13
 
プレイ記録
Normalクリア
TotalFlightTime 3:28:18
Air Target 174
Ground Target 399

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress