自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 12 月 11 日

PS2 SSX3

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 17:12:41


 スノーボードのゲームです。
 スポーツゲームは好きじゃない……というか、むしろ嫌いと言っていいくらいなんですが、今時のスポーツゲームも少しは体験しておこうということで購入しました。
 レースだけでなくさまざまな競技が用意されています。好成績を残しポイントをためると、新しい山に挑戦できるようになります。
 競技の結果によって賞金をももらうことができ、それでアクセサリーを買ったり能力をアップさせたりできます。
 フリーライドでは技を出すたびに賞金をもらえるので、かっこいいプレイのし甲斐があります。

.
●システム
 左スティックで左右移動と加速減速、×ボタンを押すとしゃがみ離すとジャンプです。
 ジャンプ中に方向キーを押すと、回転動作をします。成功するとトリックになり、アドレナリンゲージが上がります。
 ジャンプ中にL1 L2 R1 R2 を押すとボードを掴みます。成功するとトリックになり、アドレナリンゲージが上がります。
 アドレナリンゲージが上がっている状態で□を押すとブースト加速できます。
 滑りながら技を決めてアドレナリンゲージを上げ、加速した状態で大ジャンプしさらに高度な技を出し競技を進めていきます。
 競技には、レースのほかにトリックを決めて得点を稼ぐものもあります。
 通常コースでさまざまな技を出していくスロープスタイル、ジャンプ台を使って大ジャンプしトリックを決めていくビッグエアー、U字型のチューブを振り子のようにジャンプして進みトリックを決めていくスーパーパイプなどです。
 競技結果によりメダルが授与され、枚数によって新しいイベントが解放されていきます。
 ちょっと変わっているのは、競技をメニューから選ぶのではなく、実際に会場まで滑っていくところです。ある意味オープンワールド型ゲームのようなリアリティがあるのですが、正直言うと面倒臭いです。
 山にはリフトが設置してあるので、会場のそばまでは一気にいけるようになっています。
 キャラ育成要素もあります。
 競技結果により賞金をもらうことができ、ロッジでパラメータをアップできます。アクセサリを購入すれば外見を変えることもできます。

.
●グラフィック
 静止状態で見るとそれなりですが、ゲーム中はすごい迫力です。
 壮大な雪山が美しく、大ジャンプしたときの爽快感はかなりのもの。

.
●感想
 これはおもしろかったです。
 興味ないジャンルとはいえ、人気のあるもの・売れてるものというのはそれだけの力があるということを見せつけてくれました。
 移動はスティック、回転トリックは方向キー、ボードを掴むのはLRという操作系がなかなか洗練されてると思いました。
 難易度はかなり高いです。新しいイベントをアンロックするだけならなんとかなりますが、ゴールドメダルを狙うのはかなりきついです。初期の競技でも相当難しい。
 コースにはさまざまなショートカットがあるものの、ボードの挙動に癖がある上にメインのルート方向に補正がかかるようで、狙った方向に進むのが難しかったりします。
 中盤以降のレースでは、あらかじめ完全にコースをおぼえて予定通りのコース取りをしていかないと勝てない感じです。
 山の頂上から麓まで一気に滑り降りる「ピークチャレンジ」というイベントがあります。さまざまな景色を満喫できて楽しいのですが、二つ目の山だと滑り降りるのに30分かかります。しかもこの間に既定点数を獲得する必要があります。
 二回やって二回失敗だったのでやる気が一気に失せました……。
 さらにパラメータを最大にしても歯が立たないイベントが増えてきたので、プレイ終了しました。
 百時間二百時間とやりこめばなんとかなるとは思いますが、もともと興味ないジャンルでもあるのでそこまでやる気にはなれませんでした。

.
 収集アイテムやミニイベントが山ほどあります。全要素を楽しむとなると、ものすごいボリュームです。
 普段あまりゲームをしないけど気にいったものはとことんやりこむ、という人に向いてそうです。それこそ半年でも一年でもこれ一本で楽しめそう。

.
 万人におすすめできる良作ではあるものの、中盤以降の難易度がとんでもなく高いため最後まで遊べる人は少ないだろうな、という作品でした。いやまぁ僕が絶望的にへたくそなのかもしれませんが……。

開発元 EAカナダ
発売日 2003/10/20(米)
2003/12/18(日)

 

  ピーク1 ピーク2 ピーク3
レース 4/4 2/4 1/3
フリースタイル 5/5 5/5 4/5
フリーライド 2/2 1/2 0/2
マネー獲得 1/1 1/1 0/1

 

使用キャラ サイモン
オールマウンテン 38%
ゴールドメダル 3/14
ライバルチャレンジ 7/12
ビッグチャレンジ 13/88
スノーアイコン 198/425
キャリアハイライト 12/24

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress