自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 2 月 25 日

DC ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 21:27:55


 3Dアクションゲームです。
 原作者の三浦建太郎が全面的に製作協力したそうです。
 PS2版よりも出来がいいという評判で、かなり期待してプレイしました。
 ……しかし。
 ストーリーとテーマソング以外はPS2版のほうが圧倒的に出来がいいと思います……。
 やはりセガファンの言うことを鵜呑みにしてはいけないな……。
 まぁPS2版は単調さがすごいので嫌われる理由もわかるんだけど。

.
●システム
 キャラの成長要素はなく、純粋なアクションゲームになっています。
 Xで横斬り、Yで縦斬りとなり、組み合わせることによって特殊なコンボも出せます。
 Rボタンを押しながらABXYボタンを押すことで、炸裂弾や大砲を使うことができます。
 攻撃を当てたり攻撃を受けたりするとバーサクゲージが上がり、ゲージが満タンになると一定時間能力が大幅に強化されます。
 ムービー中に時々ボタン早押しイベントがあり、結果によって展開が若干変わります。

.
●グラフィック
 モデリングは、まぁいいんですが……。
 動きがひどいです。手動でモーションをつけているのでものすごく不自然な動きになっています。
 この時代はモーションキャプチャーは一般的ではなかったんだろうか。
 たしかバーチャファイター2はモーションキャプチャーが売りだったけど、大手じゃないと使えなかったのかな。
 敵キャラのデザインも全体的にいまいちでした。

.
●ストーリー
 断罪編のキャスカ救出後の話となっています。
 ストーリーは原作者の三浦建太郎が担当したそうです。なかなかよくできています。
 ゲーム発売後十年以上経ったことだし、漫画として描きなおせばいいのに。

.
●感想
 1999年の作品だから仕方ないのかもしれませんが、とにかくモーションの不自然さが気になりました。今見ると相当しょぼいです。
 モデリングはよくできておりキャラの等身も高いだけに、動きのひどさが余計気になります。

.
 狭いところでドラゴン殺しを振ると、障害物に当たって止まってしまいます。これ自体はリアルでいいものの、ゲーム全般にわたって狭い場面が連続するのでだんだんイライラしてきます。すごくチマチマしたゲームになってる。
 そしてガキンガキン剣をぶつけてるうちにザコ兵士にボコボコにされて悲しいです。
 難易度はさほど高くなくNORMALなら簡単にクリアできます。木の根の障害物競走が難しいだけで、詰まるところはありませんでした。
 はっきり言えばおもしろくない……。HARDならいろいろ攻略を考えないといけないのかもしれないけど、操作しておもしろいタイプのゲームじゃないのでHARDに挑戦する気が起きませんでした。

.
 全然ボリュームがありません。三時間くらいで終わってしまったような……。しかも大半はムービーです。
 実際に操作してるのは二時間もないんじゃないでしょうか。体感的には一時間くらいです。
 このボリュームの薄さも、1999年だったらありなのかなぁ。考えてみると、PSやサターンの時代ではアーケードゲームと同程度のボリュームで充分満足できてました。
 最近のゲームに慣れてしまうとかなり物足りないです。

.
 もしかしたら3Dコンボアクション型ゲームとしては草分け的な存在かもしれません。
 僕はPS・サターン時代からゲームから遠ざかりはじめたので、このあたりの経緯はちょっとわからないです。
 当時としてはすごかったのかも。リアルタイムで接したかどうかによって評価が大きく分かれそうな作品です。
 僕にとってパンツァードラグーン1&2は長く語り続けるべき名作だけど、最近の若者が見ればボリュームの薄い平凡なフライトシューティングに見えるのかもしれません。
 それと同じような感じで、このゲームも出た当時はすごかったのかも。

.
 ネットでの評判を見るとPS2版よりもDC版のほうが評判がいいようですが、僕はPS2版のほうが楽しめました。PS2版はストーリーこそいまいちなものの、モーションがしっかりしておりボス戦の迫力もかなりのものでした。作業感もすごかったけど……。

.
 実はこのゲームのために中古のドリームキャストを購入しました。しかし、この出来はガッカリでした……。
 正直言って原作の熱烈なファン以外にはおすすめできません。
 

開発元 ユークス
発売日 1999/12/16
 
プレイ記録 NORMALクリア

2件のコメント »

  1. DC版のが出来がいいっしょ
    ホントにやったのか疑問
    もしくはセンス無いのでは

    コメント by 匿名 — 2014 年 4 月 13 日 @ 21:27:26

  2. PS2版はホントにガッカリだった。
    ストーリーが短いという点は同意できなくもないが、ムービーゲーと簡単に言い切るのなら、最近の大容量だけを売りにして、開発費の高騰を招いたPS3の方が酷いでしょ?

    感じ方は人それぞれですが、今のゲームだけを基準にして尺度を決めるのは、どうかと思いますよ?

    コメント by 匿名 — 2014 年 5 月 6 日 @ 23:06:09

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress