自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 12 月 18 日

PS2 エボルーションスノーボーディング

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 22:35:56


 格闘スノーボードゲームです。
 前回プレイしたSSX3と比べると、姿勢制御等が格段に難しいです。その上敵と戦わないといけないので難易度がものすごいことに……。
 一応ストーリーらしきものがあります。難易度は高いもののエンディングを見るだけならがんばればなんとかなります。
 しかし全てのコースをクリアするとなると相当苦労すると思います。
 とてもついていけないので、僕はエンディング見ただけで終了しました。

.
●システム
 8エリア10ミッションで構成されています。4ミッションクリアすれば次のエリアに進めます。
 各ミッションには目的が設定されており、
・時間内にゴール
・時間内かつゴールまでに規定数のアイテムを集める
・時間内かつゴールまでに規定数の敵を倒す
 などでクリアできます。
 操作は非常に難しいです。真っ直ぐ滑ることさえ困難。
 回転ジャンプ後の着地がかなりむずかしい。
 ジャンプ中やレールスライド中もしっかりバランスをとる必要があります。

.
 クリア後の賞金で装備を集めたりパラメータを挙げたりできます。
 ボードに乗る際のスタンスなども細かく調整できるようです。

.
●グラフィック
 あんまりいいとは言えないけど、まぁ国産ゲームならこんなもんかな……。
 メニューとかはかっこいい。

.
●ストーリー
 悪の組織をスノボヒーローがやっつけるみたいな感じです。
 ばかばかしい設定ではあるんですが、設定だけで終わってるのがもったいないです。
 雰囲気作りは上手いんだから、もっととんでもない展開を入れてほしかった。

.
●感想
 スノボゲームとしては姿勢制御を軸にしているようなのですが、クリアのために実際やることはアイテム集めたり敵を殴ったりするだけになっています。
 しかも敵との対決が全然おもしろくない。スノボの挙動が不安定で思い通りに動かすのが難しいため、適当に攻撃を振り回して運がよければ倒せるという感じになっています。
 熟練すればスノボ技を披露しつつ華麗に倒していけるのかもしれません。しかし一通りクリアする程度ではコツをおぼえることさえできませんでした。というより、最適ルートを慎重に辿るレースゲームのようなプレイになってしまいました。
 エリアの最後にはボス戦もあります。しかしこれも適当に殴るだけというか、どのボス戦も大して変わりません。

.
 実名スノーボーダーや実在グッズが出てきたり、姿勢制御に重点が置かれていたり、キャラのパラメータや体勢などを細かく設定できたりといった点は本格派のスノボゲームっぽいのに、メインの内容が大味な殴り合い+シビアなレースゲームになってるのは本当に惜しいところだと思いました。
 純粋なスノボゲームにしておいたほうがよかったのでは……。

.
 僕はちょっとついていけなかったんですが、スノボゲームが好きな人にはやりごたえがあるのかも。
 悪いゲームではないような気がします。ステージ数も多くキャラ育成やアイテム収集要素もあるのでこの手のゲームが得意なら長く遊べそう。
 まぁSSX3とこのゲーム、どちらを薦めるかといえば、断然SSX3なんだけど。
 SSX3といい、スノボゲームはなぜここまで難しいのだろう……。

開発元 コナミ
発売日 2003/01/16
 
プレイ記録
プレイ時間 7:12:23
ミッション達成率 17%
ライダー 9/11
ギア獲得数 16/310

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress